流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえイラストのタトゥー(刺青)

別のところでマンダラぬり絵のことを紹介したら、スウェーデン人のイラストレーターのぬり絵が日本でも売られているという情報をいただいた。調べてみると、このイラストレーター、ハンナ・カールソンのぬり絵には欧米諸国に熱狂的な女性ファンが多くいて、ぬり絵作品がたくさん公開されていた。

シャイだと言いながらほとんど顔出ししていないハンナ・カールソンだが、唯一見つけた写真から、自分のイラストを両腕にタトゥーで入れているのがわかる。

日本では今のところハンナ・カールソンのぬり絵は2冊、翻訳されているようだ。

ついでにおまけで、知り合いのカラフルなぬり絵タトゥーも特別大公開!

北欧のぬり絵、デイドリーム

「北欧のぬり絵、デイドリーム」をぬり終えたイヴァナの「見て見て」動画4分。

北欧のぬり絵、夏の夜

「北欧ぬり絵、夏の夜」を全部ぬり終えたシルビアの「見て見て」動画9分。

「北欧のぬり絵」の作者、ハンナ・カールソン

[quads id=1]

作者のインスタグラムで唯一見つけた写真。フェイスブックには、首から下しか掲載されていない。このコラムのトップのアイキャッチ画像で使用しているもの。ちなみにこの程度の大きさのタトゥーは、こちらでは珍しくない。

●ハンナ・カールソンのインスタグラム:https://www.instagram.com/hannakarlzon/

●ハンナ・カールソンのフェイスブック:https://www.facebook.com/hannakarlzon/

ハンナ・カールソン日本未発売のぬり絵集

以下は、買い集めたハンナ・カールソンのぬり絵集を14分にわたって見せている「わたしのコレクション、見て見て」動画。

スイスのハイジ
スウェーデンに遊びに行ったとき、本屋さんに行ったらスイスや日本以上に、山積みに塗り絵がたくさん売っていてびっくりしました。日本のお城特集などもありましたよ。

おまけ:知り合いのカラフルなタトゥー

ハンナ・カールソンの腕のタトゥーは色が入っていないが、知り合いのスウェーデン人が派手な色付きタトゥーを入れているのを思い出して、このコラムのために写真を撮って送ってもらった。リナはアクティブで体育会系のお母さん。

Lina OlssonのTattoo
ホクオ
リナが送ってくれたTattoo写真、掲載したから見てね。
「いいね。で、文章んとこにはなんて書いてんの?」
ホクオ
リナのアバターが、まんまで笑える!

樹木希林の映画「あん」(スウェーデン語字幕つき)前のページ

【コロナ寄稿】PCR検査は感染者数の指標として使えない。(ケゾえもん)次のページ

関連記事

  1. スウェーデン、ストックホルム

    ノーベル賞晩餐会の予行演習みたいなエリクソン社の豪華パーティー

    (最終更新日:2019年12月10日)通信機器などを扱うスウェーデン…

  2. 人間ウォッチング

    ストックホルム老舗寿司屋の女将の仰天ゴスロリ趣味

    今でこそストックホルムには寿司屋があふれているが、開店26年のSus…

  3. ケゾえもん

    【寄稿】私のお勧め映画その1(ケゾえもん)

    「ねえねえ、この映画知ってる?」というコンセプトでケゾえもんが紹介す…

  4. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデン2017年のヒット曲、I can’t go on

    スウェーデンで毎年行われるメロディフェスティバル(Melodifest…

follow us in feedly

最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  2. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  3. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  4. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  5. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  6. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  7. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  8. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  9. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  10. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  1. コロナ

    【コロナ寄稿】ハードSFの試み、予告編(ケゾえもん)
  2. コロナ

    【コロナ寄稿】ケゾえもんの「ワクチン ゲームチェンザー説」と横ヤリ「お注射マンボ…
  3. スウェーデン、ストックホルム

    ノーベル賞晩餐会の予行演習みたいなエリクソン社の豪華パーティー
  4. 食、レストラン、カフェ

    ストックホルム、一度は行ってみたいレストランAdam and Albin
  5. コロナ

    【コロナ寄稿】変異ウィルスは怖いぞキャンペーンが大げさすぎる理由(ケゾえもん)
PAGE TOP