コロナ

【コロナ寄稿】モーニングショーの玉川と岡田にとって状況は明らかに不利(ケゾえもん)

Sponsored Link

ケゾえもんイメージキャラクター

以下、ケゾえもん寄稿、1650文字。

グーグルで<ホクオ>で検索すると3ページ目で北欧Now!が出てくるようになった。すごいですね。

これなら岡田晴恵も見るかもしれない。いや、岡田晴恵が検索するのは<ホクオ>じゃなくて<岡田晴恵>か。そうするとホクオにあたるのは9ページ目ですね。しかし9ページに達するまでにすごい言われ様。
これ私の発言でないですからね。

「老いたキャバ嬢」
「コロナ芸人」
「誰も再現できない不適切実験」(で論文書いた)
「予想を外した岡田晴恵の言い分」
「バカのクラスター」
「読者は玉川・晴恵のペテンを見抜いている」
ディヴィ夫人、「気分が悪くなります」

もう岡田晴恵は他の人に任せておいて大丈夫なのかな?

※ホクオ注:岡田晴恵氏についての最初のケゾえもん寄稿、「ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエンスでございますから」が許せない」を公開したのは、3ヶ月前の2020年5月18日。お茶の間で多くの人が神妙に岡田晴恵氏の話に耳を傾けていた頃、ケゾえもんが岡田晴恵をばっさり斬り、岡田晴恵という名前も知らなかったホクオが調子に乗って遊んだのだった。あれ以来、ケゾえもんのカノジョに「藤子不二雄みたいな名コンビ?」とからかわれたり、あきれられたり、たまにはほめられたりもしながら現在に至る。


じゃあ、玉川行こう。

ケゾえもん初代イメージキャラクター

玉川は「PCR検査増やせ」「緊急事態宣言出せ」をお気楽に繰り返し言っている。こんな重大なことを言っているのに、その後の別な話題でへらへら笑っているのは許せないと思うんだけど、ワイドショーなんてそんなものかもしれない。しかしだんだんコロナのニュースとしての重要性が薄れていっているのだろう、他の話題に割く時間が多くなってきたので、へらへらが気になる機会が増えてきた。

火曜日に経済のことを中心にコロナの話題が取り上げられたが玉川の意見は、

1.経済をまわす一番の方法はコロナ感染をゼロにすることだ。

2.台湾と中国がそれに成功している。

3.徹底した対策で感染をゼロにした両国に見習って日本もこれから徹底した規制をかけてウイルスをゼロにするべきだ。

なんてたわごとを言ってたが、

1.聞きかじりの台湾事情を根拠にするな。
2.中国の統計なんてなんで信じる。
3.再び緊急事態宣言をしたらウイルスゼロにできるのか、いったい。

とだけ言って、めんどくさいから精密な反論はしない。

誰が正しいかは、時が証明するだろうけれど少なくとも玉川はこんな重大のことをテレビという影響力のある立場で押し付ける・・・・・

まてよ、ここで火曜日の玉川発言のエンディングが頭の中に蘇ってきた。
もう一度録画見よう・・・

ははぁ、上記1.2.3.の発言の結びで玉川は以下の様に言っている。

「何か間違っているんじゃないか?いくらお金を使って旅行に行ってくれっていってもだめなんじゃないか?というのがそろそろ明らかになってくる感じ。」

あれー最初気が付かなかったがけっこうソフトになってる。ちょっと前だと

「だめですよ!何をやってるかってことです。何がゴートゥートラベルかですよ!」

って言い方だったのが、こりゃ玉川ちょっと弱気になってきてますなぁ。
だって状況は明らかに玉川、岡田にとって不利だもの。
まっ時がたてばわかるでしょう。
とにかくPCR検査陽性者数が多すぎるのは認めるけど、これがなんとあまり悪さをしていない。これは事実。待ちましょうよ、どうなるかを。

ところでフランス人でマルセイユに住んでいる友人からメールが来て、今フィレンツェに遊びに来てるそうな。空いていて実に快適だそうな。あの、ひどかったイタリア、完全ロックダウンされたフランス間でもう観光旅行が解禁されているというのに驚いた。両国ともウイルスゼロになったわけでない。(ネットで両国関連の記事を検索すれば確認できる。)
これは証拠に基づいていないから可能性だけだと断って言うけれど、観光旅行を
可能にしているのは集団免疫ではないだろうか?

2020年8月19日、ケゾえもん記。


【コロナ寄稿】声を震わせながら発表された児玉説はすでにハズレている、から岡田晴恵まで(ケゾえもん)前のページ

ちっとも短くない北欧の夏:意外な事実次のページ

関連記事

  1. コロナ

    【コロナ寄稿】潔く美しく信用できる上久保説(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクター上久保説の潔さ…

  2. コロナ

    スウェーデンのコロナ対応、他国に倣わず。(ニューヨーク・タイムズ)

    ヨーロッパ中の国々が、次々と新型コロナ対策として大胆な措置に踏み切る…

  3. コロナ

    【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケゾえもん)

    ケゾえもん寄稿珠玉の名作、7000文字。ケゾえもんイ…

  4. ケゾえもん

    ブログが続いているのはケゾえもんのおかげ

    ケゾえもんのおかげでブログが続いている最近、ブログが続いてい…

  5. ケゾえもん

    【クラシック寄稿】ウィーン・リング・アンサンブルのはなし(ケゾえもん)

    このケゾえもん寄稿は前のケゾえもん寄稿の続き。ケゾえもんイメ…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  2. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  3. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  4. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  5. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  6. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  7. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  8. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  9. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  10. 「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウン…
  1. コロナ

    「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えない日本
  2. コロナ

    報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに心配するのか→心配な…
  3. コロナ

    【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケゾえもん)
  4. 文化、音楽、本

    【保存版】30-Day Song Challenge:音楽にうる星やつらの厳選ソ…
  5. 生活

    知られざるブロガーとYoutuberの世界
PAGE TOP