ニルスのふしぎな旅

Sponsored Link

ストックホルム空港のニルスの写真

ストックホルム、アーランダ空港の壁のニルスのオブジェ


スウェーデンの20クローナ紙幣には、片面にアヒルに乗って空を飛ぶニルス、片面に作者のセルマ・ラーゲルレーヴが描かれています。2011年9月現在約230円の価値のこの紙幣、アメリカのebayで1000円ぐらいで売られていました。スウェーデンに在住の方や旅行された方は、日本帰国時のおみやげになるかも!?

「ニルスのふしぎな旅」は、「子ども達に自分たちの国の地理を楽しく学べるような物語を」という、スウェーデン政府の依頼によって書かれたもので、ラーゲルレーヴは、ニルスといういたずら小僧が、小人になって、ガチョウと一緒にスウェーデン中を旅する、という素敵なお話を思いつきました。「鳥瞰図(ちょうかんず)」というのがありますが、まさに空を飛ぶ鳥の目線で、上空から見下ろしたスウェーデンの風景が描写されています。この本を片手にスウェーデンを旅するのもあこがれますが、この本を読むだけで、スウェーデンをすみからすみまで旅した気分になれるかもしれません。

上の写真は、「原書にもっとも近い翻訳本」とされる福音館書店の上下本です。菱木晃子による新訳で、「ニルス」生誕百周年(1906年に前半、1907年に後半が出版)を記念して2007年に出版されたこの本には、1931年版の原書のベッティール・リーベック(Bertil Lybeck)による挿絵が160枚再現されています。子供向けの本とはいえ、かなり分厚く、読み応えがありそうな本です。(買いましたが、〝積ん読”状態です。)

ニルススウェーデン語原書写真

スウェーデン語の原書は文字も小さい上、二冊に分かれていない分、日本語版よりさらに分厚い約600ページ。本棚の飾りもの。いつの日か読める日が来るのでしょうか。

セルマ・ラーゲルレーヴ, Selma Lagerlof,1858 – 1940 (享年81歳)

Selma_Lagerlöf

1858年、スウェーデンの中部、伝説や民話が数多く残っているヴぇる無ランド地方にある大地主の家に4番目の子供として生まれる。出生損傷のほか、幼いころの病気がもとで、両足が不自由になり(後年、克服。)、内向的で読書好きな子どもだった。1884年、父親の死、破産の末、一家は、家と土地を手放す。1885年、ストックホルムの師範学校を卒業し、スコーネ地方で教師の仕事に就くかたわら、作家活動への意欲を燃やす。1895年、10年間の教師生活にピリオドを打ち、作家活動に専念。1909年、女性で初めてのノーベル文学賞を受賞。

 

フェミニストとしても知られている彼女は、レズビアンで、1894年に知り合った同じく画家のソフィー・エルカン(Sophie Elkan)がパートナーでした。ふたりは互いに相手の作品に対するよき批判者でもあったということです。英語のWikipediaには、その後、ラーゲルレーヴの助手になった教師のヴェルボーグ・オランダー(Valborg Olander)に、エルカンが嫉妬して、関係がこじれた・・・という内容が載っています。

Selma_Lagerlof_1928

紙幣に描かれているのが、この時のラーゲルレーヴですね。

 

ムーミン前のページ

アストリッド・リンドグレーン次のページ

関連記事

  1. 雑学・雑感・その他

    人工知能(AI)と人間の連携サービスに大満足:チャットボットとの会話

    (2020年10月18日加筆・修正)これからどんどん主流になってくる…

  2. 文化、音楽、本

    日本人アナウンサーのプロ根性動画が外国人に大評判

    西洋人から、日本人アナウンサーの16秒の動画が送られてきた。入ってき…

  3. ケゾえもん

    【映画寄稿】「ベン・ハー」5、イエスが起こした奇跡、私のお気に入り (ケゾえもん)

    教養あふれるケゾえもんによる「ベン・ハー」に関係ない話の多い楽しい読…

  4. 文化、音楽、本

    Uptown Funk:Youtube再生回数24億回超のヒット曲

    今、世界的に流行している音楽は、Youtubeの再生回数24億回を超え…

  5. スウェーデン、ストックホルム

    Carl Larsson

    カール・ラーション, 1853-1919 (享年65 歳)※以…

  6. 文化、音楽、本

    ムーミン

    ムーミンの作者は、フィンランド人ですが、スウェーデン系フィンランド人で…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  2. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  3. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  4. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  5. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  6. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  7. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  8. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  9. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  10. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  1. 文化、音楽、本

    Henning Mankell
  2. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデンのミッドサマーデイ(夏至祭)、白夜の国の極めて大事な祝日
  3. コロナ

    【コロナ寄稿】山中伸弥氏も大衆のコロナ不安を煽って集団ヒステリーに一役買った(ケ…
  4. マスク

    新マスク習慣の功罪:メイク・髭剃り不要、でも人間関係は希薄に?
  5. コロナ

    【コロナ寄稿】医師会の会見を聞くと血圧が上がる(ケゾえもん)
PAGE TOP