ケゾえもん

【オペラ寄稿】メトロポリタンオペラの「魔笛」、J・テイモアの演出がすばらしい(ケゾえもん)

Sponsored Link

ライオンキングを手がけた名演出家、J.テイモアのマジックにかかった「マジックフルート (魔笛)」は、だるくない!
以下、ニューヨークメトロポリタンオペラの上客、ケゾえもんの新シリーズ寄稿。

メトロポリタンオペラの「魔笛」の演出が素晴らしかったという記憶

WOWOWを契約していて、メトロポリタンオペラの中継放送が定期的にあってこれまで100タイトルくらい録画してあるのです。

最後にニューヨーク行ったとき、メトロポリタンオペラでモーツァルトの魔笛を見たんだけど、これが良かった。演出がいいんだ。
もう一度見たくて100タイトルの中から探したんだけど、やはり録画がない。

ところが明日(2020年6月4日)、この魔笛が放送されるはずなので、絶対録画しないととはりきっているところ。

魔笛って、事情があって庶民の芝居小屋のためにモーツァルトが作曲したので、どうも劇として冗長なところがあって、最初に有名な序曲が演奏されるんだけど、一度音楽が止まってファンファーレが鳴るんだな。それからまた始まって終わる。これ何の意味だと?前から思っていたんだけどその答をいや疑問すら言ってくれた人がいない。
それから劇がセリフ(レチタティーヴォ)で進むので、だるい場面がある。特にオペラ歌手は歌の専門家だけれど演技の専門家でないからだるい。

だからだるいなおかしいなと思いながら(とてもすばらしいんだけど)このオペラを見るのが常なんだけど、メトロポリタンオペラのこの魔笛はそういうところが全然ないんだな。
どうしてかって考えたとき、あっそうかと思ってその時演出のすばらしさにいろいろ気づかされたのだけど、時間がたってそれを忘れてしまった。ぜひ再確認したい。

今調べると、この時の演出家はミュージカル「ライオンキング」のJ・テイモアと言う人らしいのです。

(2020年6月3日、ケゾえもん記)

メトロポリタンオペラの「魔笛」の演出はやはり素晴らしかった

WOWOW放送のメトロポリタンオペラの魔笛を無事録画して、さっきちょっとだけ見た。
J・テイモアの演出は、はっきり言ってすばらしい!

美術は、ミュージカル・ライオンキングを彷彿とさせる楽しいもので、かわいそうに夜の女王の侍女たちは黒塗りで黒子にされ、身体は無くて手に持ってる頭の模型だけのお化けにされてしまっていたりする。

パパゲーノは例の緑のインコ衣装なんだけど、鳥かごモチーフが身体の前面を覆っていて、夜の女王の侍女がうそをついた罰に、口に鍵をかける場面では、ちょうど股間ガードみたいになっていた鳥かご部分を取り外して口にねじ込むというのがおもしろかった。

夜の女王の侍女たちが王子を見つけた場面では「おー!」とか、いい男を現すのにアメリカン娘風の表現をするのがおかしい。

シカネーダ台本のおかげで、冗長な筈の部分がそれを感じさせないのでテキストと照らし合わせないとわからないけれど、恐らく大胆なセリフのカットがされていると思われる。(いいのか?それでいいのだ。)

演出で大切なのは、人を納得させられるかどうかで、冒頭タミーノ(王子)が竜に追われて逃げてきて「もうだめだ、助けてくれ」と言って気絶すると元の台本にはある。それでこれまでもその通りの演出がなされてきたんだけどJ・テイモアは違う。王子は終始、敢然と竜と戦う姿勢を崩さない。

そして最後に気絶したのは、明らかに怖いからでない。超自然の衝撃波かなんかを受けて、倒れ込んだのだ。これ正解だわー。


そうでないと、後でパミーナのハートをたちまちつかむ男でいることはできないと思うんだ。

夜の女王の登場の場面でも、良くある演出では夜の女王を恐れて怖がって、でもだんだん慣れてきて手を差し伸べるなんてのが多いんだけど、J・テイモア演出では王子は夜の女王が登場したと同時にかしこまり、ひざまずき、頭をたれる。これが正解でしょ!!

夜の女王に馴れ馴れしく手を差し伸べるなんてあってはいけない。

ここまで見てJ・テイモアは外さない演出家だとの意を強くした。

2020年6月5日、ケゾえもん記。

ジュリー・テイモア(Julie Taymor)

ジュリー・テイモア(Julie Taymor, 1952年生まれ – 現在67歳)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州出身の舞台演出家・映画監督。

オベリン大学卒業。ブロードウェイの舞台や映画製作に携わり、その鮮明なビジュアルやカラフルな衣装が特徴。

幼いときから演劇に魅了され、色々な劇団に携わったり、パリでパントマイムを学んだりした。オベリン大学では神話学を学びながらJoseph Chaikin’s Open Theatreに参加。1974年の卒業後は文楽を学ぶために淡路も訪れている

ブロードウェイ・ミュージカルの『ライオン・キング』の演出でトニー賞を受賞。

ウィキペディアより

※アイキャッチ画像の出典:メトロポリタンオペラの公式ホームページより

【保存版】30-Day Song Challenge:音楽にうる星やつらの厳選ソング集前のページ

“To Sweden With Love” The Art Farmer Quartet (Atlantic 1964):音楽にうる星やつの愛蔵盤LP次のページ

関連記事

  1. コロナ

    【コロナ寄稿】ハードSFの試み、予告編(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクターケゾえもんがハードSFとい…

  2. コロナ

    脚本で振り返るコロナ騒動:ケゾえもんシネマ「Covid19」 第8話

    コロナ・シネマ第8話の予習教材(ケゾえもん寄稿)■「…

  3. コロナ

    【コロナ寄稿】東京アラート、赤い都庁を恐れるべからず:木を見ず森を見よ(ケゾえもん)

    東京アラートが発令されても「みなさん、安心してください!」とケゾえも…

  4. ケゾえもん

    ブログが続いているのはケゾえもんのおかげ

    ケゾえもんのおかげでブログが続いている最近、ブログが続いてい…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  2. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  3. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  4. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  5. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  6. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  7. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  8. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  9. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  10. 「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウン…
  1. 文化、音楽、本

    不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  2. コロナ

    小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映画がワイドショーを変…
  3. 生活

    墓じまい、父の終活
  4. Uncategorized

    意味のある偶然の一致、シンクロニシティ
  5. 人間ウォッチング

    故郷のおさななじみ自慢:LINEでつながる40年近く前のあの日あの頃
PAGE TOP