スウェーデン、ストックホルム

ノーベル賞2019年、財団の充実ウェブサイト

Sponsored Link

2019年10月9日、米国のJohn Goodenough、英国のStanley Whittinghamとともに、旭化成名誉フェローの吉野彰氏の、ノーベル化学賞の受賞が発表された。

以下は、宇宙物理学の研究者である知人からもらったメール。


日本では吉野さんがノーベル化学賞を受賞して話題になっています。しかし、こういう賞を設けて100年以上にわたって、毎年非常に厳正な調査をして、盛大な表彰式を実施するスウェーデンという国はすごいなと思います。

また感心するのは、受賞理由を非常にわかりやすく説明していること。

以下のリチウム電池の解説は、僕も勉強になりました。

(ホクオ注:英語に自信のある理系頭向け。ホクオはクリックして開けてみたもののお手上げでイラストを見ただけ。)

https://www.nobelprize.org/prizes/chemistry/2019/popular-information/

物理学賞は宇宙関係で、Mayor博士は僕も予想していましたが、Peebles博士の方は有名な先生だけど、まさか予想してなかったな。

こちらが物理学賞の一般向け解説。

(ホクオ注:英語に自信のある理系頭向け。ホクオはクリックして開けてみたもののお手上げでイラストを見ただけ。)

https://www.nobelprize.org/prizes/physics/2019/popular-information/

より専門的な解説も出ていて、それは大学院生にテキストとして勧めています。


このメールをもらい、ノーベル賞に100年以上もの歴史があることを今さら知り、改めてノーベル賞について調べてみたら、ノーベルの私生活が興味深かったので別記事にまとめた。英語に自信のない文系頭向けのページはこちら。

冒頭の写真は、ストックホルムにあるスウェーデン王立科学アカデミー

Sponsored Link

関連記事

  1. 人間ウォッチング

    型破りの新ビジネスリーダー、中田俊行氏

    最終更新日2017年6月25日:「中田俊行」ご本人による、この記事の紹…

  2. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデンの1コマ漫画「金曜日の顔と水曜日の顔」

    ストックホルムのタブロイド誌Metroより。上、金曜日の顔、下…

  3. 人間ウォッチング

    Wd-laboのOtsuka氏

    “Wd-Labo”ディレクターのOtsuka氏は、仕事用のサイ…

  4. こころ・心理学・ユング

    空想癖のある人たち:「高台家の人々」のヒロインと村田沙耶香

    仕事で必要があって、「高台家の人々」の映画を観たら、「ラブコメディ」と…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. こころ・心理学・ユング

    スウェーデンの1コマ漫画「どうせアタシなんて」
  2. スウェーデン、ストックホルム

    2017年ノーベル文学賞受賞の日系イギリス人、カズオ・イシグロと日本
  3. 人間ウォッチング

    女運はなかったノーベル賞のノーベル
  4. ニュース、お知らせ

    もりたこどもクリニック(大阪)で求人募集中
  5. スウェーデン、ストックホルム

    サンタクロースの町の近くで夏にトナカイたちを見て考えた
PAGE TOP