文化、音楽、本

「フィンランドの教育はなぜ世界一なのか」

Sponsored Link

紹介してもらった本の紹介。

スウェーデンとフィンランドは、言語はまったく違うが文化はそっくりだ。しかし、教育システムは違う点も多く、スウェーデンで親をやっている者としては、フィンランドの方が断然よさそうに見える。この本は、親として日本の小学校も経験した著者が、フィンランドの学校教育の実情を紹介したもので、「 フィンランドの教育はなぜ世界一なのか (新潮新書)」というタイトルにずばり答える内容とは言えないかもしれないが、スウェーデンとも共通する北欧の学校事情が具体的によく描写されている。


フィンランドは、人口約550万人、北欧の地味な小国だが、2000年代以降、PISA(15歳児童の学習到達度国際比較)で、読解力や科学的リテラシーなどの多分野において1位を獲得し、世界一の教育と日本でも注目されるようになった。近年は幸福度も世界一となったフィンランド。その教育を我が子に受けさせてみたら、入学式も、運動会も、テストも、制服も、部活も、偏差値もなかった。小学校から大学まで無償、シンプルで合理的な制度、人生観を育む独特の授業…AI時代に対応した理想的な教育の姿を示す。

本文より

あとがきに書いてある「親としては、フィンランドでの子育ては、ストレスが少なく楽だった。私は受験勉強や偏差値、学力といったことに価値を感じない。学ぶことは、知的で楽しいことなのに、それが、画一的、権威主義的に行われるのは、とても残念なことだと思う。」のくだりには共感できるが、スウェーデンでまだ子育て真っ最中のホクオは、親子共にストレスが少なく楽なことが、将来、どのような結果につながるのかこわくもある。著者の24歳の息子は、仕事にもパートナーにも住居にも恵まれ、「良識のある、心優しい青年に育った」そうで、この親子にとってはいいことづくめだったようだ。

スウェーデンのユニクロ1号店、オープン日レポート前のページ

ノーベル賞2019年、財団の充実ウェブサイト次のページ

関連記事

  1. コロナ

    半沢直樹とケゾえもんと上久保教授の新刊

    2020年9月29日、加筆更新、全2ページ4,200文字。日…

  2. 文化、音楽、本

    「ベターッと開脚」ベストセラー本のすごい力

     2017年1月、東京の電車の吊り広告でこの本を見るや、すぐに…

  3. スウェーデンの生活

    欧州歌合戦2012でスウェーデンロリーンのユーフォリアが優勝

    スウェーデン人歌手が、2012年5月26日、「ユーロビジョン・ソング…

  4. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデン2017年のヒット曲、I can’t go on

    スウェーデンで毎年行われるメロディフェスティバル(Melodifest…

  5. ケゾえもん

    【音楽鑑賞寄稿】音に超うるさい人のためのオーディオ講座(ケゾえもん)

    この記事は、ケゾえもん寄稿「自宅で最高の音を出す方法」の続き。…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  2. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  3. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  4. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  5. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  6. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  7. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  8. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  9. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  10. 「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウン…
  1. 人間ウォッチング

    故郷のおさななじみ自慢:LINEでつながる40年近く前のあの日あの頃
  2. 生活

    男性必見!目の保養の季節のショートすぎるショートパンツ
  3. 人間ウォッチング

    ダーリンはアフリカ人:赤い糸で結ばれていた運命の人
  4. コロナ

    スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、こんな子ども時代アリ…
  5. コロナ

    報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに心配するのか→心配な…
PAGE TOP