スウェーデン国王、コロナ政策失敗お騒がせ発言

Sponsored Link

2020年12月18日、スウェーデン国王がスウェーデンの新型ウィルス政策は失敗だったと述べたというニュースが世界中に流れた。

この件に関するスウェーデン在住者の反応は、宮川絢子医師のツイートを引用して紹介するのがいちばん適当だと思う。宮川絢子氏はストックホルム随一の大学病院の第一線で活躍する外科医で、スウェーデンのコロナ対策報道では頻繁に日本のメディアに登場しているのでご存知の方も多いだろう。当ブログでも何度か記事にしている

以下は抜粋。詳細はツィッターの原文を参照していただきたい。

国外のメデイアは、「国王は、スウェーデンが失敗したとコメントした。」とこぞって報道し、反スウェーデンだけでなく、自粛波などのプロパガンダとして利用されている。困ったものである。

スウェーデン国内では、「また国王が何か言っているな。」程度で、あまり深く考えている人は少ないと思いますが、国外への影響は大きかった。

宮川絢子氏のツイートより

またこのようなコメントもあった。

エキスパートは、「非常に問題のある発言だ。」と発言。 国王の発言は、この国家的危機において、不要な政治的軋轢を作り出した。 それだけでなく、国王の発言は、「憲法(SOU1972:15)に抵触している」可能性がある。国王は、政治的発言をしてはいけない。

宮川絢子氏のツイートより
宮川絢子氏のツイートに掲載の画像

周りのスウェーデン人は、スウェーデン国王が周りに指示されて言わされたのは明らか、あの国王が自らわざわざそんな発言をするはずもないと鼻で笑っていた。

スウェーデン国王のコロナ失敗発言については以上。

続いて、宮川絢子氏がリツイートしていた別の医師のツイートに目が留まったのでついでに紹介する。

宮川絢子氏のリツイート情報

今回のコロナ禍で、「この世界のほとんどが利権で動いてる」って事に気づいた人が国民の0.1%から1%に増えただろう。ワクチンがらみを筆頭に様々な理由で「コロナが怖い」方が利益になる集団がいっぱいある。コロナ恐怖をなんとかワクチンが出来るまで引き延ばせればいい。政治もTVも動かされている。

2020/12/18 萬田緑平@ryokuhei

以下は、上の萬田氏ツイートへのコメントより抜粋。

oneさん
そうですね。コロナ全体主義により、裏の資本の存在をはっきりと認識できた。 そう言う意味では、私は0.9%に属するのかもしれません。
okaさん
コロナ禍での私の一番の収穫は、その1%になれたこと。これから先、しっかり眼を開けて見て、考えていこうって思います。
nag-OYAJI-nさん
私も「1%組」に入れて下さい。
タートル175さん
こんなにも簡単に洗脳されやすくなってる人だらけということに、びっくりしてる日々です。
まりあさん
1%ですかあ。30%くらいになってほしい。
武蔵さん
大したことないコロナにこれ程大騒ぎしているのは誰かの利権、利益になるのでしょうね。それに医学界の主流派が関わっているのは悲しいけれど事実でしょう。萬田先生のようなまっとうな医者が少数派というのがどうしても納得できません。先生頑張ってください。
ホクオ
宮川先生も頑張ってください!

ストックホルムの12月:2020コロナのノーベル週間終わる前のページ

【コロナ寄稿】英首相の「危険”かもしれない”発言」とか日テレ社会部記者の無意味な解説とか(ケゾえもん)次のページ

関連記事

  1. コロナ

    【コロナ寄稿】NHKのコロナニュース(10/16)に頭にきたから緊急に書く(ケゾえもん)

    今、ストックホルムでいちばん古いお寿司屋さんでおいしいお寿司を食べて…

  2. コロナ

    トランプを挑発するスウェーデンの新型コロナウィルス戦略(おまけ:ミニ米文化講座)

    地続きの近隣諸国が都市封鎖をしているのにも関わらず、スウェー…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  2. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  3. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  4. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  5. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  6. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  7. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  8. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  9. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  10. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  1. スウェーデン、ストックホルム

    2020年夏至(ミッドサマー)の思い出:スウェーデンは湖水浴場の宝庫
  2. スウェーデン、ストックホルム

    サンタクロースの町の近くで夏にトナカイたちを見て考えた
  3. 文化、音楽、本

    ムーミン
  4. スウェーデン、ストックホルム

    ちっとも短くない北欧の夏:意外な事実
  5. コロナ

    トランプを挑発するスウェーデンの新型コロナウィルス戦略(おまけ:ミニ米文化講座)…
PAGE TOP