報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに心配するのか→心配なのはコロナより人の目

Sponsored Link

(2020年8月30日大幅改訂。)「これが地上波、しかも報道ステーションで流れた意味はとてつもなく大きい。」と視聴者が感想を寄せたテレビ番組の紹介 (1ページ目)をしているうちに、日本独特のコロナ問題に関心が移った。関連しそうなマスク着用義務の話題が2,3ページ目に続く。(全3ページ、4,000文字。)

「死者の多いスウェーデンよりも少ない日本のほうがコロナを心配しているのはどうしてなのかなと感じます。」と2020年8月27日放送のテレビ朝日の「報道ステーション」で、スウェーデン、ストックホルムの大学病院で働く外科医の宮川絢子氏が語った。

かっちん
今、テレビの報道ステーションで、スウェーデン????????は、第二波の兆候もなく、集団免疫を獲得したものと見るって出てるよ。

前にホクオの記事で読んだ宮川絢子医師が出てた。
高齢者の犠牲者数は多いものの、ロックダウンしなくても感染拡大の山場は過ぎて、抑制しているスウェーデン????????だって。
今さらスウェーデン方式の報道に力入れて、日本も習おうと言っても、遅かろうーーよ。
ホクオ
情報ありがとうございます。早速、ググりました。

スウェーデン“収束”の理由は…現地医師に聞く

テレビ朝日、8月27日放送の「報道ステーション」で、スウェーデン“収束”の理由について現地で働く医師がインタビューに答えた。

新型コロナウィルスの感染拡大を受け、ヨーロッパでは、多くの国が大規模なロックダウンに踏み切り、いったんは流行を食い止めたものの、再び感染が拡大しています。そんななか、感染拡大のピーク時にも厳しいロックダウンを行わなかったスウェーデンでは、今のところ感染の再拡大は見られません。・・・(以下、下記サイトを参照。)

テレビ朝日のウェブサイトより
kitaroupapaさん
これが地上波、しかも報道ステーションで流れた意味はとてつもなく大きいですね。スウェーデンの目指した持続可能な政策と国民の高い信頼。T細胞免疫まで踏み込んだ集団免疫の解説。報ステってこんなデキる番組でしたっけ?
宮川先生も生出演で堂々たる話しぶりお見事です。大変お疲れ様でした。
宮川絢子氏
ありがとうございます。
前日依頼を受け、外来診療の合間の生中継だったので、実は緊張してました。
お伝えしたかったことが伝わったようで、とても嬉しいです!

宮川絢子氏のツィッターより。)

日本人はコロナより人の目を心配している

冒頭で宮川絢子氏の「死者の多いスウェーデンよりも少ない日本のほうがコロナを心配しているのはどうしてなのかなと感じます。」という言葉を引用したのは、「そこまで心配しなくていいのに。」という含みを持たせたかったからだ。

しかし、コロナそのものを恐れている日本人もいる一方で、どうやらそれよりも多いのが、コロナ関連で人の目を恐れている人のようだ。

東京のAさん
宮川絢子医師いいね。日本でももっとスウェーデンを見習って欲しい。
マスクしてないと白い目で見られたり、感染者は犯罪者みたいに扱われたり、本当に日本社会はおかしい。
イギリスのBさん
日本の人の話を聞いていると、コロナ自体を心配しているというより、かかったときの村八分状態の方が心配みたいですよ。
東京のCさん
日本ではどのニュース番組やワイドショーを見ても、必ずコロナをメインで取り扱っています。ここ数ヶ月毎日です。なのでメディアに煽られてる人も多いと思います。
そしてそういう人たちからの誹謗中傷が恐いので、コロナは風邪くらいにしか思ってない人たちも、結局みんなコロナは恐いみたいに言わざるをえないムードがあります。
地方在住のDさん
感染者が少ないこの辺では、すぐに特定されて、あそこは…という話になってしまいます。
最近、偏見差別やいじめをなくそうっていうニュースやらCMがやたらと多くなってるけど、その一方で、感染者が出るたびに記者会見して報告されるのですから、恐怖でしかありません。こっちの方が大問題だと思います。
 

1

2 3>

脚本で振り返るコロナ騒動:ケゾえもんシネマ「Covid19」 第3話前のページ

脚本で振り返るコロナ騒動:ケゾえもんシネマ「Covid19」 第4話次のページ

関連記事

  1. コロナ

    【コロナ寄稿】安倍首相の耳にも入った上久保説への疑問点(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクター上久保説へのいちゃもん…

  2. コロナ

    【コロナ寄稿】潔く美しく信用できる上久保説(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクター上久保説の潔さ…

  3. コロナ

    【コロナ寄稿】ガイアの夜明けで台湾称賛報道見たけれど(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクター台湾は称賛されるべきか?…

  4. コロナ

    再ロックダウンのカリフォルニア、コロナ風刺画で学ぶアメリカ:トランプ政権のベッツィ・デヴォスは億万長…

    コロナを通じて、今まで知らなかったアメリカの文化や政治に触れている。…

  5. コロナ

    元祖マスク王国日本の今:コロナで進化するマスク文化

    最終更新日:2020年6月20日、写真を追加。(1,950字…

  6. コロナ

    マスクの世界的大流行、正気の沙汰とは思えない異常な光景

    (5月18日に公開した記事を6月8日に加筆修正。)ほ…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  2. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  3. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  4. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  5. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  6. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  7. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  8. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  9. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  10. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  1. ケゾえもん

    【読み物】ケゾえもんは電気羊の夢を見る その1(ケゾえもん)
  2. コロナ

    あてにならないPCR検査の実例報告(スイス)/スイスとスウェーデン
  3. スウェーデン、ストックホルム

    ストックホルム日本人会会報アーカイブ
  4. ノルウェー

    北欧で学ぶ、行き過ぎない観光地のあり方:絶景の中のとても小さな宿泊施設(ノルウェ…
  5. コロナ

    【コロナ寄稿】尾身茂の責任逃れ根性には頭が痛い:北海道は今、危機か(ケゾえもん)…
PAGE TOP