マスク

  1. 聴覚障害の人にも朗報の透明マスク発売中

    透明マスクがきっと発売されるだろうと思っていたが、されていた。聴覚障害のある人たちにとって、話している人の口の動きが見えることはとても重要なので、多くの人に使…

  2. 【コロナ寄稿】フェイスシールドってどうなの:マスクとフェイスシールドの違いを煙突で解説(ケゾえもん)…

    以下、ケゾえもん寄稿。ケゾえもんイメージキャラクターフェイスシールドってどうなのスェーデンでは誰もマスクをしていないのに、ストックホ…

  3. スウェーデンの日本人学校で2学期からマスクやフェイスシールド着用義務の通達

    スウェーデン在住のホクオも、ついにマスクの話が人ごとでなくなった。子供が土曜日だけ通っている日本人学校(ストックホルム日本人補習校:日本国籍を持つ子供が土曜日…

  4. 豊かな国スイスのコロナ事情

    ホクオはスウェーデンに来る前はスイスにいたが、日本の人には、スイスとスウェーデンは似たようなイメージらしくよく混同される。(今は、スウェーデンのコロナ…

  5. 新マスク習慣の功罪:メイク・髭剃り不要、でも人間関係は希薄に?

    先日の日本のマスク事情を想像しながら書いたページに読者から届いたコメントを中心に、「蒸れんマスク」の紹介、おやじのマスクファッションショー第2弾の3部構成。(…

  6. コロナの狂気:マスクしないで店に入り袋叩きに遭った客の動画

    スウェーデンには、マスクをしている人がまったくいないので、先日、パリの様子を教えてもらって衝撃を受けたところだが、その衝撃をさらに上回る強烈な情報が、数日前に…

  7. 元祖マスク王国日本の今:コロナで進化するマスク文化

    最終更新日:2020年6月20日、写真を追加。(1,950字)北欧では、ロックダウンをした国を含めて誰もマスクをしていないので、世界のあちこち…

  8. コロナ中とは思えないストックホルムの人混み:マスクを探せ!

    ゆるいとはいえコロナ規制中のスウェーデンでは、多くの人が在宅勤務だし、病院では面会お断りが続き、高校生以上はオンライン授業のままでそろそろ夏休みに入ろ…

  9. マスクの世界的大流行、正気の沙汰とは思えない異常な光景

    (5月18日に公開した記事を6月8日に加筆修正。)ほんの少し前まで「覆面禁止法」に引っかかる懸念さえあったマスクが、今や、世界中でひっぱりだこ…

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. 人間ウォッチング

    故郷のおさななじみ自慢:LINEでつながる40年近く前のあの日あの頃
  2. 人間ウォッチング

    ダーリンはアフリカ人:赤い糸で結ばれていた運命の人
  3. コロナ

    「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウンド・オブ・ミュージッ…
  4. 文化、音楽、本

    不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  5. 生活

    男性必見!目の保養の季節のショートすぎるショートパンツ
PAGE TOP