スウェーデンの作家

スウェーデンの本といえば、「長くつ下のピッピ」と「ニルスのふしぎな冒険」ぐらいしか思いつかないわたしでしたが、ムーミンもスウェーデン語で書かれていたのですね!
その他にも、2011年のノーベル文学賞の受賞者がスウェーデン人の詩人だったり、〝「ダ・ヴィンチ・コード」を超える今世紀最大のミステリー”とうたわれた、ハリーポッター以来の大ベストセラー・シリーズ小説を書いた人がいたり、世界各国でベストセラーになって、日本語にも多数翻訳されているミステリー作家がいたり・・・と、「スウェーデン人なら誰でも知っている」だけでなく、「わたしは知らなかったけど、日本人でも知っている人の多い」、おさえておくべき作家が、たくさんいます。
なかなか網羅できそうにありませんが、スウェーデン文化を身近なものにするためにも、少しづつ調べてまとめておきたいと思います。

心理学を専門にしているわたしは、作品そのものよりも、むしろ作者にもっと関心があることも多いのですが、ムーミンのトーベ・ヤンソンもニルスのセルマ・ラーゲルレーヴもレズビアン。
スウェーデンに引っ越して来て以来、出会うレズビアンの数が、スイスにいた頃より圧倒的に多いのもうなずけます。

それはそうと、わたしは外国人の名前(地名もですが。)を覚えるのが本当に苦手で、相当な時間をかけて調べた人たちの名前も、すぐに誰が誰だったか忘れてしまうのは困りものです。さっき調べたばかりのノーベル文学賞受賞詩人の名前も、姓の方はもう思い出せません。なんとかならないでしょうか。(2011年10月21日、記)

ゴットランド羊の毛皮前のページ

秋の収穫市次のページ

関連記事

  1. ケゾえもん

    【宇宙の運命3】強すぎる将棋ソフトの脅威(ケゾえもん)

    これは面白い! 第1話、2話よりも面白かったです!宇宙の話じゃな…

  2. 雑学・雑感・その他

    スウェーデンの1コマ漫画「どうせアタシなんて」

     ストックホルムのタブロイド誌、Metroより。ミニ・…

  3. 文化、音楽、本

    リンドグレーン作品一覧

    リンドグレーンの邦訳出版本とスウェーデン語原書の、対応リストを作ってみ…

  4. 文化、音楽、本

    【保存版】30-Day Song Challenge:音楽にうる星やつらの厳選ソング集

    2020年8月1日、目次の不具合を修正。2020年7月3日「Day …

  5. ケゾえもん

    【クラシック寄稿】ウィーン・リング・アンサンブルのはなし(ケゾえもん)

    このケゾえもん寄稿は前のケゾえもん寄稿の続き。ケゾえもんイメ…

  6. 文化、音楽、本

    Stieg Larsson

    スティーグ・ラーソン,1954 - 2004(享年50歳)「ミレ…

最近の記事

人気記事

  1. 骨折したときは腕を吊らないでください(スウェーデン医療)
  2. 【ケゾえもんコロナ寄稿】2020-2023 コロナ専門家たち…
  3. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  4. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  5. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  6. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  7. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  8. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  9. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  10. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  1. コロナ

    【コロナ寄稿】ケゾえもんの「ワクチン ゲームチェンザー説」と横ヤリ「お注射マンボ…
  2. コロナ

    【コロナ寄稿】むやみに不安を煽り続けるワイドショーは第1期に学べよ(ケゾえもん)…
  3. コロナ

    【コロナ寄稿】人々が思考停止しゾンビ化した今、株を買うチャンス!(ケゾえもん)
  4. 文化、音楽、本

    Stieg Larsson
  5. スウェーデン、ストックホルム

    男性必見!目の保養の季節のショートすぎるショートパンツ
PAGE TOP