【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(ハイジ+ケゾえもん)

Sponsored Link

(最終更新日:2021/05/21)スイスのハイジとケゾえもんのコロナW寄稿、ワクチンの話も出てくる全3ページ、長編9,800文字。

A子
この記事は、ただの暗いコロナ社会批判と違って真髄はしっかり書かれているのに、笑えるところが好みです。ハイジもケゾえもんも、ふつうでさらりとしたトーンなのに、内容はとても深いところを突いていると思いました。
K男
ユニークな構成でホンワカ読めました^^
ホクオ
真面目な話はさておいて、個人的にツボにハマったこの記事の目玉は、国防婦人会です!

「コロナの終戦はいつ来るの?」(ハイジ)

(文=スイスのハイジ)
このコロナ禍で、世界はすっかり変わってしまいました。今も勿論「憤り」を感じますが、もう変わってしまった世界を変えることはできませんので、その中で自分なりの、ささやかでも当たり前の楽しい生き方を見つけたいと思っています。(今はその“当たり前”が手に入らない)

私のスイス人の夫も、私たちの何人かの友人達も、このコロナに対して疑問に思っていますし、早くから、夫やそういう友人達は、Dr.Suchariti Bhakdi ※等の論文やインタビューからの情報を得ています。

でも、今まで親しかった人達、或いは今まで、散々イデオロギー的にも『社会批判』をしてきた人達こそ!が、このコロナを異常に怖がり、キリスト教ではクリスマスより大事なイースターの祝日も、法的に許されている人数内での家族の集まりにも参加しなかったり、殆ど友人付き合いをしていない人もいます。(スイス在住の日本人を含む。)

これまで遺伝子組み換え食品のことを散々言ってきた人たちや、プラスティックやアルミホイルに敏感に反応していた人たちが、積極的にワクチンを打っているのも不思議な感じがします。

もっとも他の人達がどんな生き方や選択をしてもそれは自由ですし、そのことに言及するつもりもないのですが、その人達とは違う意見が言えなくなる社会は恐ろしいと思います。それに、私達には、「真実」(事実?)を知る権利があると思います。

戦時中のことですが、私の現在89歳になる母(東京出身)が叔母と一緒に駅を出たところで、国防婦人会の人が目の前でいきなり叔母の着物の袖を切ったそうです。

ホクオ
このエピソード、びっくり仰天です!
「国防婦人会」という名称だけでもすごいインパクトです・・・。
あまりに衝撃的だったので、上に大々的にイメージ画像を掲載しましたが、しつこく、もう一枚!
ホクオ
こういうのを流し目って言うのでしたっけ? 顔だけ見ると、竹久夢二の美人画のモデルにでもなれそうな方ですが、美代子さん?の衣装は割烹着にこのタスキ・・・。いやはや、すごすぎます。
ケゾえもんのカノジョ
これ知ってる!「カーネーション」で見た! もう随分前のNHK朝ドラだけど、デザイナーのコシノ三姉妹の母親が主人公で、日本人の普段着が着物から洋服に変わっていくときの話。ドラマの中で、戦時中、おっかない婦人会が、着物は不謹慎、モンペにしなさいと見回りしていたよ。ミシンやパーマ機など金属製品を供出させられるエピソードもあったなぁ。
NHK「カーネーション」(2011)
※このシーンが出てくるのは「カーネーション」第55話。NHKオンデマンドで視聴可能
A子
早速、観ました。コロナ禍の今の話かと思うぐらいでした!
ケゾえもん
あのー国防婦人会はもういいから、ハイジさんの話を聞かせてくれませんか。
ホクオ
はい、スミマセン。ハイジさんに戻ります。


”戦時中の社会”では、許される(?)ことでも、ひとたび終戦になれば、その日からもうそれは異常なことですし、はっきり『犯罪』です。

今の世の中も、段々それに似てきているような気がします。

ただ、「コロナの終戦」は、一体いつになるのやら?
隣国のドイツも段々ナチ時代に似てきて、本気で国外に出ようとしている人達もいると聞きました。
戦争は勝っても負けても悲惨ですが、これからの世界は、今までの「左か右」と言うイデオロギーとはレベルを超えた、もっと複雑な世界になる様な気がします。

サテ最近、頭が単純な私は、小学生並みの『算数』にハマっています。
物理も科学もチンプンカンプンの私ですが、毎日、いろんな数字に興味が湧き、それを計算しては、ため息をついているのです。

たとえば、2021年5月X日現在の日本のコロナ総死亡者数11,045人を人口123,000,000人で割ると0.000089796。

この数字が間違っているのではないか?と思うほど、この数字で、どうして日本が変わってしまったのか? サッパリ分かりません。
私の場合ですと、海外から日本に入国するのに、コロナ検査の結果が陰性でも、日本の変な自粛の決まりで公共の乗り物に乗って実家に帰ることもできません。

ほかにも、『大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃』 (日刊ゲンダイ 5/10)など、見出しだけ見ると、一瞬「えっ?」と思いますが、私が計算したところでは、(合っていれば)コロナなんかより、癌や事故、自殺etcの死亡理由の方が圧倒的に多いということは一目瞭然です。

ホクオ
日刊ケンダイのこの記事については、ケゾえもんが3ページで解説しています。

(2021年5月13日、ハイジ 記)

