スウェーデン、コロナ感染者差別なし

Sponsored Link

スウェーデンの中で、組織に属さず極めて狭い社会の中で生きているホクオだが、周囲にコロナ感染者はゴロゴロいる。「ものすごくひどい症状でのたうち回った」とか、「ぜんぜんたいしたことなかった」とか、症状の程度はいろいろだが、みんなインフルエンザにかかったときと同じような調子で話す。

スポーツジムのグループレッスンのインストラクターも、レッスンが始まる前に、みんなの前で大声で「コロナで今まで休んでたけど、もうだいじょうぶです! みなさんも気をつけてくださいね。」と言っていた。

わざわざ書くまでもないほどふつうのことだったのだが、以下を読んで、わざわざ書くことだと知ったので書いている。

イタリア在住の漫画家ヤマザキマリさんは、日本では感染者を出すことが犯罪のように扱われるが、イタリアでは感染者が顔出しでSNSなどで積極的に発言し、「いわゆる感染者差別というのは全くと言っていいくらい、ない。病気での差別は数百年前までのプリミティブな人間のやることだと捉えている」という(「文藝春秋」2020年 7月号)。これはきわめて興味深い指摘だ。

「講談社オンライン」2020.8.7より

これを読んで、他の国に住んでいる友人・知人に、コロナに罹った知り合いがいるかと聞いてみたところ、ホクオが聞いたのは数人だけだが、知らないと言った。カリフォルニアのアメリカ人も聞いたことがないそうだ。

スウェーデンで「実はコロナにかかっていたけれど、秘密にしておいて。」と声を潜めて話してくれた人は約1名。日本人のAで騒動初期だった。

別の日本人Bは、日本人Cにすれ違いざまに「コロナだったんだってー?大変だったねー。」と大声で聞かれて、「そうなのよー。大変だったのよー。」と大声で答えていた。

(日本では)コロナという病気がケガレであるいう、強固な差別的意識が明確に存在している。

(中略)

欧州でも 800年ほど前まではそうした意識があったのだが、現在では消滅した。イタリア人が感染者差別を「プリミティブ」(原始的)というのは、これを示しているのだ。

「講談社オンライン」2020.8.7より

脚本で振り返るコロナ騒動:ケゾえもんシネマ「Covid19」 第7話前のページ

ケゾえもんのコロナ寄稿を振り返る:読者から感謝の声も!次のページ

関連記事

  1. コロナ

    【コロナ寄稿】高齢ならコロナで死ぬのもそんなに悪くない(ケゾえもん)

    82歳の木村太郎は、高齢者としてコロナの警戒を緩められるのは怖いと言…

  2. コロナ

    【コロナ寄稿】潔く美しく信用できる上久保説(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクター上久保説の潔さ…

  3. コロナ

    コロナの狂気:マスクしないで店に入り袋叩きに遭った客の動画

    スウェーデンには、マスクをしている人がまったくいないので、先日、パリ…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  2. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  3. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  4. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  5. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  6. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  7. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  8. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  9. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  10. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  1. スウェーデン、ストックホルム

    Hoganasのマグカップ
  2. コロナ

    【コロナ寄稿】フェイスシールドってどうなの:マスクとフェイスシールドの違いを煙突…
  3. コロナ

    再ロックダウンのカリフォルニア、コロナ風刺画で学ぶアメリカ:トランプ政権のベッツ…
  4. スウェーデンの生活

    秋の収穫市
  5. 生活

    日本人が西洋人宅で絶対やってはいけない6つのこと:国際人になるためのお役立ちマナ…
PAGE TOP