【コロナ寄稿】ワクチン有効率について数式を使わずもう一度解説する(ケゾえもん)

Sponsored Link

ケゾえもんイメージキャラクター

「ワクチンの有効率について再度書く」

(文=ケゾえもん)
私は記事を書くと私のガールフレンドの意見を聞くのを楽しみにしている。
ところがこないだの記事(2021/1/21 スウェーデンワクチン死16人+ケゾえもん)は読んでいないという。なんとならば数式みたいのが書いてあったので最初からつまらないと思ってしまったからだと言う。なんということ・・

しかし、この記事いろいろ、いいとこ突いてると自分では思っているので少しテコ入れ記事を書かせてもらう。読んでもらわないとしょうがないので今回はいっさい数式を使わない。

ワクチンの有効率と言ってしばしば、ニュースやニュースショー、ワイドショーで解説がされてきたけれど、いまいちピンとこなかった。
たぶん解説する方も良くわかっていないからそうなると思う。
それで私は本気になり、いつくかのワクチン有効率の記事を読んでなるほどそういうことかという結論に達したのでそれを数式化して発表したわけだ。
同じことの繰り返しになるかもしれないが、今回は数式を使わず説明する。

製薬会社がワクチンの有効性を確かめる試験をするとき、ある一定のボランティアが参加するわけですよ。そのボランティアの数を仮に2000人とする。その2000人を1000人づつ2群に分けて1000人には偽ワクチン、1000人には本当のワクチンを注射して比べる。
偽ワクチンの群れから100人感染者が出て、本当のワクチンの群れから5人の感染者が出た場合、以下の結論になる。

1.ワクチンを注射しなかったら100人がコロナになった。

2.ワクチンを注射したら5人がコロナになった。従ってワクチンは95人がコロナになるのをふせいだと言えるのではないか?

3.100人のうちの95人は95%であり。これをワクチン有効率と定義しよう。

上記の1.2.3.で言ってることはわかるでしょ?製薬会社はこういう理屈を言っているわけだ。でもなんか釈然としないんだよな。
だってこの定義で言えば、たとえばボランティアが2万人参加のときで、1群から100人、2群から5人コロナ患者が出たとしたら同じ有効率95%になるわけだ。この場合、ワクチン接種したにも関わらず1万人の中から5人コロナ患者が出たわけだけれども、それと1000人の中から5人コロナ患者が出た場合と同じ評価になるというのは、わたし釈然としないんだよなぁ。

だから有効率95%ですと製薬会社が高らかに宣伝し、アメリカのドクターファウチが「95%と言うのは思っていたより随分良いワクチンができたものだ」という意味のことを言ったりすると騙されないぞ、騙されないぞと警戒心を持ってしまうのですが、そういう人は私だけでしょうか?

さらに、私の前回の記事で言ったことで特に心にとめて欲しいことは、製薬会社は有効性の試験をするときその指標に「感染者」を使わず「発症者」を使っているという事実。
なんで発症者を使うの?感染者なら定義は簡単、「ウイルスに感染したもの」だから。しかし発症者だと、咳をすると発症者か?喉の粘膜に炎症を起こすと発症者か?熱が出ると発症者か?それは体温何度だ?肺に影ができると発症者か?と定義が絶対より難しくなるのだ。それにもかかわらず製薬会社は指標に発症者を選んでいる。その事実をお考えいただきたい。

つまり、ある一群からコロナ感染者を見つけるにはPCR検査しかない。
しかしその目的のためにPCR検査を使うことは不適当と製薬会社が考えているということだ。なぜそう考えているか?
それは私の記事「なぜ疫学調査にPCR検査が不適切なのか」をお読みいただければわかると申し上げている。

さて、私のガールフレンドは今回の記事なら読んでくれるでしょうか。

(2021/1/23 ケゾえもん記)



スウェーデンでワクチンによる死者数16人+ケゾえもんコロナワクチン寄稿前のページ

大相撲に興味なくても必見”溜席の妖精”:外国人も絶賛のスモウプリンセス (Youtubeつき)次のページ

関連記事

  1. コロナ

    トランプを挑発するスウェーデンの新型コロナウィルス戦略(おまけ:ミニ米文化講座)

    地続きの近隣諸国が都市封鎖をしているのにも関わらず、スウェー…

  2. コロナ

    【コロナ寄稿】潔く美しく信用できる上久保説(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクター上久保説の潔さ…

  3. コロナ

    【コロナ寄稿】死亡者数もいいけど重症患者数も指標に使える/みんなが洗脳されてるわけでもなさそうだ

    今回のケゾえもん寄稿の主旨は、「人工呼吸器装着者を重症患者数とみ…

  4. ケゾえもん

    【宇宙の運命1】まず宇宙の距離を測る(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクター宇宙の運命1(文=ケゾ…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  2. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  3. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  4. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  5. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  6. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  7. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  8. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  9. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  10. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  1. ケゾえもん

    【宇宙の運命2】心配なのは一兆年後の宇宙(ケゾえもん)
  2. ケゾえもん

    【宇宙の運命5】アーサー・C. クラークが特許を取らなかったのは痛恨のミス(ケゾ…
  3. コロナ

    脚本で振り返るコロナ騒動:ケゾえもんシネマ「Covid19」 第3話
  4. コロナ

    【コロナ寄稿】モーニングショーの玉川の想像力の乏しさが許せない(ケゾえもん)
  5. コロナ

    トランプを挑発するスウェーデンの新型コロナウィルス戦略(おまけ:ミニ米文化講座)…
PAGE TOP