後日談話

つじむつし
読んだで。世は狂うとる。そして、人々は思考を諦めたように「言いつけ」に従うとる。昔、どんな風に戦争に参加してしまったか分かる。人々はいつも主観を無くしたらいけない。孤立を恐れたらいけんわ。
C子
田舎でも、”変な世の中さ”が日々、増してきてるのを感じるよー。
スイスのハイジ
今、大相撲の照ノ富士の取り組みを観ようと、NHKの7時のニュースをつけたら、なんと!ワクチンの証明を見せれば、デパートで割引、或いはクーポン貰えるそうです!
TVは消しましたが、毎日毎日、戦時中のように、こんなこと聞かされるなんて怖い世の中です。

ハイジのスイス人夫、X博士情報

(文=スイスのハイジ)
これは今朝(2021/5/13)、夫が、2週間前に出たばかりでまだ日本語に訳されていないDr.Bhakdiの最新の本を読んで知った情報だそうです。(日本語ですでに訳されいるバクディ博士の本はこちら。)
(以下、夫筆)

【ホクオによる意訳】
バクディ博士によると、我々の多くはすでにコロナウィルスに接触している。つまりT細胞(免疫細胞であるリンパ球の一種)は、コロナウィルスを撃退してくれているということになる。

一方、たとえばファイザーやBioNTechのワクチンを接種した場合、mRNAが何千もの細胞内に入り増殖するのだが、この過程で生じる残骸が我々自身の元の細胞にくっついたとき、T細胞はこれらの細胞を自分自身の細胞だと思わず、敵とみなして攻撃し始める。これによって(身体に有害な)自己免疫反応が生じてしまう。

ホクオ
T細胞が自己と非自己をうまく識別できず、T細胞が自身の細胞に対して攻撃することによって、自己免疫疾患が起きるそうです。
ケゾえもん
RNAワクチンで怖いのは自己免疫疾患に賛成です。
ホクオ
ケゾえもんのこの話の続きは2ページでご覧ください。

バクディ博士と彼の研究グループは、もし生きているコロナウィルスの全貌を提示できる研究者がいるならば、喜んで賞金を払うと言っている。(これまで、これがコロナウィルスだと言って世の中で示されてきたものはどれもウィルスの正体を明かすに足りないということ。)

(ハイジの夫、X博士、記)

【原文】
Many of us have already a good cross-reaction against Corona-viruses. So the T-lymphocytes know the Corona-virus. If you get for example the BioNTech/Pfizer vaccine, the mRNA goes in thousands of cells and starts to replicate. The waste products of this process are put before the cell. Now the T-lymphocytes identify these cells as enemies and start to destroy them. Conclusion: this could be the start of an autoimmune reaction!
Prof. Bhakdi and his group will give a prize to the researcher who can present an entire living COVID-19-Virus.
Dr. X

ハイジ
もちろん、コロナが重症化すると怖い病気だということは夫もよく知っていますので、決してコロナを過小視しているわけではありません。

(2021年5月13日、ハイジ 記)

(X博士近影。2021年5月某日、スイスらしい街並みの中でハイジ撮影。)

おまけ

ホクオ
サイエンス頭に欠けていて、X博士の短い文章を理解できなかったので、訳すためにかなり調べて勉強になりました。すぐに忘れると思いますが、備忘録として参考になった記事より一部抜粋しておきます。「つまらないオマケは不要」の方は、次のページにお進みください。

■独立行政法人経済産業研究所 上席研究員 藤和彦、2020年6月25日 Business Journalに掲載の記事
「コロナ、体内に抗体がなくてもT細胞がウイルス撃退…アジア人の低死亡率、原因解明進む」より

スイス・チューリッヒの大学病院でも、新型コロナウイルスから回復した人のうち約2割(165人のうち34人)しか抗体がつくられておらず、残り8割は既存の免疫機構で新型コロナウイルスを退治したことが明らかになっている。
(中略)
これらが示唆しているのは、抗体が新たにつくられなくても、既存の免疫機構で新型コロナウイルスを退治できるということである。「抗体保有率が低い」といたずらに心配する必要はないのである。

ホクオ
次のページは、久々のケゾえもんコロナ寄稿です!
 

1

2 3>

【映画寄稿】当時感動した「ベン・ハー」につっこみを入れる 3(ケゾえもん)前のページ

スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭然3秒証拠とワクチン接種率次のページ

関連記事

  1. コロナ

    【コロナ寄稿】ワクチン有効率について数式を使わずもう一度解説する(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクター「ワクチンの有効率について再度…

  2. コロナ

    【コロナ寄稿】ハードSFの試み、予告編(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクターケゾえもんがハードSFとい…

  3. ケゾえもん

    【映画寄稿】「ベン・ハー」5、イエスが起こした奇跡、私のお気に入り (ケゾえもん)

    教養あふれるケゾえもんによる「ベン・ハー」に関係ない話の多い楽しい読…

  4. コロナ

    【コロナ寄稿】潔く美しく信用できる上久保説(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクター上久保説の潔さ…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  2. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  3. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  4. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  5. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  6. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  7. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  8. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  9. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  10. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  1. Uncategorized

    もうすぐクリスマス
  2. コロナ

    「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウンド・オブ・ミュージッ…
  3. コロナ

    コロナ閉鎖は今すぐ解除を:カリフォルニアの医師、Dr.エリクソンの主張(翻訳)
  4. コロナ

    【2021/08/27速報】コロナはもうこわくない!デンマーク、ワクチン高接種率…
  5. スウェーデン、ストックホルム

    2011年ノーベル文学賞はスウェーデン人詩人が受賞!
PAGE TOP