【宇宙の運命3】強すぎる将棋ソフトの脅威(ケゾえもん)

Sponsored Link

ホクオ
これは面白い! 第1話、2話よりも面白かったです!
ホクオ
宇宙の話じゃなかったからかもしれませんが。
ケゾえもんイメージキャラクター

宇宙の運命3

(文=ケゾえもん)

アーサー・C・クラークのSF

そもそも1兆年も待たずにいろいろ困ったことが起こることは予想されている。
たとえば15億年も経つと太陽は水素を消費しヘリウムによる核融合が活発化する結果、巨大化し地球は高温でとても住めなくなる。

しかし私が宇宙の運命で問題にしようとしているのはそういうカタストロフィーについてではない。

ところで太陽が高温になって地球に住めなくなると言えばアーサー・C・クラークのSFが思い出される。

ホクオ
アーサー・C・クラークの代表作です。

地球よりはるかに高度な文明の宇宙人の宇宙船が地球を訪れた。観測によれば太陽は超新星化しつつあった。
確か地球人の環境コントロールの試みの失敗が原因だったのだが、宇宙人はまだそのことを知らず調査しようとしていた。その宇宙人の隊長は・・

人間はAIに支配される

これってもはや古典的SFだよね。高度に発達した文明の宇宙船はコンピューターが操縦していてたぶん隊長はいない。
私はAIの未来を予想する人の意見を聞いて楽観論と悲観論があるなとは思っているが、私は断然悲観論者で人間はAIに支配されてしまうと信じている。

演繹的に考えればそうなる。だって相手は自律的で人間よりはるかに頭が良いのだ。人間だってちょっと頭の良い人は少し頭の悪い人より断然優位に立てる。これは厳然たる事実だ。それがやつらは圧倒的に頭がいいんだよ。人間がしてやられない筈がない。

ソフトバンクの孫社長などAIに対して楽観論だけど、良く聞くとそのAIは人間と同等か少し頭が悪いということを想定していることがわかる。圧倒的に頭が良いという恐ろしさを理解していない。

「森田の将棋」は弱かったけど

私はAIの恐ろしさを実は30年ほど前に体験している。
私は将棋が好きで大学にいたころは(相手がいたので)良くやっていた。
大学を辞めた後、世の中はパソコンの時代に入り、MS-DOSのパソコンの時代だった。そのころ「森田の将棋」という将棋ソフトが将棋ソフトとして初めて発売され、私は購入して、そのころ人間の相手がいなかったので森田将棋と良く将棋を指した。今調べると1985年で発売元はエニックスとなっている。

森田将棋は私の自尊心を非常に満足させる弱っちさで、あまりにばかな手を指すので、そういう場合に「相手の手を変更する」機能があればいいのにと考えたのを思い出す。

私はあまりゲームはしない。時間がもったいないから。森田将棋は特別に私がしていたゲームだが、やがて飽きて使わなくなった。パソコンもバージョンアップを繰り返し遂には森田将棋のソースであるフロッピーもパソコンから消えていた。

強すぎて気持ち悪かったAI

そしてたぶん10年が経った。そのころうわさでは、将棋ソフトはどんどん強くなりアマチュア初段くらいになったという話を聞いてはいた。
アマチュア初段といえば、私とくらべて神様みたいな腕前だ。
私は頭の中ではしかし森田将棋の弱っちさが強く刻まれていたのでそんなたいしたことないだろうと、なんとなく考えていた。

ある日、新宿のヨドバシカメラでなんとなく将棋ソフトのひとつを(商品名はおぼえていない)購入し、会社に帰ってインストールして試してみた。
インストールは簡単に完了し、たちまち準備完了となり、私とコンピューターとの対局がはじまった。

私は相手の実力を試すために、敢えて定石を外れて、たぶん銀1枚で攻め登ってみた。
なんやかや数手が行われたときに、私の玉が詰んでいることに気が付かされた。
盤面は多くの駒はほとんど動いていない状況だった。

私はぞっとした。相手が将棋初段でこちらはめちゃくちゃやった結果なのだから当たり前だろうと、人は言うかもしれないけれど、気持ち悪くて気持ち悪くてしょうがなかった。人間なら「あっその金ただだよ」とか「それじゃ王さん詰むよ」
とか言ってくれるだろう。しかしあいつときたら、なんか容赦ない感じなんだ。
しかも考える時間が極端に短い。ぱぱぱぱぱ、はい負かしましただもんね。
コンピューターが計算を早くするのは別にかまわない。道具として考えられるから。
しかし将棋はなんというか人間の領分なんだ。
それをあいつはまったく感情を交えずやってのける。やつらは異質だ、ぜったい人間と相容れないくらい異質だ。

きちんと定石通りやってみれば良いだろうと思うだろうけど、私は気持ち悪くて
仕方がなかった。二度とその将棋ソフトは動かさなかった。

(つづく)

2020年9月17日、ケゾえもん記 



【宇宙の運命2】心配なのは一兆年後の宇宙(ケゾえもん)前のページ

【宇宙の運命4】アーサー・C. クラークのSF(ケゾえもん)次のページ

関連記事

  1. 文化、音楽、本

    Henning Mankell

    知りませんでしたが、世界的に有名なベストセラー推理小説作家だそうです。…

  2. ケゾえもん

    大相撲観戦はただのスポーツ観戦ではなさそうだ(ケゾえもん)

    ケゾえもんの古い友人の思い出ばなしと、「入れ食い」用語解説。1,80…

  3. ケゾえもん

    【寄稿】私のお勧め映画その1(ケゾえもん)

    「ねえねえ、この映画知ってる?」というコンセプトでケゾえもんが紹介す…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  2. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  3. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  4. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  5. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  6. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  7. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  8. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  9. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  10. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  1. マスク

    コロナの狂気:マスクしないで店に入り袋叩きに遭った客の動画
  2. スウェーデン、ストックホルム

    Carl Malmstenの椅子
  3. コロナ

    【コロナ寄稿】日本の総感染者数が相当多いことをもっとわかりやすく説明する(ケゾえ…
  4. コロナ

    【コロナ寄稿】ガセネタが多い中、デルタ株についてわたしが把握していること(ケゾえ…
  5. 人間ウォッチング

    一流志向のススメ:甫田鵄川の愛弟子 書家 大木水香
PAGE TOP