コロナ

【コロナ寄稿】山中伸弥氏も大衆のコロナ不安を煽って集団ヒステリーに一役買った(ケゾえもん)

Sponsored Link


(最終更新日:2020年5月29日)

山中伸弥氏もまた、自身がいわゆるヒステリー※になって、日本人の集団ヒステリー※を助長させた知識人のひとりであると東京在住のケゾえもんは指摘する。また日本で感染者が少ない理由についての専門家たちの意見がぱっとしない上に、日本人のマスク文化や清潔好きなことを自画自賛しているのは、聞いていて恥ずかしくさえあるそうだ。(2,500文字)

ヒステリーとは、精神的な原因で一時的に生じる病的興奮状態の通称。

集団ヒステリーとは、集団が強い不安や恐怖などのストレスに晒されることによって、集団の成員全体にパニックや妄想などが広まることを意味する語。

(出典:weblio辞書)

天下のノーベル賞受賞者に向かって、「ちょっと大げさに騒ぎ過ぎちゃったよね。」と、まるで「王様は、はだかだ!」と無邪気に言った子供のようにケゾえもんが言ってしまった。こんなこと、恐れ多くて誰もはっきり言ってないんじゃないだろうか。

ホクオ
ケゾえもんさん、行きますよ。我々はタッグを組んで、日本の権威にモノ申すんですよ。覚悟はいいですか。
ケゾえもん
え? なんかひとりで意気込んじゃって、なにごとですか。あ、わたしの素晴らしいタイトルも使わずに、そっちに焦点を当てちゃってるじゃないですか。私の言いたいのはそこじゃなくて、私の説を聞いてほしいだけなんですけど。
ホクオ
素晴らしいタイトルって”Japan as Number one???”のことですか。それなら、3章の段落の見出しに使わせていただきました。1章が面白かったんで、タイトルはこうなりました。
ケゾえもん
わたしの説は2章から始まるんだけどな・・・。

以下、ケゾえもん氏の寄稿を、ホクオが一部編集。

山中教授もヒステリーになった

「このままでは大変なことになる、日本も完全なロックダウンを早くしないと、大勢が死ぬことになる」と世間に呼び掛けを行っていて、ちょっとヒステリーだった山中伸弥教授も、日本におけるコロナの一旦の収束により、落ち着きを取り戻してきたようだ。

影響力のある人なので、ちょっと困ったと思っていたけど良かった。

さすがにバツが悪いのか(非難するつもりはない。とても意外なことが起こったのだから。)どうして大丈夫だったのか?と考えて、それをファクターXと名付けて、みんなで解明しようと呼び掛けている。
(結局バツが悪いんだと思いますが。)

山中教授の6つのファクターX

山中教授が考えたファクターXは6つ。

文章は私がアレンジして、山中教授がこのままを言ったわけでないけれど、意味は下記の通り。

1.日本人の生活習慣。つまり毎日風呂、手洗いうがい、マスク、土足厳禁、路上キス禁止。

→→→【ケゾえもん】さーてこれどうかな? ここについては、あとでじっくり考察。

2.クラスター対策が良かった。

→→→【ケゾえもん】クラスター対策って、すぐに手に負えなくなるでしょ。ざるで水をすくう努力ってやつに見えてしかたがないんだけど。そんなに役にたったかな???
すくってもすくっても、やつらは広がったんじゃないかな?


3.BCGワクチンが効いた。

→→→【ケゾえもん】BCGは世界の流行とBCG日本株の相関でかなりあきらかとは思うけど、尾身茂は、そんなの全然エビデンスがないもんねと言い張る。

4.日本人または東アジア人の遺伝的特性。

→→→【ケゾえもん】ニューヨークに長く住んでいる、または混じりけのない二世の東アジア人を統計とって調べればわかるでしょう。

5.おんなじようなウイルスが東アジアにあって似た免疫を持っていた。

→→→【ケゾえもん】いかにもありそうなことだけど、そうだとしてもそのウイルスを特定するのは難しいだろうな。

6.日本のウイルスは変異して弱くなっていた。

→→→【ケゾえもん】これももしそうなら、今にわかるでしょう。ウイルスって、なわばりがあって、流行しているもの以外は入ってこないらしい。ほんとかいなと思うけど、今年インフルエンザは入ってこれなかったでしょ?

