Carl Malmstenの椅子

Sponsored Link

Carl_Malmsten_Farmor_Photo

Carl_Malmsten_Konsert_Photo

オフィス「こころの森」の小さな空間で、いちばん大切な役割を担う椅子には、カール・マルムステンを選びました。ピンクの「ファルムル」(Farmor、スウェーデン語で”おばあちゃん”の意味)2脚と、濃いピンクの「コンサート」(Konsert)1脚。新品では、とても手の出ないシロモノをすべてオークションサイトで購入したので、色は選べませんでした。(笑)

カール・マルムステン

(Carl Malmsten, 1888 – 1972)

 「スウェーデン家具の父」と呼ばれる家具デザイナー。28歳のときに、ストックホルム市庁舎の椅子コンテストで優勝し、一躍有名になり、その後、コンサートホールやお城の椅子などを手掛ける。のちに家具デザイナーを養成する学校を創立し、デザイナーとしてだけではなく、教育者としても活躍。彼の創設したふたつの学校(オロフスコーランOlofsskolanと、カペラゴーデンCapellagarden)からは、世界的に有名な家具デザイナーが数多く輩出されている。

stadhusstolen_photo
1916年のコンテストで優勝した、伝説のStadhusstolen(市庁舎の椅子)。

スウェーデンの伝統と歴史の重みを感じさせながら、今もなお「現代的」であると語り継がれる。ノーベル賞授賞式でおなじみのストックホルム市庁舎見学時には、お見逃しなく!

キノコの季節次のページ

関連記事

  1. コロナ

    スウェーデン・オンライン病院事情

    ストックホルムシルバー会、2020年5月2日のメルマガ「コロ…

  2. スウェーデン、ストックホルム

    ちっとも短くない北欧の夏:意外な事実

    北欧の人たちが大人も子供も夏は勉強も仕事もしないで遊んでばかりいると…

  3. 文化、音楽、本

    「ベターッと開脚」ベストセラー本のすごい力

     2017年1月、東京の電車の吊り広告でこの本を見るや、すぐに…

  4. コロナ

    コロナ閉鎖解除のタイミング:ニューヨークタイムズから小池百合子まで(マジメ度やや低)

    (最終更新日、2020年5月16日):ニューヨークタイムズとワシント…

  5. こころ・心理学・ユング

    空想癖のある人たち:「高台家の人々」のヒロインと村田沙耶香

    仕事で必要があって、「高台家の人々」の映画を観たら、「ラブコメディ」と…

  6. スウェーデンの生活

    欧州歌合戦2012でスウェーデンロリーンのユーフォリアが優勝

    スウェーデン人歌手が、2012年5月26日、「ユーロビジョン・ソング…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  2. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  3. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  4. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  5. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  6. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  7. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  8. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  9. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  10. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  1. スウェーデン、ストックホルム

    2011年ノーベル文学賞はスウェーデン人詩人が受賞!
  2. スウェーデン、ストックホルム

    2019年ノーベル晩餐会メニュー(写真と和訳つき)
  3. コロナ

    【コロナ寄稿】ガイアの夜明けで台湾称賛報道見たけれど(ケゾえもん)
  4. スウェーデン、ストックホルム

    【ハイジの文学寄稿】心の闇やパニック発作を扱った北欧ミステリー作家、アルヴテーゲ…
  5. スウェーデンの生活

    5月のスウェーデン、もう夏休み気分
PAGE TOP