【コロナ寄稿】ワクチン接種後抗体値等の詳細な記録を公開(ケゾえもん)

ホクオ
ケゾえもんから1週間前にいただいた原稿です。
ケゾえもんイメージキャラクター

「ワクチン接種後抗体値」

(2021年8月21日、文=ケゾえもん)
当社の社員のワクチン接種前後の中和抗体値(U/ml)の結果を示そう。この検査をしてもらうにあたって私は3万円以上を負担している。なお、断っておくがこの検査をしてもらうにあたってあらゆる強制はなかった。むしろ彼女は面白がって私が思っていたよりたくさん検査をした。私がワクチン接種したときも抗体検査は受けようとは思うが、面倒でこんなにたくさんは検査受けられない!

6月21日       0
6月23日   1回目ワクチン接種(モデルナ)
6月21日      1.52
6月30日      5.91
7月09日      53.17
8月02日   2回目ワクチン接種(モデルナ)
8月10日      89.26
8月19日      100.5

ものの見事に抗体値があがっている。ちなみに彼女の親友はファイザーを受けたそうだが2回目接種後で65だったそうだ。こういう数字や接種後の発熱などを見るとモデルナの方がいかにも効きそうだが、それは関係なさそうだ。100だろうが65だろうが、ここまで顕著に抗体値があがるということは、あなたの免疫システムがコロナがどんな敵か認識したということを意味するから。

当社の社員は2回目接種後発熱した。彼女は私の接種への興味に協力的で発熱の様子を細かくリポートしてくれた。2回目接種の翌日の記録である。

11時 38.5度   ロキソニン飲む 
14時 38.7度   熱が下がらない 
16時 38.5度   ロキソニン再度服用(24時間経過 
17時 1時間睡眠 
18時 37.6度 
21時 37.2度

かなり不快だったみたいだが、この翌日にはケロッとしていた。

私は彼女の尽力により(いいと言うのに電話かけまくるんだもの。彼女は電話口で私の父のことですがと言っていた)さる病院で8月26日のワクチン接種予約を取った。ファイザーの接種を受ける。

ホクオ
この原稿を編集しているのは、8月27日!ということは、すでに接種済みなんですね。接種後レポート、お待ちしています!

米ワシントン特派員として赴任した人がファイザー製のワクチン接種を受けた直後失神した。まれだが事例はあり(疲れていたりするとある)心配することではないらしいが救急車で病院に運ばれた。その時に彼の頭をよぎったことが以下である。

その頃から頭をよぎっていたのは「2回目の接種を受けられないのではないか」という懸念だ。ちょうどニューヨーク州でデジタルパスポートを運用することが話題になっていた。一方、ワクチンパスポートに否定的な州も出てきていて、政治対立の火種になっていた。
いざ、自分が2回目を受けられないかもしれないという立場になると、この問題も違って見えてくる。

朝日新聞デジタル

ワクチンパスポートについては今後たくさん話題にする必要を感じている。


(2021年8月21日、文=ケゾえもん)



※冒頭のアイキャッチ画像の出典はこちら

【コロナ寄稿】日本の総感染者数についての考察(ケゾえもん)前のページ

【コロナ寄稿】コロナの分類は指定感染症2類からインフル並みの5類にして病院不足を解消すべき(ケゾえもん)次のページ

関連記事

  1. コロナ

    【コロナ寄稿】ハードSFの試み、予告編(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクターケゾえもんがハードSFとい…

  2. コロナ

    【コロナ不真面目寄稿】オリンピック選手の目的はただひとつ(ケゾえもん)

    ケゾえもん先生からお預かりしていた原稿を見逃して1ヶ月以上も放置して…

  3. コロナ

    もしあなたが安倍首相だったら、コロナ対応どうしますか?

    コロナ対応をめぐって、政治に通じている人だけでなくこれまで政…

最近の記事

人気記事

  1. 骨折したときは腕を吊らないでください(スウェーデン医療)
  2. 【ケゾえもんコロナ寄稿】2020-2023 コロナ専門家たち…
  3. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  4. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  5. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  6. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  7. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  8. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  9. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  10. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  1. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデン・オンライン病院事情
  2. マスク

    2021年5月コロナNow!:マスクなしで賑わうスウェーデンの飲食店
  3. コロナ

    【コロナ寄稿】責任逃れするつもりのコロナ専門委員会と生贄のヤギになりそうな岡田晴…
  4. 日本

    【保存版】倉敷市児島、地元民の口コミグルメ情報
  5. ケゾえもん

    【クラシック寄稿】ウィンフィルのスーパースターが私のオーディオを絶賛した (ケゾ…
PAGE TOP