【コロナ寄稿】NHKのコロナニュース(10/16)に頭にきたから緊急に書く(ケゾえもん)

Sponsored Link

ホクオ
今、ストックホルムでいちばん古いお寿司屋さんでおいしいお寿司を食べていい気分で帰宅したところですが、日本時間の2020年10月16日夜遅い時間付でケゾえもんからこんな件名の寄稿が届いていましたので、急いで掲載しておきます。

頭にきたからコロナのことについて緊急に書く

(文=ケゾえもん)
本日(10月16日)の夜7時のNHKニュースでコロナについて悪質に情報操作しようとするたくらみがあったため、黙っているわけにいかなくなり仕方ないのでまたコロナについて書く。

この7時のニュースの冒頭にコロナのニュースは扱われた。
難しい顔をしたアナウンサーが「10月に入って重症者がじわじわ増えている」と警告。
次に専門家と称する医師が出てきて「現在、重要な局面にある。今の段階で踏みとどまる必要がある。3密を避ける、手洗いうがいをするなどをもう一度認識すべきだ」などと、言った。

こんなこと、この私でも危機を煽る方向でぜひとNHKに頼まれれば簡単に言えるようなことだよ。完全にステレオタイプなんだよな。

重大な局面にあるなら、そりゃ大変なんだろうけど、この後ニュースのナレーションでは

「今月に入って患者数は2倍、重症患者も上昇の傾向」と言う。

あれ?重症患者が増えだして大変だという切り口からこのニュース始めたはずだろ。ただの傾向かよ?

その後ニュースはアビガンの承認についての話題に方向転換してしまう。
それからインフルエンザの流行についてほんのちょっとやってそれで終わり。次のニュースに移っちゃった。

重症者が増えて重大局面にあると言っときながら、これはなんだ?ふざけんじゃない。

もう一度写真も使ってNHKの汚い手口を振り返ってみよう。

さっき言ったように「重症者がじわじわ増えている」と始まったニュースでは
以下の図を示した。

最初私は、7時のニュースで深刻にとりあげないといけないそんな大変なことが起こったのか?とびっくりしてグラフを見るとちょっぴり上昇傾向らしきものは見える。しかしこのグラフの出典はどこか?と詳しくみると<NHKまとめ>と小さく書いてある。

ははーんと思い、私が常日頃モニターしていて重症者の指標として使っている人工呼吸器装着者のグラフを見るとべつに上昇傾向は見られない。

出典:https://crisis.ecmonet.jp/

けっきょくNHKのがせなんだよ。

ちなみについでに言っておくけどこの人工呼吸器装着者グラフは7月18日あたりからいったん上昇しているが、私はこれは作為だと思っている。日本の各地の病院に常に何百人何千人もいる肺炎患者から10名20名程度をなんらかの手口でコロナ患者としてグラフに書き加えているに違いないと思っている。

さてニュースでは専門家と称する医者が出てきたがつまらないステレオタイプの内容をしゃべって悪いけどあまり頭が良いようには見えない。

それでNHKが本当に重症患者の上昇に危機感を持っていてそれを報道したいと思っているならなんで、9時のニュースでこのことを取り上げない?9時のニュースではまったくこのことをやっていなかったよ。

だいたい様子はわかる。7時のニュースのディレクターがちょっとコロナへの注意喚起のニュースがやりたいねと言って、適当なグラフを手に入れて適当な医者にコメント依頼して、いっちょうあがりで作りやがったニュースなんだ。
本当に腹がたつ。

腹がたつといえば政府分科会の連中だ。
「現在感染が抑えられているように見えるのは増加要因と減少要因がバランスしているからだ」という珍妙な説を唱え始めたらしい。

日本テレビ「ニュースエブリ」より

旅行行ったり、レストランいったりするのが増加要因。このままだと感染が急増してもおかしくないんだけど、レストランとか劇場とか行かない様にするとか、密な場所を避けようとかマスクをするとか真面目にやってる人がいるので、これが減少要因。
バランスをとってなんとか感染が止まっているんだと。
だから一度バランスが崩れると大変なことになるので、どういう行動がリスク高か低かわかりやすい説明を政府にお願いしたんだと。

全員、寝てる方がマシな説を編み出すだけでなく、「説明は政府がしてよ」なんだそうだ。
本当に、本当に役に立たないやつらだ。私が社長で彼らが社員だったら全員首にしてやる。頭も悪いし、やる気もないんだから当然だ。

