ケゾえもん

【コロナ寄稿】専門家の意見は絶対鵜呑みにするな:児玉教授も松本教授も(ケゾえもん)

Sponsored Link

ケゾえもん寄稿。

専門家連中には本当に腹が立つ

日本は祝日でお休みだったので、家でゆっくりテレビを見たりユーチューブを見たりしていたのだけどまあ、どうも気に食わないやつばかり出てくる。

児玉教授にはいらいらする

こないだ国会に参考人として呼ばれた児玉龍彦東大先端研究所教授の陳述聞いてるといらいらする。この人、一見論旨明快にすらすらと説明をしているようで、話あっち飛び、こっち飛びで、話題が尻切れとんぼになったり、いきなり周知の事実のようにみんなが知らない用語を使ったり、ほんとかいなということを共通認識のように話したりしてまるで話がわからん。エピセンターなるものをみつけたと誇ったように話すが、このエピセンターの定義がこの人の話ではまるでわからない。
「クラスターとエピセンターはまるで違うものでして」と明快に話し出してその後その説明をしてる体の話をするんだけど、エピセンターの定義も、はたまたクラスターの定義も、まるっきりわからないんですけど。児玉が悪いか、私の理解力が足りないかどっちかだと思うけど、私は科学のことについては理解力ある方だと思ってはいるんだけどな。

松本教授のキーワードは高齢者・確実・重症化

テレビのニュースに出演していた、松本哲哉国際福祉大学感染講座教授、感染学会副理事長って良く見る人も、私が考えるに「確実に重症化する」ってキーワードを絶対どこかに入れたいと思って話し始めたに違いないって思うんだ。陽性者が増えてベッドを圧迫という話になって、じゃあ陽性者は自宅待機という話で、自宅で重症化する人もいるという例のお決まりの話をして、「命を守るために、一部の方たちは高齢者になってくると確実に重症化するので」となんか文脈が通じない言い方で一気に<高齢者><確実><重症化>のキーワードを入れてきた。すごい恣意的なんだよな。

岡田晴恵はもうご勝手に

岡田晴恵行こうか。いつものPCR検査たくさんして陽性と陰性を分けないと大変なことになると言って、いつものアイデアの「自宅待機は問題がありますので、陽性者は埼玉スーパーアリーナとか幕張メッセとかに臨時の施設を作って大人数を収容したらいいんじゃありませんか」と良いアイデアでしょと、自慢そうに話していたけど、あんた陽性になったらいったい埼玉スーパーアリーナに本当に2週間泊まるつもりあるんかいと言いたくなった。

岡田晴恵はもう経済のことは考えるのやめることにしたらしく、「私はサイエンスとして自然と人間を考えて、政治は人間と人間ですから、あくまでサイエンスに特化して考えていきたい」と意味不明な説明で経済考えずにウイルス学だけ考えたいと宣言したのであった。まあ、ご勝手に。

一瞬、児玉教授を見直しそうになったが・・・

児玉教授がワクチンのことについてユーチューブで非常に興味深いことを説明していると思ったのだ。その図はひと目見たらすぐ主張が良くわかる良い図だった。

ウイルスが変異する結果、ある型のコロナに対するワクチンを接種してしまうとウイルスの型が少し変わったときに、交叉免疫というのだけど、感染した時にワクチンの記憶で抗体を作り、でもその抗体では感染したウイルスを効果的にやっつけられず、それなのにたくさん抗体ができてしまい、自分の体を攻撃してしまい、ADEとか抗体依存性憎悪とか、たぶんサイトカインストームのことだと思うけど、とにかくワクチンのせいでまずいことが起こる。なるほど児玉も興味深いことを話すんだと思って図をストップモーションにして良く見たら、図:エール大 岩崎明子 とか書いてあるのだ。なーんだ自分で書いたんじゃないんだ。
そして児玉の話すことを聞いてみたら児玉の話すことはやはりあっち飛びこっち飛びの良くわからん話だった。

あのねみんな、専門家の意見なんか鵜呑みにしては絶対だめだよ。

2020年7月23日、ケゾえもん記

【コロナ寄稿】PCR検査は感染者数の指標として使えない。(ケゾえもん)前のページ

【コロナ寄稿】安倍首相の耳にも入っている上久保教授の「日本ではすでに集団免疫獲得論」には信憑性がある(ケゾえもん)次のページ

関連記事

  1. コロナ

    コロナ閉鎖は今すぐ解除を:カリフォルニアの医師、Dr.エリクソンの主張(翻訳)

    約12,000文字の長文記事。5月8日、医師らの見解に対する…

  2. ケゾえもん

    【オペラ寄稿】メトロポリタンオペラの「魔笛」、J・テイモアの演出がすばらしい(ケゾえもん)

    ライオンキングを手がけた名演出家、J.テイモアのマジックにかかった「…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  2. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  3. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  4. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  5. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  6. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  7. 「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウン…
  8. ワイドショーに見るスケープゴートの深層心理学:人の心に潜む影…
  9. 意味のある偶然の一致、シンクロニシティ
  10. 故郷のおさななじみ自慢:LINEでつながる40年近く前のあの…
  1. 文化、音楽、本

    不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  2. スウェーデン、ストックホルム

    流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえイラストのタトゥー(…
  3. ケゾえもん

    【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエンスでございますから」…
  4. コロナ

    スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、こんな子ども時代アリ…
  5. 生活

    日本人が西洋人宅で絶対やってはいけない6つのこと:国際人になるためのお役立ちマナ…
PAGE TOP