【コロナ寄稿】ガイアの夜明けで台湾称賛報道見たけれど(ケゾえもん)

Sponsored Link

ケゾえもんイメージキャラクター

台湾は称賛されるべきか?

(文=ケゾえもん)テレビ東京の報道番組「ガイアの夜明け」(2020.10.20)で台湾がどうしてコロナ感染を防げたか?というテーマでやっていた。

番組を見る前から話の筋は見えている。

1.台湾はいち早く国境を閉めたからよかった。

2.台湾はPCR検査を多数行い感染者を隔離したからよかった。

3.台湾はプライバシーに配慮せず、患者の発生位置をソフトウェアで国民に知れるようにしたからよかった。

4.台湾のコロナ死者は10月現在わずか7名である。

5.サーズの経験から上記の1.2.3.を徹底して推し進めた陳 健仁は英雄である。

上記のことは、しかし果たしてどうだろう?と思うのだ。
上記のことが本当だとすると、台湾の人は全然免疫を持っていないことになる。
すると現在の被害状況に抑えるためには、他の世界でウイルスが消えるまでずっと警戒を続けなければならないことになるではないか?

台湾では死者は少なかったかもしれないが、それでも一度ロックダウンに近い警戒態勢に入ったと言う。それが功を奏して現在警戒を緩める(国内で)ことができることになったというが、その理屈が私には理解できない。

世界にはウイルスがいる。台湾の人々はコロナに対する免疫を持っていない。
警戒はロックダウン当時より明らかに緩めている。それで感染は封じ込められている。
これは理屈が合わないでしょう。

12月1月にもう中国から台湾に帰ることができなくなるという情報を聞いた、中国に仕事に行っていた台湾の人が大挙して帰ってきてしまった。
その人達はワクチンとして機能するK型のコロナに感染していた。K型コロナはたちまち台湾全土に蔓延して台湾の人々はいち早くコロナに対する免疫を持ったという説の方が、台湾の人はまだぜんぜんコロナにかかっていない、従って免疫を持っていないという説より、欠陥が少ないように感じる。

上久保説の真偽は置いておいても、今の台湾の状況は集団免疫でないと説明がつかないのじゃないかと感じる。

その中国から大挙して帰ってきたk型に感染した台湾の人々は観光客ではない。家族や友人と行動や生活を一緒にする台湾の住人なのだ。
日本に3月9日までに累計100万人の中国からの観光客が入ったと言っても彼らは観光客だ。台湾の方は家族として帰ってきてずっと居続けるのだ。
台湾の方がk型蔓延はすごいのは自明だ。

それから台湾の死者は少ないんだろうけど、本当に7名なのか?
もうこのコロナ騒ぎがあってから平気で未確認情報とかうそがまかり通っているから敢えて疑うのだけど、これだけ世界から称賛されている(私は称賛はしない)台湾側では当然死者を少なくしたいというベクトルが働くだろう?日本の基準ならコロナ死者とされる者がコロナ死者とは統計に加えられないということはありがちだと思う。

一方、逆に日本のコロナ死者は水増しになっている可能性が高いと私は信じている。(私の過去記事でその疑いは何度か述べた)

本当に変な情報が乱れ飛んでいるんだから。
「感染者の20%は必ず重症化する」というまったくそんな事実のない情報は一度政府の専門家委員会が発信してしまったので、ずーっとひとり歩きしてしまい、いまだにそれを記事に書いているやつもいる。
私の記事「もうコツコツ書いていくしかない」(2020/7/30)にモーニングショーがその20%を7月27日に至ってまで使ってしまい、7日以内に94名の重症者が出ると予報して赤っ恥をかいたいきさつなど、いかに世間が情報や数字を簡単に間違って扱うかを示している。

もうね、台湾すごい、陳 健仁立派と無批判に称賛するのは止めて欲しい。

(2020年10月22日、ケゾえもん記)

2分で見るガイアの夜明け


ストックホルム老舗寿司屋の女将の仰天ゴスロリ趣味前のページ

ガイアの夜明け、大戸屋買収劇を見て:窪田社長は三森の御曹司を追い出しちゃだめでしょう(ケゾえもん)次のページ

関連記事

  1. コロナ

    コロナ中とは思えないストックホルムの人混み:マスクを探せ!

    ゆるいとはいえコロナ規制中のスウェーデンでは、多くの人が在宅…

  2. ケゾえもん

    【宇宙の運命4】アーサー・C. クラークのSF(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクターアーサー・C. クラー…

  3. ケゾえもん

    【オーディオ寄稿】スピーカーは絶対ワンウェイがよい(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクターオーディオ談義に話を戻すけ…

  4. ケゾえもん

    【宇宙の運命5】アーサー・C. クラークが特許を取らなかったのは痛恨のミス(ケゾえもん)

    2020年9月18日付ケゾえもん寄稿、「宇宙の運命」シリーズの続き。…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  2. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  3. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  4. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  5. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  6. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  7. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  8. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  9. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  10. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  1. コロナ

    【コロナ寄稿】コロナ死者2,000人と自殺者8,000人増しの矛盾/北海道分析(…
  2. コロナ

    【コロナ寄稿】言い訳がましい玉川、懲りない西浦、グッディ登場の上久保説に軍配があ…
  3. スウェーデン、ストックホルム

    【ハイジの文学寄稿】心の闇やパニック発作を扱った北欧ミステリー作家、アルヴテーゲ…
  4. スウェーデンの生活

    5月のスウェーデン、もう夏休み気分
  5. Uncategorized

    意味のある偶然の一致、シンクロニシティ
PAGE TOP