文化、音楽、本

「ベターッと開脚」ベストセラー本のすごい力

Sponsored Link

 

2017年1月、東京の電車の吊り広告でこの本を見るや、すぐに書店に走って中身もろくに見ずに購入。
そして、ストックホルムに持ち帰ったまま、こんな本を買ったことさえすっかり忘れていた。

思い出したのは、数ヶ月後、久々にバランスボールの上に仰向けに転がった時。床近くで、顔が逆立ち状態になった時の視界に、本棚の下の方に平積みにしていたこの本が入って来た。

その日から、早速トレーニングを始めたが、素晴らしい本だ。

トレーニングを始めて10日たった現在、明らかに進歩もあるのだが、だから素晴らしいのではなく、細部まで、思いと配慮が込められているのが、ひしひしと伝わってくる本なのだ。

一般に、マニュアル本というものは、中身がナイことが多い。

欲しい情報は、ひどい時には1ページ以内で事足りるし、それ以外のページは、同じ内容の繰り返しだったり、無意味だったり、どうでもよかったりする。

ところが、この本は、そうではない。しょっぱなの「まえがきのまえがき」から、引きつけられる。この本を作った編集者、黒川精一氏の言葉だ。

ぼくは小さなころから、
体たかたいことが悩みでした。
前屈しても、もちろんマイナス。

(中略)

体育座りすら、ぼくには苦痛でした。
体がかたくて、後ろに倒れそうになっちゃうんです。

そう、そう、そう!と、大きくうなずきながら、握りこぶしに力が入る。

黒川氏は、「体育の授業のときにらくらく開脚している女子」やテレビに出てくる体操選手やバレリーナを見ては、うらやましい、かっこいいと思い、「ぼくもいつかあんな風にやってみたい」と憧れながら、アジの開きを見てさえも、開脚を連想する。

そして、開脚ができるようになりたい理由は、健康に良さそうだからとかそうゆうものではなく、

ぼくが開脚したい理由ーーー。
それは、開脚できたらかっこいいからです!

ズバリ、それ! わかる!

と、ひざを打ったところに、で〜んと、巨大な「アジの開き」の挿入画。

開くを意識した本だから、開きやすい製本にした、などというのもツボにはまった。

この本を一通り最後まで読むと、俄然、やる気が出る。

やる気。それがすべてと言ってもいいのではないか。

誰だって、毎日柔軟体操を続ければ、それなりに身体がやわらかくなると知っている。

開脚に限らず、語学でもコマ回しでもなんでもいい。コツコツ地道な努力を続ければ、特別な才能がなくても、できるようになるはずだ。問題は、モチベーションが続かず、地道な努力が続かないということだ。

そのモチベーションを高めてくれる力が、これほどあるマニュアル本には、これまで出会ったことがない。本、丸ごとに愛着が湧き、気持ちのいい良書に出会った満足感を覚えて、毎日、欠かさず、アジの開きを思い出しながら、本を開いてトレーニングをやっている。

だから、酷評オンパレードのアマゾンレビューを見て驚いた。

Youtubeの動画(再生回数250万回を超えた人気動画)だけで十分、わざわざ本を買わなくてもいいという意見が多く、「広告にだまされた。」とか、「写真にだまされるな。」とさえ言われている。

ホクオが、隅から隅まで丁寧に作られた本だと感動しているのに、「小冊子にして配れば事たりる内容を、やっつけ仕事で本にしている」と言う声もあった。

100万部も売れたそうなので、アマゾンレビューが悪かろうが痛くもかゆくもないかもしれないが、それでも、この本は、ホクオにとって、珠玉のマニュアル本なので、いちいち弁護したくなる。

「どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法」というタイトルの、「すごい方法」そのものは、確かにそれほど特別でもすごくもないかもしれない。しかし、「自分にもできるようになりそうだ」と信じて希望をもたせてくれる力、「これぐらいなら続けられる」と動機づけてくれる力は、絶対にすごいと思う。

ついでに、この方法は、「四股立ち」がどうしてもできない、という人にもおすすめである。スウェーデンの空手クラブで四股立ちの決まっているこの女の子、この通り、開脚もバッチリ。

Wd-laboのOtsuka氏前のページ

日本人のための日本語検定次のページ

関連記事

  1. ケゾえもん

    【宇宙の運命1】まず宇宙の距離を測る(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクター宇宙の運命1(文=ケゾ…

  2. 人間ウォッチング

    女運はなかったノーベル賞のノーベル

    アルフレッド・ノーベル(Alfred Bernhard Nobel,…

  3. 文化、音楽、本

    【保存版】30-Day Song Challenge:音楽にうる星やつらの厳選ソング集

    2020年8月1日、目次の不具合を修正。2020年7月3日「Day …

  4. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデン2017年のヒット曲、I can’t go on

    スウェーデンで毎年行われるメロディフェスティバル(Melodifest…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  2. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  3. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  4. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  5. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  6. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  7. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  8. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  9. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  10. 「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウン…
  1. Uncategorized

    ワイドショーに見るスケープゴートの深層心理学:人の心に潜む影
  2. コロナ

    【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケゾえもん)
  3. 人間ウォッチング

    NHK「100歳から始まる人生」の103歳スウェーデン人ブロガー、105歳を迎え…
  4. 文化、音楽、本

    【保存版】30-Day Song Challenge:音楽にうる星やつらの厳選ソ…
  5. コロナ

    小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映画がワイドショーを変…
PAGE TOP