【寄稿】ジャマイカの金メダリスト秘話:尾身茂に邪魔されなくてよかったオリンピック(ケゾえもん)

ホクオ
ケゾえもんから2週間前にいただいていた原稿です。夏休み中だったので編集業も休んで掲載が遅くなりました。

結局、東京オリンピックは競技もニュースもなんにも見ないで終わりました。
ケゾえもんイメージキャラクター

「ありがとうTokyo」

(2021年8月14日、文=ケゾえもん)

ジャマイカの金メダリストの裏話

ジャマイカの代表のハンスル・パーチメント選手が、選手村からのバスを間違えて国立競技場に行くのに、江東区の「海の森水上競技場」に着いてしまい、競技に遅刻してしまうかもしれないと競技スタッフのティヤナという若い女性に助けを求めた。

詳しくはいろいろ報道されているからそれを読んで欲しいが、ティヤナはお金を持っているか?と聞いて持っていないというハンスルに1万円を渡し、タクシーで国立競技場に行けるよう手配した。ハンスルは結局金メダルを取ってお金を返すのと金メダルを見せてお礼を言うために水上競技場に戻り、ティヤナを見つけ出し彼女を驚かせた。

ハンスルは自分が金メダルをティアナに見せにいくところを動画に撮って、自分のインスタで公開している。
https://www.instagram.com/tv/CSRl4aqhYXP/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=loading

ケゾえもん
ハンスルは劇的効果をねらって、バスに乗ってるところから動画に撮っていますが、最初に彼が話している英語部分は重要ではありません。もう少し続けてみたらティアナに金メダルを見せるシーンになります。

ティヤナは、見ず知らずの選手に1万円を渡した理由として、人生をかけて日本に来てくれた、試合に出られなければ一生後悔させてしまうかもしれないと思ったと言っている。わかっているじゃありませんか!

わかってないのは尾身茂

しかし、わかっていないのは尾身茂だよね。こいつのお陰でいったい東京オリンピックは開催されるのか開催されないのか、世界中の選手が心配させられた。尾身が言うことには「このオリンピックは開催される理由がない」だと。
なんべんも言っているが尾身は<これはコロナに人類が打ち勝った証しのオリンピックだ>と一部で言われていたことを逆手に取り、もはや理由がないと言ってしまい、自身でも(実に軽々しく)そう信じただけなのだ。ないのはただただキャッチコピーに過ぎなかったんだけどね。

尾身のおかげでもし東京オリンピックがなくなったとしたら、東京に対する怨嗟の声と恨みはモスクワオリンピックどころじゃなかったと思う。モスクワは参加できない直接の原因は西側諸国であってモスクワではなかったけれど、東京は東京の責任でオリンピック中止なんだからね、恨みは大きい。本当にひどい状況なら仕方がないと思うかもしれないけれど、最近の日本の感染状況でもし中止だったら、そんな覚悟ならオリンピック立候補してくれるなよと私が選手なら思うものね。いや、もし中止だったら東京の名前はチェルノブイリ、福島と同等の負のイメージとして記憶されたと思うよ。

(註)東日本大震災は海外では震災ではなく単に<Fukushima disaster>と呼ばれている。

いろいろあったけれど、おかげで逆にこんな大変な状況でとにかく開催してくれて東京ありがとうと思って選手たちは帰っていってくれた。オーストラリア選手団が選手村に掲げたサンキューの垂れ幕を尾身茂は見るがいい。

そして自分が正しいと思っているなら今からでも「オリンピックのお陰で大変なことになった。私が正しかったでしょ」と言って見せろよ。そんな度胸がお前にあるか?

遅刻しそうになった金メダリストに苦言

ところでこれを美談と片づけるほど私は甘くはない。ハンスルよ、どうしてバスを間違えた。前もちょっと言ったけど、こういうことでは時間に現場に到着しているということはなにより大切なのだ。バスの行先はしつこいほど確認しろよ。日本語できなくても「ナショナル・オリンピック・スタジアム?」で通じるから。それからいざという時のお金は絶対必要だよ。どうしてお金を持ってない?まあ競技中に盗まれる心配をしたんだろうけど、オリンピックチャンピオンの座と1万円とどっちが大切なの?おおらかな国柄なのかもしれないけれど、よかったよかっただけでなく私としてはハンスルには深く反省してもらいたい。

(2021年8月14日、文=ケゾえもん)



※冒頭のアイキャッチ画像の出典はこちら

【コロナ寄稿】周りに流されない私も考えた末にワクチンを打つことにした(ケゾえもん)前のページ

【2021/08/27速報】コロナはもうこわくない!デンマーク、ワクチン高接種率を理由に2021年9月10日までにすべてのコロナ規制撤廃を発表次のページ

関連記事

  1. 日本

    【保存版】倉敷市児島、地元民の口コミグルメ情報

    (2020年11月16日更新)初めて倉敷に行くことになったダッチさん…

  2. コロナ

    【ケゾえもんコロナ寄稿】またまたコロナを振り返ろう

    ケゾえもんに2週間前に寄稿してもらったのに掲載が遅くなって、すみませ…

  3. ケゾえもん

    【ケゾえもんオペラ寄稿】薔薇の騎士について語りたい その9

    (2023-10-28 ケゾえもん記)ラクゴニメというのは、…

  4. ケゾえもん

    【ケゾえもんオペラ寄稿】メトロポリタン「椿姫」のひどすぎる衣装の代案を本気で考えた

    最近見た演出のひどいオペラ「椿姫」、赤いワンピース篇(ケゾえ…

  5. コロナ

    【コロナ寄稿】北海道の鈴木知事はもう少し我慢してほしかった(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクター「北海道、すでに減少傾向?」…

  6. コロナ

    【コロナ寄稿】モーニングショーの玉川の想像力の乏しさが許せない(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクター以下、ケゾえもん寄稿。…

最近の記事

人気記事

  1. 骨折したときは腕を吊らないでください(スウェーデン医療)
  2. 【ケゾえもんコロナ寄稿】2020-2023 コロナ専門家たち…
  3. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  4. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  5. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  6. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  7. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  8. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  9. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  10. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  1. コロナ

    【続コロナ寄稿】3. 上久保教授2度目のテレビタックル出演、男らしくない二木教授…
  2. コロナ

    2021夏、日本への一時帰国、コロナ水際対策と強制隔離の実際
  3. コロナ

    【コロナ寄稿】尾身茂の責任逃れ根性には頭が痛い:北海道は今、危機か(ケゾえもん)…
  4. 雑学・雑感・その他

    マティスとモロッコと金魚
  5. スウェーデン、ストックホルム

    コロナ中とは思えないストックホルムの人混み:マスクを探せ!
PAGE TOP