ストックホルム、一度は行ってみたいレストランAdam and Albin

Sponsored Link

 

自他共に食通を認める知人(スウェーデン人、男)の絶賛するストックホルムのレストランに行ってきた。
店の名前は、「アダムとアルビン」。メディアでもあちこち取り上げられ、かなり評判がいい。

最近、この手のカジュアルでモダンな店がストックホルムで流行しているそうだ。

仰々しい雰囲気がなく、正装も不要でありながら、料理は凝っていて手抜きがない。値段はそれなりに張り、特別な時にしか行けないが、無駄な付加価値にお金を取られた感はないし、スタッフ教育も万全で気持ちよく、満足のできる店だった。

ウェブサイトのフロントページに載っているのが、推定ゲイカップルのアダムとアルビンだろう。ゲイの人たちは、料理上手な人が多い。

夜のメニューは、895クローナ(約12,000円)のコースのみ。内容は、肉でも魚でもベジタリアンメニューでも、アレルギー食品除去でも、個人の嗜好や要望に合わせて、実にきめ細かな対応をしてくれる。この基本コースに、この日は、追加オプションメニューで、200クローナ(約2,600円)の牡蠣料理と、400クローナの群馬産和牛(約5,200円)があった。

洋食のフルコースディナーというものは、最初のスープだけで、かなりお腹が膨らまされることも多く、往々にして食べ過ぎて、後で胸焼けや体重増加という代償がついてくる。

しかしこの店は、スープもないし、油ぎった料理もないし、厳選されたごまかしのない料理ばかりで腹9.5分目ぐらい満たされた感じがしたところがポイントが高い。同行者は、オプショナルの和牛ステーキも追加していたが、それでも量より質で勝負しているので、食べ過ぎなくてもよさそうだった。

このレストランの料理は、明らかに日本の懐石料理に影響されていたので、そうもなるのだろう。

上品な一口サイズのちまちました料理が、素焼きの器に美しく並べられて次々と出てくる度に、「ほお。」と小さな歓声が上がる。

以下、コースの一部。(同行者にもらった写真)

花も葉っぱも、食べれるやつだ。そして出てきたのがこれ。(4人分)

豆まきを連想させる大豆が敷き詰められていた。
日本では投げたあとで拾って食べる。
花も葉っぱも食べれるくせに、残念ながら、豆だけは生で食べれなかった。

この記事を見てこのレストランを訪ねる人は、もしこの飾り豆に遭遇したら、煎ったら美味しく食べれるよと、アダムとアルビンに伝えて欲しい。


バーのような気軽な雰囲気のレストラン、Adam and Albin。ストックホルム在住者にも、旅行者にもお勧め。
地下鉄Rådmansgatan(ロードマンスガタン)の駅から徒歩5分。

■予算:アルコールを入れて、一人1,200 Sek〜1,500 Sek(15,000円〜20,000円)。

■ウェブサイト(英語):http://adamalbin.se/en/

ストックホルム日本人会会報アーカイブ前のページ

ムーミンと作者トーベ・ヤンソン次のページ

関連記事

  1. スウェーデンの生活

    スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげたいやきくん他

    (2020年10月21日加筆更新)たこ焼きパーティー、わんこ、台湾ス…

  2. 人間ウォッチング

    ストックホルム老舗寿司屋の女将の仰天ゴスロリ趣味

    今でこそストックホルムには寿司屋があふれているが、開店26年のSus…

  3. 日本

    【保存版】倉敷市児島、地元民の口コミグルメ情報

    (2020年11月16日更新)初めて倉敷に行くことになったダッチさん…

  4. 食、レストラン、カフェ

    安くて美味しいリースリングワインといえば”カンフー・ガール”

    今日もこれを飲んで機嫌よくなった同居人が、今、気持ちよさそうに居眠りを…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  2. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  3. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  4. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  5. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  6. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  7. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  8. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  9. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  10. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  1. 生活

    スウェーデンの1コマ漫画「人生とは・・・」
  2. コロナ

    コロナ閉鎖解除のタイミング:ニューヨークタイムズから小池百合子まで(マジメ度やや…
  3. スウェーデン、ストックホルム

    Carl Larsson
  4. スウェーデンの生活

    続報・冷えとり生活
  5. スウェーデンの生活

    欧州歌合戦2012でスウェーデンロリーンのユーフォリアが優勝
PAGE TOP