ケゾえもん

【コロナ寄稿】東京アラート、赤い都庁を恐れるべからず:木を見ず森を見よ(ケゾえもん)

Sponsored Link

東京アラートが発令されても「みなさん、安心してください!」とケゾえもんは言い、その根拠をサイエンスでわかりやすく解説する。

この記事の趣意は、コロナ不安を煽る日本のマスコミの偏った情報を鵜呑みにせず、別の意見にも耳を傾けてはどうかというものです。文中、敬称略。

サイエンスに弱いホクオ
一見、難しそうに見えますが、がんばって読んでみるとそうでもないですヨ。ウィルスの身になって考えると、わかりやすくておもしろい!

木を見ないで森を見よ

先ず、5月20日に公開された私の記事「鍵を握るのは死亡者数」を見て欲しい。
ここで私は、厚生労働省のデーターによる5月19日時点のグラフを累計で見ると傾向が良く見えるという提案をした。

5月19日まででPCR検査陽性者数グラフは横ばいになってきて感染の流行が治まってきている明らかな傾向が見えると言った。
しかし死亡者数のグラフはいまだ横ばい傾向を示していなかった。
これが横ばいになるのを楽しみにしたいと言った。

さて時は流れて現在は6月4日。厚生労働省のデーターは6月2日までのものが見れる。
東京アラートが出たから今回は東京都のグラフを見よう。

先ずPCR検査陽性者数のグラフ。

みごとに横ばいに寝ているでしょ。
グラフの最後に1日に34名の陽性者が出たので東京アラートが出てしまったが、それでもグラフの傾向は横ばいでないでしょうか?
その34名がなにさ?このグラフがたとえば3月23日ごろのように、これから急カーブで上がる傾向と見える?
木を見ないで森を見て欲しいわけですよ。

あのね、もう実行再生産数は1以下なんですよ。
(なんで1以下かはウイルスの勝手なんです)
こういうのウイルスの身になって考えればいい。

1以下というのはウイルスにとって恐ろしいことで、いくらがんばっても感染者は増やせないんですよ。

東京からウイルスは消えてなくなったわけでないので、クラブかどこかで感染した人間が飛沫とばしておしゃべりしたら、そこらへんの連中に感染させることは夢じゃないんだけど、それをもっと広げようとしても実行再生産数1以下じゃ無理なんですよ。いくらがんばってもがんばっても人間が治ってしまう方が早いんですよ。それでなぜか感染力も弱っているから、人間の中に入ってもマクロファージやナチュラルキラーに簡単に食べられちゃう。感染自体が難しくなってるんですね。
湿った薪の中の種火みたいで、近くに燃えやすい紙があったらその紙はメラメラと燃やせるかもしれないけど、薪までは燃やせない。
ひょろひょろと火は消えてしまうんですね。

みなさん、安心してください!6月2日までのPCR検査陽性者数のグラフを見れば、薪に火がつくような状況でないことはあきらか。
ウイルスの身になってごらん。これで大火を燃え上がらせろと言われても無理というものなんですよ。

ところで東京都の死亡者累計も見てみようか。

あれ!これも遂に寝はじめてるんじゃないですか。日本は医療が発達して一生懸命治療するから重症化してから10日程度かそれ以上、亡くなるのにかかるんです。
それに死亡する人は全体の中では特別な人で、ウイルスが下火になっても感染してしまう弱い人々なんですよ。
だから感染者数より遅れて死亡者数の減少は始まる。その減少が遂に始まったようですよ。

2020年6月3日ケゾエモン、記
(本文内グラフの出典:東洋経済オンライン

赤い東京都庁、東京アラート写真館(2020年6月4日)

今まで日本のニュースをチェックすることもなかったのに、流れで「ケゾえもんが斬る」シリーズが始まってから、すっかり日本のコロナ事情通になったホクオ。以下、2020年6月4日東京秘密特派員撮影の写真と実況中継を逆輸入形式でお届け。

(写真)月夜の晩に怪しく光る東京都庁。

最初は青かったアラートが赤に変わり、都庁には、カメラを構える30人以上の人だかりができた、らしい。(下の写真)

日本から聞こえてきた声

つじむつし
東京アラートうぜーわぁ。もう小池の脅しは懲り懲りよ。いろんな情報がええ加減すぎて、本気で相手にせずに笑うて過ごそうと早期に決めたもん。
A子
何が正しいかわからないけど、日本は、今、慎重に、慎重に、緊急事態宣言が解除された今を、また戻ってなるものかと、以前にもまして、マスクをつけるのは当たり前な感じで日常が戻ってきています。
B男
ホクオは最近ケゾえもんを担ぎながら、コロナ政策・メディア批判の急先鋒になってきたね。
ホクオ
滅相もない!恥ずかしながら、政治にもサイエンスにも無関心・無縁でこの歳になるまで生きてきたので、いろいろ勉強させてもらってます。
つじむつし
安倍がなんと言おうと、もはや自分の肌感で判断するのが吉よ。
ホクオ
日本に居ながらにして、こういう発想ができる人はすごいと思います。

コロナ対応の甘かったスウェーデン、北欧内で村八分:不可触民扱いされ隣国に行けない夏前のページ

【保存版】30-Day Song Challenge:音楽にうる星やつらの厳選ソング集次のページ

関連記事

  1. コロナ

    スウェーデンの日本人学校で2学期からマスクやフェイスシールド着用義務の通達

    スウェーデン在住のホクオも、ついにマスクの話が人ごとでなくなった。子…

  2. コロナ

    元祖マスク王国日本の今:コロナで進化するマスク文化

    最終更新日:2020年6月20日、写真を追加。(1,950字…

  3. コロナ

    トランプを挑発するスウェーデンの新型コロナウィルス戦略(おまけ:ミニ米文化講座)

    地続きの近隣諸国が都市封鎖をしているのにも関わらず、スウェー…

  4. コロナ

    コロナの狂気:マスクしないで店に入り袋叩きに遭った客の動画

    スウェーデンには、マスクをしている人がまったくいないので、先日、パリ…

最近の記事

人気記事

  1. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  2. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  3. 「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウン…
  4. ワイドショーに見るスケープゴートの深層心理学:人の心に潜む影…
  5. 意味のある偶然の一致、シンクロニシティ
  6. 故郷のおさななじみ自慢:LINEでつながる40年近く前のあの…
  7. 空想癖のある人たち:「高台家の人々」のヒロインと村田沙耶香
  8. NHK「100歳から始まる人生」の103歳スウェーデン人ブロ…
  9. 親になって知ったことは、親のありがたみより子のありがたみだっ…
  10. 生きづらい大人をつくる愛という名の過保護:ヘリコプターペアレ…
  1. コロナ

    「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウンド・オブ・ミュージッ…
  2. 生活

    日本人が西洋人宅で絶対やってはいけない6つのこと:国際人になるためのお役立ちマナ…
  3. 生活

    知られざるブロガーとYoutuberの世界
  4. こころ・心理学・ユング

    意味のある苦痛は味わうべきか、避けてもいいのか
  5. Uncategorized

    ワイドショーに見るスケープゴートの深層心理学:人の心に潜む影
PAGE TOP