手ざわり抜群、スウェーデンBukowskiのぬいぐるみ

「スイスで、プレゼント用のマスコットを買ったら、メードインスウェーデンだった。フワフワで手触りがすごくいい!」と仕事関係のお客さんに教えてもらって、このブランドを知った。

早速、プレゼント用に一つ買ってみたら、本当に手触りがよくて、それを見た小学3年生の息子も欲しがった。

話がそれるが、スウェーデンの小学3年生は、まだぬいぐるみで遊ぶ。「今日はぬいぐるみを学校に持って来ていい日」があったり、学校でのお泊り行事では、持ち物リストに「ぬいぐるみ」が入っていたりして、そういう日は、「誰を連れて行こうかな」と真剣に悩んでいる。

話を戻し、Bukowskiオフィシャルサイトを開くと、このように、クマがいっぱい。


テディベアといえば、なんといってもドイツのシュタイフ社のクマが有名だが、ちょっと変わったところで、スウェーデンブランドもいいかもしれない。イタリアのフィレンツェで見つけて買った人のこんなブログもあった。「見ても可愛いけど。。触るとフワフワ〜〜〜〜超可愛いです♥️」と、やはり手触りに反応している。 

夏のホリデイシーズン開幕のゴングが鳴る:スウェーデンの高校の卒業式前のページ

知られざるブロガーとYoutuberの世界次のページ

関連記事

  1. スウェーデン、ストックホルム

    気がつけば30年、日本人夫婦が外国で定年を迎えたとき

     外国に住んでいる日本人の事情はいろいろだが、子供のアイデンテ…

  2. スウェーデン、ストックホルム

    凍った湖で寒中水泳:スウェーデンの日常風景

    2021年2月6日氷点下10度のストックホルムで、昼と夜の2回外にち…

  3. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデンの夏休み事情

    写真:ストックホルムの地下鉄今週になって、ストックホルムの街に、ど…

  4. スウェーデン、ストックホルム

    解雇や隔離、ワクチン拒否の高いツケ:欧州で高まる同調圧力

    ※2021年7月7日、追記。スウェーデンでも「ワクチン、もう…

  5. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデンの宮川絢子医師より日本の医療システムへの提言

    宮川絢子医師の、読んでためになる長編記事を抜粋して紹介する。(5,1…

  6. スウェーデン、ストックホルム

    ケーキのデコレーションアイディア北欧風

    Iittalaアウトレットからの広告メールに載っていた写真のケーキの…

follow us in feedly

最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  2. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  3. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  4. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  5. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  6. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  7. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  8. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  9. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  10. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  1. コロナ

    脚本で振り返るコロナ騒動:ケゾえもんシネマ「Covid19」 第6話
  2. コロナ

    【コロナ寄稿】尾身茂の責任逃れ根性には頭が痛い:北海道は今、危機か(ケゾえもん)…
  3. スウェーデン、ストックホルム

    コロナ対応の甘かったスウェーデン、北欧内で村八分:不可触民扱いされ隣国に行けない…
  4. スウェーデン、ストックホルム

    流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえイラストのタトゥー(…
  5. コロナ

    【コロナ寄稿】人々が思考停止しゾンビ化した今、株を買うチャンス!(ケゾえもん)
PAGE TOP