「忙しい」「時間がない」をやめる9つの習慣


昔は、日本に帰ると本屋に日参し、あれも読みたい、これも読みたいと大量に買って、重さを気にしながら運べるだけの本を外国に持ってくる、というのがお決まりでしたが、いつの頃からか、それをしなくなりました。
本を読む時間が、なくなってしまったからです。

ここ数年は、仕事関係以外で読むものといえば、いただきものの本か、とくに勧められた本だけだったので、今回、日本で買ってきたこの本は、久しぶりに衝動買いした本です。

“「バタバタしています」は仕事ができない人の口ぐせ!?”という、新聞広告のことばが、「えっ、それってわたしのこと?」とグサリと響きました。

「私は医師で、大学教授で、経営者で、作家で、映画監督ですが、時間がないと思ったことはありません。」・・・広告は続きます。
なんとも挑戦的な、しかし気になる言い分ではありませんか!
著者は精神科医の和田秀樹氏。

いわゆる「マニュアル本」ですが、帰りの飛行機で読んで、なかなか参考になりました。

フィンランドのヘルシンキに向かうその飛行機で、隣の日本人男性はこのブログでも紹介したスウェーデン人作家の「ミレニアム」を読んでいました。

会社のリフレッシュ休暇を使って、ひとりでフィンランドにオーロラを見に行くとのことでした。わたしはまだ見たことがありませんが、オーロラが見えるかどうかは運次第。彼は見えたでしょうか。

続報・冷えとり生活前のページ

欧州歌合戦2012でスウェーデンロリーンのユーフォリアが優勝次のページ

関連記事

  1. 日本

    【保存版】倉敷市児島、地元民の口コミグルメ情報

    (2020年11月16日更新)初めて倉敷に行くことになったダッチさん…

  2. 日本

    日本製品の注意書き

    日本の「チープ文房具」の質の高さは、世界一だと思います。100円で買…

  3. ケゾえもん

    【ケゾえもん寄稿】2023年1月、渋谷駅山手線のホームが広くなった

    (2023年1月10日、ケゾえもん記)山手線を2日間運休させ…

  4. 日本

    日本人のための日本語検定

    最近の大学生は「日本語検定」を受けて、それが大学での単位になると聞いて…

  5. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデンの宮川絢子医師より日本の医療システムへの提言

    宮川絢子医師の、読んでためになる長編記事を抜粋して紹介する。(5,1…

  6. 日本

    冷えとり生活

    前回、帰国したときに「冷えとり」ということばを知ってから、「冷えとり…

follow us in feedly

最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  2. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  3. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  4. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  5. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  6. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  7. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  8. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  9. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  10. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  1. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデン葬儀事情、納骨編:ドイツ人の義母はスウェーデンで永遠の眠りについた
  2. コロナ

    【コロナ寄稿】コロナ患者を受け入れている病院の数が公表されない怪(ケゾえもん)
  3. コロナ

    【コロナ寄稿】北海道の鈴木知事はもう少し我慢してほしかった(ケゾえもん)
  4. コロナ

    【コロナ寄稿】北海道、医療崩壊寸前は安全圏に居座っている輩の発言(ケゾえもん)
  5. スウェーデン、ストックホルム

    気がつけば30年、日本人夫婦が外国で定年を迎えたとき
PAGE TOP