日本テレビ「ミヤネ屋」より

ちょっと前になるが、2020年8月9日都内で開催された第117回日本内科学会講演会で西浦博は以下の様に言ったらしい。

「第2波で反省点があるとすれば、海外ではモニタリングをし、実効再生産数が1を上回った期間が続くと、いろいろな接触、移動、会合するスペースを止めて、1回逆戻りさせる。日本ではそれが行われてこなかった」

 「ただし、今の東京の実効再生産数は持続的に1を上回っているものの、2を超えた第1波よりは少なくて済んでいるのは、「流行対策がそれぞれの個々の場面で行われており、(PCR検査などの)検査がうまく機能しているのだろう」

この西浦がうまくやっていると言っている海外って中国のことか?中国のことなら中国のこととはっきり言えよ。本当にこいつらずるい。肝心なことをぼかして、検証ができないようにしてあいまいな事実を言って、我田引水で自分の研究の正当性を主張しようとしている。

それで日本はそんなにうまく行っていないのか?西浦お前が言う通りならうまくいかない筈だよな?感染爆発する筈だよな。42万人死ぬんだろうな。

だけどそうならないのは「流行対策がそれぞれの個々の場面で行われて」いるからだって?
流行対策ってなによ?これもはっきり言わない。マスクか?じゃみんなマスクしてるんだからごちゃごちゃ「接触、移動、会合するスペースを止めて、1回逆戻りさせ」なんて言うんじゃない。マスクしてればそれでいいじゃないか。

そして西浦は

<今後の対策として、「夜間の接待を伴う飲食業」など、ハイリスクの場だけでも、接触機会を40~50%くらい減らせば、実効再生産数が1を下回るという推計を示しつつ、「マイノリティーの問題」への懸念も呈した。>

らしいんだ。40~50%くらい減らせば実効再生産数が1を下回るという推計 ってもう西浦の推計はこりごりだからいいよ。それから「マイノリティーの問題」への懸念ってなによ?
エイズと同じでゲイの人から感染するなんて言ってるんじゃないだろうな?
ずいぶんと偉そうじゃないか?

それから西浦はこれまで本当にたいへんなことにならないのは実行再生産数が1前後で推移してきたからだと信じているんだと思われるけど、私が信じている上久保説だとコロナは変異して実行再生産数が7程度になっていて、非常に多くの人(少なくとも85%以上)がすでに感染済で集団免疫状態だと言うことなんだからね。

実行再生産数が1と7とどちらが正しいか、これだけ数字がかけ離れている以上、どちらかが間違っているんだからいつか決着をつけようぜ。

(註)西浦の説ではウイルスの性質としての実行再生産数は約2.5で実際の実行再生産数は社会的要因であがったりさがったりする。
そのあがりさがりは理論疫学の計算で出すことができると主張している。

やれやれ、みなさん軽々にニュースで言っていることなんか信じて一喜一憂してはだめですよ。

2020年10月16日、ケゾえもん、記。

ホクオ
さっき行ってきたお寿司屋さんの女将は趣味が「ゴスロリ」(ゴシック・アンド・ロリータ / Gothic & Lolita)の美魔女でした。近いうちにブログに書きますのでお楽しみに!

【宇宙の運命5】アーサー・C. クラークが特許を取らなかったのは痛恨のミス(ケゾえもん)前のページ

人工知能(AI)と人間の連携サービスに大満足:チャットボットとの会話次のページ

関連記事

  1. コロナ

    【コロナ寄稿】世の中流布説を取るか、高橋説をとるか?(ケゾえもん)

    2020年7月20日、ケゾえもんによる修正箇所を直した。ケゾ…

  2. コロナ

    【コロナ寄稿】横文字好き小池都知事の”東京アラート”:西浦教授に堪忍袋の緒が…

    (最終更新日:2020年6月5日、2,000文字)東京アラート発令ニ…

  3. コロナ

    【コロナ寄稿】コロナのワクチンは打ちたくない(ケゾえもん)

    ケゾえもん寄稿。ケゾえもんイメージキャラクター…

  4. コロナ

    小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映画がワイドショーを変える!

    (ゴーマニズム宣言とゴルゴ13とケゾえもんの詰まった全4ページ5,8…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  2. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  3. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  4. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  5. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  6. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  7. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  8. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  9. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  10. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  1. スウェーデンの生活

    秋の収穫市
  2. 人間ウォッチング

    型破りの新ビジネスリーダー、中田俊行氏
  3. 食、レストラン、カフェ

    ストックホルム、一度は行ってみたいレストランAdam and Albin
  4. ケゾえもん

    ブログが続いているのはケゾえもんのおかげ
  5. 食、レストラン、カフェ

    安くて美味しいリースリングワインといえば”カンフー・ガール”
PAGE TOP