文化、音楽、本

「フィンランドの教育はなぜ世界一なのか」

Sponsored Link

紹介してもらった本の紹介。

スウェーデンとフィンランドは、言語はまったく違うが文化はそっくりだ。しかし、教育システムは違う点も多く、スウェーデンで親をやっている者としては、フィンランドの方が断然よさそうに見える。この本は、親として日本の小学校も経験した著者が、フィンランドの学校教育の実情を紹介したもので、「 フィンランドの教育はなぜ世界一なのか (新潮新書)」というタイトルにずばり答える内容とは言えないかもしれないが、スウェーデンとも共通する北欧の学校事情が具体的によく描写されている。


フィンランドは、人口約550万人、北欧の地味な小国だが、2000年代以降、PISA(15歳児童の学習到達度国際比較)で、読解力や科学的リテラシーなどの多分野において1位を獲得し、世界一の教育と日本でも注目されるようになった。近年は幸福度も世界一となったフィンランド。その教育を我が子に受けさせてみたら、入学式も、運動会も、テストも、制服も、部活も、偏差値もなかった。小学校から大学まで無償、シンプルで合理的な制度、人生観を育む独特の授業…AI時代に対応した理想的な教育の姿を示す。

本文より

あとがきに書いてある「親としては、フィンランドでの子育ては、ストレスが少なく楽だった。私は受験勉強や偏差値、学力といったことに価値を感じない。学ぶことは、知的で楽しいことなのに、それが、画一的、権威主義的に行われるのは、とても残念なことだと思う。」のくだりには共感できるが、スウェーデンでまだ子育て真っ最中のホクオは、親子共にストレスが少なく楽なことが、将来、どのような結果につながるのかこわくもある。著者の24歳の息子は、仕事にもパートナーにも住居にも恵まれ、「良識のある、心優しい青年に育った」そうで、この親子にとってはいいことづくめだったようだ。

Sponsored Link

関連記事

  1. スウェーデン、ストックホルム

    サンタクロースの町の近くで夏にトナカイたちを見て考えた

    スウェーデンの国道で、たくさんのトナカイを見たレポート。つい…

  2. こころ・心理学・ユング

    空想癖のある人たち:「高台家の人々」のヒロインと村田沙耶香

    仕事で必要があって、「高台家の人々」の映画を観たら、「ラブコメディ」と…

  3. 人間ウォッチング

    Kim Kyungsoo展

    ※上の画像は、Kim Kyungsooの作品ではない。…

  4. 人間ウォッチング

    女運はなかったノーベル賞のノーベル

    アルフレッド・ノーベル(Alfred Bernhard Nobel,…

  5. 文化、音楽、本

    Uptown Funk:Youtube再生回数24億回超のヒット曲

    今、世界的に流行している音楽は、Youtubeの再生回数24億回を超え…

  6. 文化、音楽、本

    ムーミンと作者トーベ・ヤンソン

    このページは、2011年9月に、他のサイトに掲載した内容を2017年5…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. 人間ウォッチング

    ダーリンはアフリカ人:赤い糸で結ばれていた運命の人
  2. 人間ウォッチング

    一流志向のススメ:甫田鵄川の愛弟子 書家 大木水香
  3. 人間ウォッチング

    LINEゆるかわ系スタンプのクリエイター、まっで
  4. 生活

    スウェーデンの1コマ漫画「ダイエット:ビフォアーとアフターの真実」
  5. スウェーデン、ストックホルム

    ホリデイシーズン開幕のゴングが鳴る:スウェーデンの高校の卒業式
PAGE TOP