スウェーデンの生活

5月のスウェーデン、もう夏休み気分

Sponsored Link


遅咲きの桜がついこの間、散ったばかりのスウェーデンは、さわやかなカンカン照りの日々が続いていて、人々は、もう何日も前から、真夏のいでたちで街を歩いていますが、夏になったのは天気だけではありません。早くも、夏休みムードがあちこちにただよっています。

先日、毎月一度集まりのある小さな研究会に参加したとき、「では次は9月に会いましょう。みなさん、よい夏を!」と言われてびっくりしたのですが、世の中の雰囲気が、どこも大体そんな感じなのです。

さきほど届いた地域の情報誌に載っている「図書館の夏季開館時間のお知らせ」によると、多くの図書館が丸1ヶ月閉館、中には、6月半ばから8月半ばまで、約2ヶ月間、閉館するところまであります。

ちまたでは、夏休みにどこに行くかという話でもちきりです。もちろん、数週間単位でのバカンスです。

ヨーロッパ人は、長い夏休みをとると聞くけど、本当にそんなに長いのか?と、ときどき聞かれますが、「本当に」、そんなに長いのです。それも、びっくりするほど長いのです。

たとえば、知り合いのフルタイム勤務の新聞記者男性。やっている仕事内容からしても、休みがとりにくい職業のように聞こえますが、「今年は夏休みを8週間とるので、丸2ヶ月、まったく社に行かなくてもいい!」などと、フツウに言います。もともとある5週間の休みに、数年前、とらなかったのでたまっている育児休暇の一部をくっつけるのだそうです。信じられません。

写真は、本日(日曜日)の午後、8時過ぎ。ストックホルムの住宅地で、生演奏のジャズの音が鳴り響いているのにつられて外に出てみたら、アパートの裏庭で、近所の一家が、誕生会を開いているところでした。熱唱していた誕生日のご本人が、のぞき見に行った、見ず知らずのわたしを引っ張りこんで、ワインを勧めてくれました。明日は月曜日だというのに、みんなリラックスした様子で、夜遅くまで楽しんでいるのです。

日もすっかり長くなりました。夜、9時になっても明るいので、遮光カーテンで部屋を暗くして、子どもを寝かせます。

欧州歌合戦2012でスウェーデンロリーンのユーフォリアが優勝前のページ

ケニアのマイケル次のページ

関連記事

  1. スウェーデンの生活

    ケニアのマイケル

    スウェーデン語の語学学校での授業中のこと。「10年後の自分はどうな…

  2. スウェーデンの生活

    続報・冷えとり生活

    前記事で書いたデカ靴をはいて、日本に行ってきました。街ゆく数千本の足…

  3. スウェーデンの生活

    スウェーデンの夏休み事情

    写真:ストックホルムの地下鉄今週になって、ストックホルムの街に、ど…

  4. スウェーデンの生活

    冷えとり生活

    前回、帰国したときに「冷えとり」ということばを知ってから、「冷えとり…

  5. スウェーデンの生活

    秋の夜空

    日本でも、空気の澄んでいる秋は、夜空が美しい季節ですが、北欧では、…

  6. スウェーデンの生活

    黒豆のこと

    お正月になってもあたたかく、あいかわらず白くないスウェーデンです。…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  2. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  3. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  4. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  5. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  6. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  7. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  8. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  9. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  10. 「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウン…
  1. 生活

    日本人が西洋人宅で絶対やってはいけない6つのこと:国際人になるためのお役立ちマナ…
  2. コロナ

    スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、こんな子ども時代アリ…
  3. コロナ

    【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケゾえもん)
  4. 人間ウォッチング

    流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえイラストのタトゥー(…
  5. こころ・心理学・ユング

    親になって知ったことは、親のありがたみより子のありがたみだった
PAGE TOP