【続々コロナ寄稿3】ヨーロッパで今なにが起きているのか(ケゾえもん)

2020年10月29日付、ケゾえもん寄稿。前ページからの続き。(1,400文字)

ケゾえもんイメージキャラクター

ヨーロッパで今なにが起きているのか?

ホクオ
今日はいよいよヨーロッパの話が出てきます。

(文=ケゾえもん)

グラフの再掲を繰り返して恐縮だが私が以前つるべ落としグラフとして上久保教授の著書から引用したグラフを再掲する。
これは死者 − 死者グラフでグラフの説明はすでにしてあるので私の過去記事をお読みいただければと思う。

一口に言うとある国でのコロナの死者の死んで行く様子とその規模をこのグラフは現している。

このグラフが作られた7月14日においてこのグラフに掲載されているすべての国において死者の規模の拡大が突然に止まっており(7月14日に突然とまったのではない。7月14日までにという意味)これは集団免疫完成を現しているというのが、このグラフの主張である。

ところが困ったことにこの7月14日以降も各国で死者がまったくゼロになったわけでなくちびちびちびちびと増えている。
その結果フランスでは遂に1日死者が500名になる日が出てしまい医療崩壊を危惧してロックダウンが10月30日から1ヶ月間されてしまうらしい。

では7月14日時点でいったんほぼゼロ(まあゼロとは言わないがかなり減った)になった死者数がどういう風に増えたのかこのつるべ落としグラフに書き入れてみよう。

全部の国をするのはめんどくさいので日本とスイスとイタリアの3国で勘弁して欲しい。1週間ほど前の(もう今日のを改めて調べるのはめんどくさい)統計では

スイスの死者数は1980人 人口は857万人
イタリアの死者数は37700人 人口は6036万人
日本の死者数は1500人 人口は1億2000万人

グラフによれば7月14日において人口100万人あたり

スイスでは200人、イタリアでは600人、日本では8人死んでいる。

そして上記から計算すると

スイスでは225人、イタリアでは624人、日本では10人今現在死んでいる。

つまりスイスは7月14日以降、25人増えて、イタリアは24人増えて、日本は2人増えたことになる(人口100万人あたりね)

それで検討つけて増えた分をグラフに書きこむと矢印でしめしたところにある赤鉛筆で書いた線になる。(右下)

まあ検討で書いたけどこのちょっぴりの部分が増えた死者なのだ。

確かに医療崩壊しては困るのだろうけど、それはそうなんだろうけど増える量は今やそんなに脅威ではないのだ。なぜならみんな免疫を持っているからだ。

いやヨーロッパの多くはロックダウンした結果、それで守られた結果いまだ免疫を持っていない人が、たとえば5%とか3%とか残っている可能性がある。このコロナ、余計なことをするとあとでいつも困ることになるのだ。

このことをもっと資料で説明しよう。

<つづく>

2020年10月29日、ケゾえもん記




【続々コロナ寄稿2】本邦初公開のオリジナルグラフで日本のコロナ概要を分析する(ケゾえもん)前のページ

【続々コロナ寄稿4】ヨーロッパのロックダウンが無意味な理由をグラフで解説(ケゾえもん)次のページ

関連記事

  1. コロナ

    スウェーデン国王、コロナ政策失敗お騒がせ発言

    2020年12月18日、スウェーデン国王がスウェーデンの新型ウィルス…

  2. コロナ

    【コロナ寄稿】わたしの「日本全体コロナ感染者800万人説」(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクター「日本の総感染者数についての考…

  3. コロナ

    【コロナ寄稿】変異ウィルスなるものに物申す(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクター「変異ウイルス報道はすべてガセ…

  4. コロナ

    【コロナ寄稿】コロナ騒ぎのゆくえを予想する:尾身茂の邪魔が心配(ケゾえもん)

    尾身茂は知らないのですが、ケゾえもんの宿敵のようですね!ケ…

最近の記事

人気記事

  1. 骨折したときは腕を吊らないでください(スウェーデン医療)
  2. 【ケゾえもんコロナ寄稿】2020-2023 コロナ専門家たち…
  3. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  4. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  5. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  6. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  7. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  8. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  9. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  10. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  1. スウェーデン、ストックホルム

    Carl Larsson
  2. スウェーデン、ストックホルム

    男性必見!目の保養の季節のショートすぎるショートパンツ
  3. ケゾえもん

    【クラシック音楽寄稿】吉田秀和がホロヴィッツの演奏を「ひび割れた骨董品」と評した…
  4. ケゾえもん

    【読み物】ケゾえもんは電気羊の夢を見る その1(ケゾえもん)
  5. コロナ

    【コロナ寄稿】東京都またマンボウ要請でやれやれ、まいったぜ(ケゾえもん)
PAGE TOP