欧州歌合戦2012でスウェーデンロリーンのユーフォリアが優勝


スウェーデン人歌手が、2012年5月26日、「ユーロビジョン・ソング・コンテスト2012」にスウェーデン代表として参加し、欧州26カ国の中から、優勝しました。

スウェーデン代表を決めるために3月に行われた歌合戦の生中継は、スウェーデンの国民的歌番組で、その日以来、この歌手と歌は、一躍、注目の的となっていましたが、ここ最近、店頭に並んでいる週刊誌の表紙が、この人の顔だらけだったのも、昨日のこのコンテストを控えてのことだったのです。

ユーロビジョン・ソング・コンテスト(Eurovision Song Contest)は、1956年以降、毎年開催されている、世界的に見ても長寿のテレビ番組のひとつで、その視聴者の数は、1億人から6億人程度と見積もられているそうです。

ロリーン(Loreen)は、モロッコ人の両親をもつ、1983年生まれの28歳。

以下が優勝した曲、Euphoriaです。


「忙しい」「時間がない」をやめる9つの習慣前のページ

5月のスウェーデン、もう夏休み気分次のページ

関連記事

  1. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデンのミッドサマーデイ(夏至祭)、白夜の国の極めて大事な祝日

    今年もスウェーデンにミッドサマー(夏至祭)がやってきた。早くも1年が半…

  2. 文化、音楽、本

    ムーミンと作者トーベ・ヤンソン

    2020.10.8加筆 (4700文字)。(初公開2011年9月、サイ…

  3. スウェーデン、ストックホルム

    ストックホルムの12月:2020コロナのノーベル週間終わる

    2020年コロナで授賞式が中止になったノーベル週間の光の祭典イベント…

follow us in feedly

最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  2. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  3. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  4. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  5. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  6. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  7. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  8. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  9. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  10. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  1. スウェーデン、ストックホルム

    流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえイラストのタトゥー(…
  2. スウェーデン、ストックホルム

    ちっとも短くない北欧の夏:意外な事実
  3. コロナ

    【コロナ寄稿】聞いてあきれた5月29日記者会見:コロナ専門家委員会の隠蔽体質の証…
  4. スウェーデン、ストックホルム

    ストックホルムで本格寿司懐石:日本で修行したバングラディシュ人寿司職人の店、Mi…
  5. コロナ

    脚本で振り返るコロナ騒動:ケゾえもんシネマ「Covid19」 第6話
PAGE TOP