Hilma av Klintの展示会

PAINTING AND SPIRITUALITY
HILMA AF KLINT – TYRA KLEEN – LUCIE LAGERBIELKE
5 OCT 2019 – 9 FEB 2020

現在、ストックホルムのミレスゴーデンで行われているHilma av Klintの催しは2020年2月9日まで。ストックホルム在住の方はお見逃しなく!

行こうと思ってチェックはしていたが、期間が長いのでそのうち・・・と思って忘れていたところ、三日前のニューヨークタイムズの記事を読んだアメリカ人からも情報が送られてきて思い出した。

2019.10.21.ニューヨークタイムズ、Hilma af Klintの長い記事はこちら。(英語)

ヒルマ・アフ・クリント(Hilma af Klint、1862年10月26日 – 1944年10月21日)は、スウェーデンの女性画家、神秘主義者。彼女の絵は最初期の抽象絵画の一つとされる。

ウィキペディアより

■ミレスゴーデンのサイト(英語):

https://www.millesgarden.se/current-exhibitions.aspx

■ヒルマ・アフ・クリントのサイト(英語):

https://www.hilmaafklint.se/en/

冒頭写真は上述のニューヨークタイムズの記事内に掲載のCredit:Erika Gerdemark for The New York Times)

女運はなかったノーベル賞のノーベル前のページ

吉野彰氏がストックホルム日本人学校を訪問次のページ

関連記事

  1. 文化、音楽、本

    不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」

    イタリア映画「ニューシネマパラダイス」をまだ観ていない人は、「絶…

  2. ケゾえもん

    【ケゾえもんオペラ寄稿】美空ひばりが挑戦したオペラのアリア「歌に生き、恋に生き」に腰を抜かした

    プッチーニのオペラ「トスカ」についての前記事で、ケゾえもんに是非、美…

  3. 文化、音楽、本

    Stieg Larsson

    スティーグ・ラーソン,1954 - 2004(享年50歳)「ミレ…

最近の記事

人気記事

  1. 骨折したときは腕を吊らないでください(スウェーデン医療)
  2. 【ケゾえもんコロナ寄稿】2020-2023 コロナ専門家たち…
  3. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  4. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  5. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  6. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  7. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  8. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  9. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  10. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  1. コロナ

    【コロナ寄稿】1年前にパリに行っておいてよかった(ケゾえもん)
  2. 雑学・雑感・その他

    スマホは現代のエイリアンか
  3. ケゾえもん

    【ケゾえもんオタク寄稿】科学好きの私が化学が大嫌いだったわけ:たとえば陽子と中性…
  4. ケゾえもん

    【ケゾえもん寄稿】DNA発見以前のダーウィンの進化論は科学的とは言えないから迷信…
  5. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデンではふつうのユニセックストイレや更衣室:トランスジェンダーどう思いま…
PAGE TOP