【クラシック寄稿】ピアノ教師のお母様がポリーニの演奏に感激しなかった理由を35年経って知る(ケゾえもん)

ケゾえもんイメージキャラクター

ポリーニの訃報で蘇るバブル期の記憶

マウリツィオ・ポリーニが3月23日に82歳で亡くなった。ポリーニへの追悼文はあちこちに出てるから、私は自分自身のポリーニ体験について語りたい。

最初にポリーニを聴いたのはおそらく35年ほど前。年に50回くらいコンサートに行っていたころ、このころはバブル期でどんどん有名演奏家が来日公演してくれていた時代。この時代にクラウディオ・アラウ、スヴャストラフ・リヒテル、アルトゥーロ・ミケランジェリなどの巨匠たちの生演奏を体験できた。

特に記憶に残ったのはアラウで、あの東京文化会館に鳴り響いた聞いたこともない様な音色にどんな魔法だとびっくりさせられた。アラウはホールをピアノといっしょに鳴動させる特殊技術を持っている。当日、ピアノ教師をされている友人のお母さまともいっしょで、コンサートの後、食事をして「よかったねー」という話で盛り上がった。

35年前のポリーニ来日コンサート

そのあと、たぶんKAJIMOTOの招聘だと思うけど、ポリーニが来日するというニュースが入ったので友人たちの希望を聞いて私がチケットを取った。当時はインターネットなどこの世になく、すべて電話予約だったからがんばって電話して全員分のチケットを確保した。友人のお母さまは「ポリーニが聴けるなんて!」と大感激していた。

ちょっと演奏会の詳細はおぼえていない。曲目もおぼえていない。会場も東京文化会館、厚生年金会館、NHKホールではないことはおぼえている。サントリーホールはたぶんまだなかった。それで会場もどこだったか覚えていない。

前半で大感激して、休憩時間に離れた席のピアノ教師のお母さまのところに行って、「すばらしかったですね」と言ってもアラウの時と違って反応が悪い。演奏会の後にみんなで食事に行ったが、その時も割りと沈んでいたような気がする。観察すると「ポリーニすばらしい」という話にはいっさい乗ってこなかった。私はそのとき「ははーん、お母さまは昔のポリーニを知っていて、それと比べてがっかりしているんだな」と想像した。だけど「現在あれだけすばらしいんだからがっかりするのはないよな、度量が低い」と密かに思った。

20年前にポリーニが来たときは楽屋にも入った

ポリーニと言えば、思いだすのが、いま調べると2002年11月6日のサントリーホール。
「ポリーニプロジェクト」という名前のコンサートが行われた。

その時ポリーニと共演したのが、アンサンブルウィーンベルリン、ウィーンフィルとベルリンフィルの首席奏者の集まりというのが売りの楽団。わたしが知り合いになっていたウィーンフィルの首席フルーティストのウォルフガング・シュルツさんもメンバーだった。私は友人夫婦とこのコンサートで一緒で、この夫婦はわたしよりずっとシュルツさんと懇意にしていた。奥さんの方はウィーン行ったときにシュルツさんの別荘にまで泊まっている。

この友人夫婦が何かの用事で休憩時間にシュルツさんに会いに行くというので、私もついていった。サントリーホール1階左手廊下の奥が楽屋への入り口になっていて、そこにシュルツさんが出てきて、「中に入れよ」と言ってくれた。いいのかなと入ったら広い部屋があって、反対側には難しい顔をしたポリーニがいた。私はただただ怖かったが、シュルツさんはへっちゃらな顔をしてペチャクチャしゃべっていた。私はポリーニの機嫌をそこねたら大変だと、早くここから脱出したいと心から思った。

たぶん1960年ごろのポリーニの演奏

ところでユーチューブは私の好みを察知して、時々興味深い画像をお勧めしてくれる。昨晩その中にポリーニ演奏のベートーベンコンチェルト5番があることに気が付きそれを再生してみた。これか!と何十年ぶりに納得した。お母さまがあの晩にポリーニに求めていたのはこの鋼鉄の演奏だったのだ。すばらしいの一言だね。いつの映像だろう?ポリーニはすごく若い。おそらく1960年ごろ、というとポリーニがハイティーンだった頃だろう。

指揮者も若すぎて最初わからなかったけど、良く見るとアバドだった。このころポリーニはこの鋼鉄の演奏ができたんだろうね。お母さまは、どこかでこの鋼鉄の演奏を聴いた経験があったのじゃなかろうか?これを求めて演奏会に行ってこれを聞けなかったなら、そりゃがっかりする。

あの晩は他の人もいるし「今日の演奏会は気にいらなかったのですか?」という話題を出すわけにいかなかったから真相はわからない。鋼鉄の演奏というのがどういう演奏か説明すると長くなる。興味あるならユーチューブで。

ケゾえもん



【ケゾえもん映画寄稿】映画「エルビス」を観た前のページ

【クラシック寄稿】わたしが若い頃のポリーニをアイアンマンと呼びたい理由(ケゾえもん)次のページ

関連記事

  1. コロナ

    【コロナ寄稿】東京都またマンボウ要請でやれやれ、まいったぜ(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクター「まんぼうだとわからなくなるん…

  2. コロナ

    【コロナ寄稿】イーロン・マスクも私も人々の非合理的な態度に失望した(ケゾえもん)

    今回のパンデミックで目の当たりにした人々の合理的でないといえる態度は…

  3. ケゾえもん

    【ケゾえもんオペラ寄稿】メトロポリタンオペラの「魔笛」、J・テイモアの演出がすばらしい

    ライオンキングを手がけた名演出家、J.テイモアのマジックにかかった「…

  4. コロナ

    【コロナ寄稿】菅総理はせめて緊急事態宣言を骨抜きにしてほしい(ケゾえもん)

    「正月に気分が悪くなりたくないので、あまりニュースを見ていない」ケゾ…

最近の記事

人気記事

  1. 骨折したときは腕を吊らないでください(スウェーデン医療)
  2. 【ケゾえもんコロナ寄稿】2020-2023 コロナ専門家たち…
  3. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  4. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  5. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  6. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  7. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  8. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  9. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  10. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  1. マスク

    新マスク習慣の功罪:メイク・髭剃り不要、でも人間関係は希薄に?
  2. コロナ

    【コロナ寄稿】高齢ならコロナで死ぬのもそんなに悪くない(ケゾえもん)
  3. マスク

    聴覚障害の人にも朗報の透明マスク発売中
  4. コロナ

    【コロナ寄稿】モーニングショーはもう見ないけど、ちらりと見たら玉川徹の人相が悪く…
  5. ケゾえもん

    【ケゾえもん寄稿】人間が自然界で自然に発生したと考えるのは無理がある
PAGE TOP