スウェーデン、ストックホルム

ストックホルムで同性愛週間用に特別の信号機の図柄

Sponsored Link

Sponsored Link

2017年7月4日付けストックホルムの日刊紙StockholmDirektによると、7月31日から8月6日の同性愛週間及びその前後の数日間にわたり、ストックホルム市内の48箇所で、96個の歩行者用信号機に、特別仕様の図柄が採用される。

これにかかる経費は100,000クローナ(約130万円)で、ストックホルム市が財政を負担する。なお、類似の信号機の図柄は、昨年ロンドンで、2015年にはウィーンでも採用されている。

※写真と記事の内容の出典(スウェーデン語):2017年7月4日付けStockholmdirekt.se

※2017年8月5日プライド・パレード(Pride Parade)の詳細は、こちら(スウェーデン語)

太陽の国スペインの太陽にご用心:息子が熱中症になった話など前のページ

生きづらい大人をつくる愛という名の過保護:ヘリコプターペアレントの弊害次のページ

関連記事

  1. コロナ

    トランプを挑発するスウェーデンの新型コロナウィルス戦略(おまけ:ミニ米文化講座)

    地続きの近隣諸国が都市封鎖をしているのにも関わらず、スウェー…

  2. スウェーデン、ストックホルム

    2019年ノーベル晩餐会メニュー(写真と和訳つき)

    2019年12月10日、ノーベル賞授賞式後に吉野彰氏が和服姿の夫人と…

  3. スウェーデン、ストックホルム

    夏といえばTed Gärdestad、スウェーデンの尾崎豊

    このコラムは2016年6月に別サイトで公開したものを移動したものです…

  4. スウェーデン、ストックホルム

    ブラッドムーン(皆既月食)と夏の終わり

    天体ニュースは(も)チェックしていないので、ストックホルムでも…

最近の記事

人気記事

  1. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  2. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  3. 「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウン…
  4. ワイドショーに見るスケープゴートの深層心理学:人の心に潜む影…
  5. 意味のある偶然の一致、シンクロニシティ
  6. 故郷のおさななじみ自慢:LINEでつながる40年近く前のあの…
  7. 空想癖のある人たち:「高台家の人々」のヒロインと村田沙耶香
  8. NHK「100歳から始まる人生」の103歳スウェーデン人ブロ…
  9. 親になって知ったことは、親のありがたみより子のありがたみだっ…
  10. 生きづらい大人をつくる愛という名の過保護:ヘリコプターペアレ…
  1. ノルウェー

    ノルウェーの北極圏で本当の白夜体験&研究レポート:白夜が2ヶ月も続くっ…
  2. ケゾえもん

    【コロナ寄稿】コロナは感染者数でなく死者数を見ろ:6月19日の死者数の異変(ケゾ…
  3. コロナ

    グーグルのGはジャイアンのG!
  4. ケゾえもん

    【コロナ寄稿】我々は西浦教授の数理疫学の集団実験に使われたモルモットだった(ケゾ…
  5. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデン、「夏休み明け休み」が欲しい、ふざけちゃいるけどわかる気持ち
PAGE TOP