ストックホルムの12月:2020コロナのノーベル週間終わる

Sponsored Link

2020年コロナで授賞式が中止になったノーベル週間の光の祭典イベントの紹介と、暗くてロマンチックな日常生活について書いた。(1,500文字)

暗くてロマンチックな冬の日々

毎年、ファーストアドベントを迎える11月の終わりの日曜日から、北欧の街や家々は一斉に美しくて幻想的なクリスマスムードで賑わう。日本の人に、寒くて暗いんでしょう?と可哀想がられるとどう答えていいか困ってしまうぐらい、この季節独特のしっとりとした華やぎにはえもいわれぬものがある。

本場のクリスマスムードを満喫できる12月は、「1年でもっともすばらしいとき」“It’s The Most Wonderful Time Of The Year”(アンディ・ウィリアムズ, Andy Williams)と歌われるにふさわしく、ぜひお勧めしたい観光シーズンでもある。

2020年12月17日、本日のストックホルムの日の出は8時40分、日の入りは14時50分。日照時間が短くてホクオがいちばん困るのは朝、真夜中のような暗さの中、スッキリ起きられないこと。

しかし起きてしまえば、朝っぱらからクリスマスキャロルを流して、ろうそくに火を灯す朝食時間はなかなかロマンチックで、乙な日常として気に入っている。午後のおやつタイムにはすでに長い夜が始まり、やっぱりクリスマスキャロルとろうそくの出番だ。

3rd アドベントが過ぎろうそくは3本。燭台は、子供が学校の工作で作ってきた生木。横のマッチ箱には語れば長いスウェーデンのヒストリーがある。

今朝、8時半の朝焼け。

コロナで中止になったノーベル賞授賞式

スウェーデンでは、クリスマスムードになって早々の12月10日の「ノーベルの日」によってさらにお祭りムードが盛り上がる。例年だと世界各国からノーベル賞受賞者たちが団体を率いて集い、王室ファミリーと同席して晩餐会が催される日だが、当日だけでなく、この日を含む1週間は「ノーベル週間」と呼ばれ、人々は浮き足立ってくる。

1901年からの長い歴史を持つこのノーベル賞授賞式の一連の行事も今年はコロナでなかった。戦争を除いては1956年にハンガリー革命の影響で中止されて以来のことだという。

ノーベル週間のすぐあとに控える12月13日のルシア祭も、クリスマスコンサートもミュージカルも今年は軒並み中止だった。(マスクはしていなくても、スウェーデンもコロナ体制である。)

Nobel Weak Lightsの催し

仕方がないとはいえなんだかつまらなくて白けたノーベル週間に、わずかに色をつけてくれたのが、ストックホルムの各地の建物がライトアップされるという催しだった。

以下はノーベル財団のオフィシャルトレーラー(40秒)。

晩餐会も経験したレポーターの詳細ブログ紹介

ブログ「北欧の街角で」の著者は、晩餐会に出席したこともあるぐらいの通だがこの催しの情報を知らないで12月10日ノーベルの日にストックホルム市庁舎に出向いたそうだ。以下のブログに、ライトアップにあっと驚いた経緯や詳しい現場レポートが写真つきで掲載されている。

以下は、同著者がこの日に撮影した市庁舎の映像をまとめたYoutube動画(18分)。「絢爛たる光の饗宴へのご招待」のタイトルにふさわしいゴージャスな雰囲気が漂う力作。4Kの高画質映像に解説は字幕のみでミュージックビデオ風にもなっているので、ノーベルディナーを参考に準備して、ちょっと特別なおうちディナーの演出にもお勧め。ストックホルムの現地に行った気分になれる。



【コロナ寄稿】台湾もトムクルーズも礼賛するな(ケゾえもん)前のページ

スウェーデン国王、コロナ政策失敗お騒がせ発言次のページ

関連記事

  1. スウェーデン、ストックホルム

    Josef Frankのテキスタイル

    スヴェンスク・テン(Svenskt Tenn)でおなじみのデザイナ…

  2. コロナ

    スイスでコロナ規制反対デモ / スウェーデンのコロナNow / 第2ロックダウン中の仏英独

    スイスのある州でコロナ規制強化への反対運動があったという話を教えても…

  3. 人間ウォッチング

    気がつけば30年、日本人夫婦が外国で定年を迎えたとき

     外国に住んでいる日本人の事情はいろいろだが、子供のアイデンテ…

  4. コロナ

    スウェーデンのコロナ対応、他国に倣わず。(ニューヨーク・タイムズ)

    ヨーロッパ中の国々が、次々と新型コロナ対策として大胆な措置に踏み切る…

  5. スウェーデン、ストックホルム

    Elsa Beskow

    エルサ・ベスコフ, 1874 - 1953(享年79歳)1874ス…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  2. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  3. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  4. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  5. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  6. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  7. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  8. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  9. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  10. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  1. 人間ウォッチング

    NHK「100歳から始まる人生」の103歳スウェーデン人ブロガー、105歳を迎え…
  2. コロナ

    【コロナ寄稿】脅され続けた丸1年の振り返り(ケゾえもん)
  3. コロナ

    コロナ閉鎖は今すぐ解除すべき:アメリカの医師が理論より事実と主張しスウェーデンの…
  4. コロナ

    【コロナ寄稿】コロナ患者を受け入れている病院の数が公表されない怪(ケゾえもん)
  5. コロナ

    マスクの世界的大流行、正気の沙汰とは思えない異常な光景
PAGE TOP