ケゾえもん

【コロナ寄稿】厚生労働省のデータ分析、鍵を握るのは死亡者数(ケゾえもん)

Sponsored Link


ケゾえもん氏によると、「ハイリスクグループが死ななくなる日」を今回のコロナの季節の終焉と見なせるが、残念ながらまだその日は来ていないようだ。以下、厚生労働省のコロナデータを分析・考察したケゾえもん氏にご寄稿いただいた。

おもしろいことに気が付いた。
東洋経済のホームページで見れる厚生労働省のデーターをグラフ化したコロナのページで、先ずPCR検査陽性者数の累計グラフを見ると見事に横ばいになっている。

ところが死者数累計グラフを見ると一時関数的に直線になっていて横ばいになる傾向はない。

これは何を意味するのか?
しばらく考えて以下のことを思いついた。

先ず、コロナ感染ではハイリスクグループと安全グループがいるとする。
安全グループはコロナにかかっても結局は治ってしまう。
しばしば、マクロファージやナチュラルキラーがウイルスを食べてしまうので抗体すらできないで治ってしまう。
このグループは、季節性の理由によりウイルスが減った場合には、すぐに感染する確率が減る。

ところでハイリスクグループは、ちょっとコロナが体に入ってきたらあっさり死んでしまうグループである。
すぐ重症化して、気管挿管になり、しまいにエクモにつながれ、サイトカインストームになり全身の血管をやられ、血管で作られているところの臓器がやられ多臓器不全で死ぬ。

このグループは世の中のウイルスが多少、少なくなっても関係ない。
ちょっとウイルスが入ると死んでしまう。
このグループが感染する確率の重要ファクターは、たとえば「感染者の訪問を受ける」、「外出する」、「ウイルスのいるところで深呼吸してしまう」、
などなどの総合確率である。

だからハイリスクグループはよっぽど世の中のウイルスが少なくならないと
死ぬ確率が減らない。逆にこのグループが死ななくなるということは、よくよく世の中のウイルスが減ってきたときと考えてよい。

私は本日よりこの死亡者累計数のグラフを楽しみに見ていきたいと思う。
もしこのグラフが、一時関数的上昇より外れて横ばい傾向を見せれば、
その時はよくよくウイルスが減ったことを意味し、今回のコロナの季節が終わったことを告げていると言って良いだろう。

2020年5月20日現在、残念ながらこのグラフは横ばい傾向とは言えていない。
(ケゾえもん、記)

ホクオ
ケゾえもんさん、ありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

  1. コロナ

    スウェーデンの葬儀━コロナの中で

    スウェーデンで義母の葬儀を経験した。コロナでロックダウン中の…

  2. コロナ

    コロナ閉鎖は今すぐ解除を:カリフォルニアの医師、Dr.エリクソンの主張(翻訳)

    約12,000文字の長文記事。5月8日、医師らの見解に対する…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデン、「夏休み明け休み」が欲しい、ふざけちゃいるけどわかる気持ち
  2. 人間ウォッチング

    Kim Kyungsoo展
  3. ケゾえもん

    【コロナ寄稿】スウェーデンを憂い、日本集団ヒステリーの団体責任を問う(ケゾえもん…
  4. 人間ウォッチング

    スマホは現代のエイリアンか
  5. 人間ウォッチング

    故郷のおさななじみ自慢:LINEでつながる40年近く前のあの日あの頃
PAGE TOP