人間ウォッチング

ストックホルムで本格寿司懐石:日本で修行したバングラディシュ人寿司職人の店、Minako Sushi。

Sponsored Link

ストックホルムにはミシュランガイドに載っている有名寿司店もあるが、その店に行った人が、この店はそこより値段が安くてそこよりおいしいと言っていた。ホクオもいつも大満足の店。

街のふつうの寿司屋のホクオお勧め店も掲載。

こだわりバングラディシュ人のオマカセ寿司懐石

ストックホルムのOdenplan駅から徒歩5分のMinako Sushiに、先週久しぶりに行ってきた。コロナで郵便物の規制が厳しかったので、日本の食材はきっと調達できてないだろうと思って行ったのに、北海道のホタテから鹿児島の和牛まで、コロナ前と変わりなく食材が全部そろっていたのは嬉しい驚きだった。

ここのOmakase懐石メニューは、日本でも通用する水準だと思う。
日本語ペラペラのバングラディシュ人店主は、18歳から8年間、日本(新宿)で修行した人で、そのこだわりたるや半端ない。陽気な性格も手伝って日本人客が来ると、このこだわりを喋りたくて仕方ないので、ちょっとうるさすぎると言う人もいる。

巨大なタコの足は、「柔らかくするために1時間丁寧に揉んだあと、さらに1時間半かけてゆでる。西洋人にはタコの歯ごたえが受けないから始めたことだけど、これが日本人にも喜ばれる。」とか、「本当は日本の柚子を使いたいけど、空輸でも鮮度に問題が出るから仕方なくこちらのライムを使っている」とか、サーモンは北欧でいいのが獲れるが、これはデンマークの海で獲れたやつで、こっちのはフィンランドの海。それぞれこんな風に違うからこんな風に別々にアレンジして・・・」とか、「今日のいちばんの自慢の一品はシメサバでこのサバは・・・」と、話は尽きない。

研究熱心な店主は、日々、新メニューも考えていて、今回、「我ながらおいしくてびっくりした組み合わせ」と得意満面の笑顔で出してくれたのは、その場で殻から外した生牡蠣を天ぷらにして(←食中毒を恐れてと思われる。前、ここで生牡蠣を食べた人がおなかを壊したと言っていた。)、その上に、ちょっぴりバニラアイスをのせていっしょにパクッと食べるという代物だった。

握りのひとつひとつにはあらかじめほどよい分量の醤油をからめてあったり、塩とライムだけで味つけされていたり(「これだけでいけるのはネタがいい証拠!」と付け加えるのも忘れない。)するので、カウンターで食べるオマカセメニュー客には醤油用の小皿はない。目の前でバーナーで炙ってくれる握りや肉も、ただのパフォーマンス目的ではないこだわりが感じられる。

目の前で炙ってくれる鹿児島牛

以下の4分30秒の動画はここに載せるために今、初めて見たが、この前、食べたものがいろいろ出てくるので、思い出してまた行きたくなった。

人気Youtuberが宣伝してしまった

2020年3月29日、この店は、人気Youtuberの動画で紹介された。「スウェーデンのベスト寿司屋」が三軒紹介された中のひとつで、オーナーによるとこのYoutuberに「三軒の中でもいちばん美味しかった」と言われたそうだ。(ホクオは以下の16分動画を全部見ていないので、動画の中で言われたのか外で言われたのかは知らない。)

スウェーデンでは、このようにマスコミで紹介されて人気が出た店は、手抜きしてもお客が来るのであっという間にレベルが下がると言われていて、Minako Sushiも高くなってしまったが、その分、質は下がっていなかったと思う。

今回、夜のオマカセカウンター席は予約でいっぱいだったが、予約のいらない一般席の方もコロナにもかかわらず満席だった。(2020年7月末の平日)

人気Youtuberが紹介している動画(スウェーデン語)。

ミナコは、店主の元カノの名前

前、忙しくない時間を狙って行ったときの雑談中に、店名のミナコについて質問して教えてもらった話。

■Minako Sushiのウェブサイト:https://www.minakostockholm.se/

※忙しいときに行って、ものすごく待たされて不満だったという声もあり。

 

1

2>

【コロナ寄稿】姜尚中もそんなにコロナが怖いのか:みんな洗脳されている!(ケゾえもん)前のページ

【コロナ寄稿】モーニングショーの玉川の想像力の乏しさが許せない(ケゾえもん)次のページ

関連記事

  1. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデン葬儀事情、納骨編:ドイツ人の義母はスウェーデンで永遠の眠りについた

    義母の葬儀については以前にこちらのページで書いたが、今日は納骨の記録…

  2. スウェーデン、ストックホルム

    夏といえばTed Gärdestad、スウェーデンの尾崎豊

    このコラムは2016年6月に別サイトで公開したものを移動したものです…

  3. コロナ

    夏休み全開のスウェーデン with コロナ:英国誌の記事「最後に笑うのはスウェーデンかもしれない」よ…

    こどももおとなも、2ヶ月あまりの夏休みをコロナに負けず目一杯楽しんで…

  4. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデンのユニクロ1号店、オープン日レポート

     ユニクロがスウェーデンに進出、2018年8月24日金曜日、ス…

  5. 人間ウォッチング

    流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえイラストのタトゥー(刺青)

    別のところでマンダラぬり絵のことを紹介したら、スウェーデン人のイラス…

  6. 人間ウォッチング

    一流志向のススメ:甫田鵄川の愛弟子 書家 大木水香

    童女のように茶目っ気のある人。この通り、スタジオでアイドルさながらの写…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  2. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  3. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  4. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  5. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  6. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  7. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  8. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  9. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  10. 「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウン…
  1. 生活

    知られざるブロガーとYoutuberの世界
  2. 人間ウォッチング

    故郷のおさななじみ自慢:LINEでつながる40年近く前のあの日あの頃
  3. 人間ウォッチング

    流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえイラストのタトゥー(…
  4. コロナ

    【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエンスでございますから」…
  5. こころ・心理学・ユング

    生きづらい大人をつくる愛という名の過保護:ヘリコプターペアレントの弊害
PAGE TOP