ストックホルム老舗寿司屋の女将の仰天ゴスロリ趣味

今でこそストックホルムには寿司屋があふれているが、開店26年のSushi Bar Ichiban(一番寿司)は、この街にはじめてできた寿司専門店。開店2年後に夫が病気で倒れて以来現在までずっとこの店を切り盛りしている美魔女の女将は、店の経営の傍で3人の子供も立派に育て上げた。長子は現在26歳。


【写真】ストックホルムの中心街を闊歩する女将。ATMの前に立つ男性の視線にご注目!

男性の表情にズームイン。 → 写真提供者からNGが出たので、元画像を削除してイメージ画像に差し替え。

残念ながらお蔵入りした元画像はこの記事の見せ場だったので、公開初日に見て褒めてくれたおよめコメントを未練がましく残しておく。

およめ
女将を凝視する男の人をアップで切り取るセンス、爆笑しました。

【写真】2020年9月某日の女将のファッション。バッグにご注目!

バッグにズームイン。


大阪人の女将はもともとお洒落に関心があったが、高校生の頃はかっこよさを求めて大人っぽい黒い服ばかり着ていたという。30歳ごろゴスロリにハマったのは、ゴスロリが自分に馴染みのある黒を基調としながら、昔できなかった可愛さを追求できる世界だったから。

店に立つ女将は、こんなハイカラな趣味を想像させない純和風の寿司職人で、外国人が経営する他店(ストックホルムで99パーセント以上?)では滅多に食べることのできないふわっとしたシャリで寿司を握ってくれる。

およめ
ストックホルムにいた時に、こんな面白い女将の寿司屋を知らなくて残念です!

Restaurang Ichi Ban Sushi
Olof Palmes gata 29, 111 22 Stockholm
TEL: 08-10 23 12
IchiBanSushiのサイトはこちら

以下は、写真提供者(Lam Sinri)のIchi Ban Sushi紹介動画(9分、英語字幕つき)。

ゴシック・アンド・ロリータの世界

ゴスロリとは知る人ぞ知る、ゴシック・アンド・ロリータ(Gothic & Lolita)」の略称。ロリータ・ファッションというカテゴリーの中のジャンルの一つ。

ゴシック・アンド・ロリータは20代、30代になると着られないと考える者が多いため、愛好者は20代までの若い層が大半を占めるが、肌の露出が少なく体型を隠せることや、大きなリボンなどが目を引くことから着る人を選ばないため50代から60代の中高年のものも存在する。

ウィキペディアより
原宿のゴスロリ少女

【宇宙の運命7】わずか1兆年後に迎える宇宙の悲しい運命(ケゾえもん)前のページ

【コロナ寄稿】ガイアの夜明けで台湾称賛報道見たけれど(ケゾえもん)次のページ

関連記事

  1. 日本

    【保存版】倉敷市児島、地元民の口コミグルメ情報

    (2020年11月16日更新)初めて倉敷に行くことになったダッチさん…

  2. 人間ウォッチング

    LINEゆるかわ系スタンプのクリエイター、まっで

    カワイイ系からネタ系まで。有名人のオリジナルスタンプも続々登場!個性…

  3. 食、レストラン、カフェ

    ストックホルムで人気のラーメン屋、RAAMEN

    日本の懐石料理風にアレンジしたスウェーデン料理をコースで出す人気の高…

  4. 人間ウォッチング

    Kim Kyungsoo展

     ※上の画像は、Kim Kyungsooの作品ではない。…

follow us in feedly

最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  2. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  3. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  4. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  5. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  6. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  7. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  8. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  9. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  10. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  1. スウェーデン、ストックホルム

    気がつけば30年、日本人夫婦が外国で定年を迎えたとき
  2. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデン、「夏休み明け休み」が欲しい、ふざけちゃいるけどわかる気持ち
  3. コロナ

    【コロナ寄稿】医師会の会見を聞くと血圧が上がる(ケゾえもん)
  4. スウェーデン、ストックホルム

    夏といえばTed Gärdestad、スウェーデンの尾崎豊
  5. コロナ

    【コロナ寄稿】緊急事態宣言ごっこはやめなさい(ケゾえもん)
PAGE TOP