やっぱり無意味だったロックダウン:コロナ対策のゆるかったスウェーデンの超過死亡率、ヨーロッパで最少値

ヨーロッパで唯一ロックダウンをしなかったスウェーデンだが、ゆるいコロナ政策のバチは当たらないまま現在に至る。(900文字)

このブログでさんざん言ってきたとおり、スウェーデンはコロナ禍中、ヨーロッパで唯一ロックダウンをせず、世界の中でももっともふつうに暮らせた国のひとつだった。この3年間、スウェーデンではマスク姿を見かけることもほとんどなかった。

2020年6月、世界中の人たちが戦々恐々としながら家にとじこもっていた夏も、ストックホルムの街はコロナ前と変わらない大賑わいで、人々は国内ではいつもどおりの夏を楽しんだ。

ストックホルム2020/6/25

ただし外国旅行には行けなかったし、スウェーデンのゆるいコロナ政策は周りの国から批判されて、車で簡単に行ける近隣諸国にすら遊びに行くことができない期間もあった。

ロックダウンをしなかった以外は、そのあとのスウェーデンのコロナ政策には特に変わったこともなくワクチン接種率も他国と変わらない。

だからスウェーデンのやり方がいいというつもりはないのだが、少なくともロックダウンをしなかったからバチが当たったという事実は、これまでのところ何一つ見つからない。最近よく話題になっている超過死亡率のスウェーデンの値がヨーロッパの中でもっとも低かったというのも、バチが当たってない例のひとつといえる。
(下のグラフ、赤い線がスウェーデン)

ハイジさん
ちょうど昨日、2020年に自分が人に宛てたメールで書いていたスイスのロックダウンの様子を読み返して、つくづく異常だったと思っていたところです。65歳以上は外出禁止、スーパーに入るのにも人数制限があってチケットをもらわないと入れなかったり、人が5人集まると罰金とか、まさにジョージ・オーウェルの「1984」の世界そのものでした。


【当サイト内関連記事】
コロナ中とは思えないストックホルムの人混み:マスクを探せ!(2020/6/1)

コロナ対応の甘かったスウェーデン、北欧内で村八分:不可触民扱いされ隣国に行けない夏(2020/6/3)



【ケゾえもん健康寄稿】朝のなごみのザクロジュースをやめたワケ前のページ

【ケゾえもんオペラ寄稿】美空ひばりが挑戦したオペラのアリア「歌に生き、恋に生き」に腰を抜かした次のページ

関連記事

  1. マスク

    元祖マスク王国日本の今:コロナで進化するマスク文化

    最終更新日:2020年6月20日、写真を追加。(1,950字…

  2. コロナ

    2021夏、日本への一時帰国、コロナ水際対策と強制隔離の実際

    ※2021年7月7日、ケゾえもんコメント追記。スウェーデンは…

  3. コロナ

    【映画寄稿】当時感動した「ベン・ハー」につっこみを入れる1(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクター(文=ケゾえもん)本題…

  4. コロナ

    【コロナ寄稿】イーロン・マスクも私も人々の非合理的な態度に失望した(ケゾえもん)

    今回のパンデミックで目の当たりにした人々の合理的でないといえる態度は…

最近の記事

人気記事

  1. 骨折したときは腕を吊らないでください(スウェーデン医療)
  2. 【ケゾえもんコロナ寄稿】2020-2023 コロナ専門家たち…
  3. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  4. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  5. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  6. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  7. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  8. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  9. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  10. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  1. スウェーデン、ストックホルム

    凍った湖で寒中水泳:スウェーデンの日常風景
  2. ケゾえもん

    【ケゾえもん映画寄稿】映画「エルビス」を観た
  3. 文化、音楽、本

    Hilma av Klintの展示会
  4. マスク

    報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに心配するのか→心配な…
  5. コロナ

    【コロナ寄稿】英首相の「危険”かもしれない”発言」とか日テレ社会部記者の無意味な…
PAGE TOP