人間ウォッチング

  1. ストックホルムで本格寿司懐石:日本で修行したバングラディシュ人寿司職人の店、Minako Sushi…

    ストックホルムにはミシュランガイドに載っている有名寿司店もあるが、その店に行った人が、この店はそこより値段が安くてそこよりおいしいと言っていた。ホクオもいつも…

  2. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえイラストのタトゥー(刺青)

    別のところでマンダラぬり絵のことを紹介したら、スウェーデン人のイラストレーターのぬり絵が日本でも売られているという情報をいただいた。調べてみると、このイラスト…

  3. マッチョな児童文学作家がドローン(DJI Mavic Air)で空撮したストックホルム

    ドローンで空撮したストックホルムの街並み。各1分〜1分30秒の短い動画の完成度の高さは素人とは思えない。撮影者であるスウェーデン人の児童・青少年文学作家のにつ…

  4. 女運はなかったノーベル賞のノーベル

    アルフレッド・ノーベル(Alfred Bernhard Nobel, 1833年10月21日 - 1896年12月10日)は、ダイナマイトの発明で知られるスウ…

  5. ノーベル賞2019年、財団の充実ウェブサイト

    2019年10月9日、米国のJohn Goodenough、英国のStanley Whittinghamとともに、旭化成名誉フェローの吉野彰氏の、ノーベル化学…

  6. スマホは現代のエイリアンか

     このイメージを見て、たしかにスマホは、現代のエイリアンかもしれないと思った。(出典)本日(2017年9月22日)iPhone8が発売開始さ…

  7. Kim Kyungsoo展

     ※上の画像は、Kim Kyungsooの作品ではない。キョンス(金暻秀)は、20年来のとても大切な友人。今、東京でやっている個展は、行こうと思…

  8. 故郷のおさななじみ自慢:LINEでつながる40年近く前のあの日あの頃

    2020年5月17日追記:このページは、オマケでつけたPage3の「トシオ父ちゃん物語」に泣けた、という感想が続々と寄せられた。201…

  9. 気がつけば30年、日本人夫婦が外国で定年を迎えたとき

     外国に住んでいる日本人の事情はいろいろだが、子供のアイデンティティの問題や日本にいる自分の親のこと、自分自身の老後のことなど、日本にいれば、殊更考えな…

  10. 空想癖のある人たち:「高台家の人々」のヒロインと村田沙耶香

    仕事で必要があって、「高台家の人々」の映画を観たら、「ラブコメディ」というチープな響きを越えた内容で、とても面白かった。森本梢子の同名の漫画、(集英社・全6巻、…

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. 文化、音楽、本

    不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  2. ケゾえもん

    【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエンスでございますから」…
  3. こころ・心理学・ユング

    空想癖のある人たち:「高台家の人々」のヒロインと村田沙耶香
  4. 文化、音楽、本

    【保存版】30-Day Song Challenge:音楽にうる星やつらの厳選ソ…
  5. こころ・心理学・ユング

    生きづらい大人をつくる愛という名の過保護:ヘリコプターペアレントの弊害
PAGE TOP