黒豆のこと

Sponsored Link


お正月になってもあたたかく、あいかわらず白くないスウェーデンです。

日本からお袋の味の黒豆が届いたのを食べようと、お皿の上に取りだしたところ、息子が「あっ、サクランボ!」と嬉しそうにかけよってきました。

たしかに、今年も豊作だった庭のサクランボと同じ色です。サクランボの軸を含めて木から採ろうとすると時間がかかるため、実の部分だけをどんどんもぎとっていくので、ちょうどこんな感じになります。

そこへやってきた夫、「なに言ってんだ、これはオリーブだよ!」

そういわれてみれば、小ぶりの黒いオリーブをお皿に盛ったのに見えなくもありません。

サクランボでもオリーブでもないと知ったふたりは、ふーんと、関心なさそうに去っていきました。

日本食のありがたみを共有できない家族といっしょに日々暮らしているのは寂しい反面、おいしいものをひとりじめできるというメリットもあります。

白くないクリスマス前のページ

日本製品の注意書き次のページ

関連記事

  1. スウェーデン、ストックホルム

    Carl Larsson

    カール・ラーション, 1853-1919 (享年65 歳)※以…

  2. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデンの夏休み事情

    写真:ストックホルムの地下鉄今週になって、ストックホルムの街に、ど…

  3. スウェーデン、ストックホルム

    サンタクロースの町の近くで夏にトナカイたちを見て考えた

     スウェーデンの国道で、たくさんのトナカイを見たレポート。つ…

  4. スウェーデン、ストックホルム

    凍った湖で寒中水泳:スウェーデンの日常風景

    2021年2月6日氷点下10度のストックホルムで、昼と夜の2回外にち…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  2. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  3. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  4. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  5. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  6. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  7. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  8. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  9. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  10. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  1. 食、レストラン、カフェ

    安くて美味しいリースリングワインといえば”カンフー・ガール”
  2. コロナ

    【コロナ寄稿】責任逃れするつもりのコロナ専門委員会と生贄のヤギになりそうな岡田晴…
  3. コロナ

    再ロックダウンのカリフォルニア、コロナ風刺画で学ぶアメリカ:トランプ政権のベッツ…
  4. コロナ

    【コロナ寄稿】我々は西浦教授の数理疫学の集団実験に使われたモルモットだった(ケゾ…
  5. Uncategorized

    言葉の壁など
PAGE TOP