ジャパンがそんなにすごいのか。(Japan as Number one?)

日本でコロナ感染者が少ない理由について、「日本人の生活習慣。つまり毎日風呂、手洗いうがい、マスク、土足厳禁、路上キス禁止。」を押す人が多い。

例えば、尾身茂、釜萢敏、岡田晴恵がそうで、特に岡田晴恵はこれだこれだ、日本人のマスクなどの習慣だ、それで全部説明できると言い張っている。

さーてこれどうかな?
フランス人と比べて対比の表を作ってみようか?
(フランス人のことは、わりに良く知っているので選んだ。)

日本フランス
毎日風呂に入る。時々しか風呂にはいらない汚いやつら。
路上で決してキスしない。路上で簡単にキスしてしまう。
最初からある程度の人々がマスクしていて、最後はみんなしてた。  最初はマスクぜんぜんしてなかったけど、ロックダウン後はみんなしてた。
土足厳禁清潔な生活。土足で部屋に入るので汚い汚い。
ゆるーい規制。ちょっと家から出るとおまわりさんに
怒られた。つらーい生活をずっと続けた。
手洗いうがいを子供のころから全員がしていたすごい民族。手なんか洗いやしない、不潔なやつら。

わざとちゃかして書いたけど、あんまり日本人がきれいきれいと言い張ると、フランス人に俺たちそんなに汚いのかと怒られるよ。

それで日本では900名以下の死者、感染者国民の0.6%程度、すでに収束の明白な傾向。かたやフランスではまだ日に100人程度死亡、死亡者累計約2万9千人。

上記の対比理由でその差が説明つくとでもいうのか?
そんなにフランス人汚いか?そんなに節操なくキスするか?マスクは日本人の専売特許か?
土足厳禁そんなにいいか?フランスのロックダウンてそんなに無駄だったのか?(ソレハソウカモ)って思いません? あのね、日本人清潔説は止めようよ。恥ずかしいよ。

追伸:山中教授でさえヒステリーになったんだから、いつみんな真実が見えてくるんでしょうね。それとも真実が見えていないのは私なんですかね?

2020年5月28日ケゾえもん、記。

【コロナ寄稿】非常事態宣言は無意味だった:国民の不安を煽った西浦教授(ケゾえもん)前のページ

【コロナ寄稿】我々は西浦教授の数理疫学の集団実験に使われたモルモットだった(ケゾえもん)次のページ

関連記事

  1. コロナ

    もしあなたが安倍首相だったら、コロナ対応どうしますか?

    コロナ対応をめぐって、政治に通じている人だけでなくこれまで政…

  2. コロナ

    【コロナ寄稿】姜尚中もそんなにコロナが怖いのか:みんな洗脳されている!(ケゾえもん)

    丸っとコピペしただけですが、センセーショナルな表題はわたしが考え…

  3. ケゾえもん

    【オーディオ寄稿】スピーカーは絶対ワンウェイがよい(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクターオーディオ談義に話を戻すけ…

  4. ケゾえもん

    ブログが続いているのはケゾえもんのおかげ

    ケゾえもんのおかげでブログが続いている最近、ブログが続いてい…

  5. コロナ

    再ロックダウンのカリフォルニア、コロナ風刺画で学ぶアメリカ:トランプ政権のベッツィ・デヴォスは億万長…

    コロナを通じて、今まで知らなかったアメリカの文化や政治に触れている。…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  2. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  3. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  4. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  5. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  6. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  7. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  8. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  9. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  10. 「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウン…
  1. Uncategorized

    ワイドショーに見るスケープゴートの深層心理学:人の心に潜む影
  2. こころ・心理学・ユング

    空想癖のある人たち:「高台家の人々」のヒロインと村田沙耶香
  3. 人間ウォッチング

    NHK「100歳から始まる人生」の103歳スウェーデン人ブロガー、105歳を迎え…
  4. 人間ウォッチング

    故郷のおさななじみ自慢:LINEでつながる40年近く前のあの日あの頃
  5. 文化、音楽、本

    【保存版】30-Day Song Challenge:音楽にうる星やつらの厳選ソ…
PAGE TOP