マッチョな児童文学作家がドローン(DJI Mavic Air)で空撮したストックホルム

Sponsored Link

ドローンで空撮したストックホルムの街並み。各1分〜1分30秒の短い動画の完成度の高さは素人とは思えない。撮影者であるスウェーデン人の児童・青少年文学作家のについても筋トレヒストリーを合わせて紹介する。

ドローンで空撮したストックホルムの街並み

聖ヨハネス教会 – Johanneskyrkan, Stockholm

ストックホルムでもっとも美しい教会のひとつでありながら、あまり知られていない。(1分14秒)

ストックホルム中心部 – The very center of Stockholm

水面を飛んで、橋の下をのぞいたりもしているドローン。撮影者本人も写っている。(1分33秒)

エンゲルブレクト教会の雷光 – Lightning over Engelbrektskyrkan, Stockholm

ちょうど稲妻が光ったチャンスを捉えた映像。撮影者本人も写っている。

DJI ドローン Mavic Air

上の動画は、カメラが搭載されたこのドローン(DJI Mavic Air)で撮影されたもの。大人のおもちゃの定価は10万円以上、割引価格でも85,000円もする。

ニクラス・クローグ (Niklas Krog)

撮影者ニクラス・クローグの職業は児童・青少年文学作家

ニクラス・クローグ(1965-)はスウェーデンの児童・青少年文学作家。1996年に最初の出版をして以来、現在まで多数の著書がある。

写真:ハルムスタッド図書館で特集記事としてNiklas Krogの本が紹介された。(出典サイト

ニクラス・クローグのもうひとつの趣味は筋トレ


【コロナ寄稿】コロナは季節性のはずだが・・・(ケゾえもん)前のページ

スウェーデンのコロナ対策は失敗だったとはいえない:現地で働く日本人医師宮川絢子氏の分析(Forbesより)+ケゾえもん次のページ

関連記事

  1. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデン2017年のヒット曲、I can’t go on

    スウェーデンで毎年行われるメロディフェスティバル(Melodifest…

  2. スウェーデン、ストックホルム

    コロナ中とは思えないストックホルムの人混み:マスクを探せ!

    ゆるいとはいえコロナ規制中のスウェーデンでは、多くの人が在宅…

  3. スウェーデン、ストックホルム

    先史時代3千年前のスウェーデンの墓の上を歩く

    自然保護地区を歩いていて3,000年前の墓に遭遇し、太古に思いを馳せ…

  4. スウェーデン、ストックホルム

    ブラッドムーン(皆既月食)と夏の終わり

     天体ニュースは(も)チェックしていないので、ストックホルムで…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  2. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  3. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  4. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  5. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  6. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  7. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  8. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  9. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  10. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  1. Uncategorized

    もうすぐクリスマス
  2. コロナ

    【コロナ寄稿】非常事態宣言解除、岡田晴恵の薄ら笑いが許せない:商売をしている人の…
  3. コロナ

    テスラのイーロンマスク、コロナワクチン受ける気なし:ビル・ゲイツを’…
  4. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデンとノルウェーの間の国境はどうなっているのか、最北の国境を越えつつ調べ…
  5. 文化、音楽、本

    「フィンランドの教育はなぜ世界一なのか」
PAGE TOP