Uncategorized

Hayのテーブル

Sponsored Link

HayTableデンマークブランドHayのテーブルは、オフィス「こころの森」近くの、おしゃれな家具ショップPosh Livingで。

DLM Bordという名前の由来は、”Don’t leave me.”、「わたしを置いて行かないで」。軽くて、ご覧の通り、取っ手がついているので、テーブルにコーヒーカップをのせたままでもラクに移動させることができます。ガーデンテーブルにもよさそうです。

table_concrete_photo同じショップにあったこんなテーブルにも心ひかれましたが、このテーブルは「Concrete:コンクリート」という名だけあって、中が空洞でもとにかく重いので、オフィスに持ち帰ることを想像しただけでも気が遠くなって、あきらめました。

ゴットランド羊の毛皮前のページ

スウェーデンの作家次のページ

関連記事

  1. Uncategorized

    リンドグレーン作品一覧

    リンドグレーンの邦訳出版本とスウェーデン語原書の、対応リストを作ってみ…

  2. Uncategorized

    2011年ノーベル文学賞はスウェーデン人詩人が受賞!

    2011年のノーベル文学賞を受賞したのは、スウェーデン人の詩人、トーマ…

  3. Uncategorized

    スウェーデンの作家

    スウェーデンの本といえば、「長くつ下のピッピ」と「ニルスのふしぎな冒険…

  4. Uncategorized

    老いの参考にしたい詩(「ツナグ」より樹木希林の朗読音源つき)

    大変多くの方にアクセスしていただいたこのページは、移動しました。お…

  5. Uncategorized

    Stieg Larsson

    スティーグ・ラーソン,1954 - 2004(享年50歳)「ミレ…

  6. Uncategorized

    言葉の壁など

    ※ 2005年、スイスに住んでいたときに別のサイトで公開したものを移動…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  2. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  3. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  4. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  5. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  6. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  7. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  8. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  9. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  10. 「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウン…
  1. Uncategorized

    ワイドショーに見るスケープゴートの深層心理学:人の心に潜む影
  2. コロナ

    【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエンスでございますから」…
  3. コロナ

    「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウンド・オブ・ミュージッ…
  4. 生活

    日本人が西洋人宅で絶対やってはいけない6つのこと:国際人になるためのお役立ちマナ…
  5. 人間ウォッチング

    NHK「100歳から始まる人生」の103歳スウェーデン人ブロガー、105歳を迎え…
PAGE TOP