スウェーデン、ストックホルム

ノーベル賞2019年、財団の充実ウェブサイト

Sponsored Link

2019年10月9日、米国のJohn Goodenough、英国のStanley Whittinghamとともに、旭化成名誉フェローの吉野彰氏の、ノーベル化学賞の受賞が発表された。

以下は、宇宙物理学の研究者である知人からもらったメール。


日本では吉野さんがノーベル化学賞を受賞して話題になっています。しかし、こういう賞を設けて100年以上にわたって、毎年非常に厳正な調査をして、盛大な表彰式を実施するスウェーデンという国はすごいなと思います。

また感心するのは、受賞理由を非常にわかりやすく説明していること。

以下のリチウム電池の解説は、僕も勉強になりました。

(ホクオ注:英語に自信のある理系頭向け。ホクオはクリックして開けてみたもののお手上げでイラストを見ただけ。)

https://www.nobelprize.org/prizes/chemistry/2019/popular-information/

物理学賞は宇宙関係で、Mayor博士は僕も予想していましたが、Peebles博士の方は有名な先生だけど、まさか予想してなかったな。

こちらが物理学賞の一般向け解説。

(ホクオ注:英語に自信のある理系頭向け。ホクオはクリックして開けてみたもののお手上げでイラストを見ただけ。)

https://www.nobelprize.org/prizes/physics/2019/popular-information/

より専門的な解説も出ていて、それは大学院生にテキストとして勧めています。


このメールをもらい、ノーベル賞に100年以上もの歴史があることを今さら知り、改めてノーベル賞について調べてみたら、ノーベルの私生活が興味深かったので別記事にまとめた。英語に自信のない文系頭向けのページはこちら。

冒頭の写真は、ストックホルムにあるスウェーデン王立科学アカデミー

「フィンランドの教育はなぜ世界一なのか」前のページ

女運はなかったノーベル賞のノーベル次のページ

関連記事

  1. 人間ウォッチング

    型破りの新ビジネスリーダー、中田俊行氏

    最終更新日2017年6月25日:「中田俊行」ご本人による、この記事の紹…

  2. 人間ウォッチング

    スマホは現代のエイリアンか

     このイメージを見て、たしかにスマホは、現代のエイリアンかもし…

  3. 人間ウォッチング

    ダーリンはアフリカ人:赤い糸で結ばれていた運命の人

     (2017年8月27日写真追加)この夫婦に会うたびに、こんな…

  4. スウェーデン、ストックホルム

    2020年夏至(ミッドサマー)の思い出:スウェーデンは湖水浴場の宝庫

    2020年夏至祭の週末、スウェーデンは素晴らしい夏日だった。…

最近の記事

人気記事

  1. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  2. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  3. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  4. 「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウン…
  5. ワイドショーに見るスケープゴートの深層心理学:人の心に潜む影…
  6. 意味のある偶然の一致、シンクロニシティ
  7. 故郷のおさななじみ自慢:LINEでつながる40年近く前のあの…
  8. 空想癖のある人たち:「高台家の人々」のヒロインと村田沙耶香
  9. NHK「100歳から始まる人生」の103歳スウェーデン人ブロ…
  10. 親になって知ったことは、親のありがたみより子のありがたみだっ…
  1. こころ・心理学・ユング

    生きづらい大人をつくる愛という名の過保護:ヘリコプターペアレントの弊害
  2. 生活

    墓じまい、父の終活
  3. ケゾえもん

    【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケゾえもん)
  4. 生活

    男性必見!目の保養の季節のショートすぎるショートパンツ
  5. 人間ウォッチング

    ダーリンはアフリカ人:赤い糸で結ばれていた運命の人
PAGE TOP