【ケゾえもんオペラ寄稿】薔薇の騎士について語りたい その7

(2023-10-27 ケゾえもん記)
私は薔薇の騎士の女声三重唱の決定版を聞いている。そしてたくさんある薔薇の騎士の録音のどれを聞いても満足できないと言っている。カルロス・クライバー自身の指揮によるライブ録音でさえだめだと言っているのだ。

決してこれはスノッブではなく、本当にそう思って悲しんでいるのだ。あのまぼろしはいったいなんだったのか?幻想だったのか?しかし幻想を6回もきちんと繰り返すことは可能なのか。

私の主張は主張として、これだけのことを言う以上は責任がある。自分の言っていることが本当かどうか改めて検証を試みた。

いまユーチューブで見れないもの聞けないものはない。ユーチューブでいくつかの薔薇の騎士の三重唱をピックアップして聞いてみた。するとかなりいい線行っている。あの日の感動に近い録音を見つけたので報告する。

最後に舞台には3人だけが残る。事情を知るゾフィーは元帥夫人におそるおそる挨拶をする。元帥夫人はゾフィーに

「あなたは彼のことをとても早く好きになりましたのね」

と言う。これは嫌味だけれど追及するつもりはさらさらない。元帥夫人はもうとうにあきらめている。

スパイ大作戦を敢行したオクタヴィアンだったがオックスが警官を呼んでしまって話がこじれたのは誤算だった。それを元帥夫人が現れて収めてくれた。いや元帥夫人がこの場に現れたのが一番の誤算だった。もはやバツが悪くて合わせる顔がない。オクタヴィアンは元帥夫人のことを名前でマリー・テレーズと呼んでいる。

三重唱はオクタヴィアンが「マリー・テレーズ」と呼びかけるところから始まる。
元帥夫人はオクタヴィアンを諦めようとしている。
オクタヴィアンはすまないと思っている。
ゾフィーは不安でしょうがない。

元帥夫人
「私は固く誓った。彼を正しいやり方で愛する。他の女に対する愛でさえ愛すると」
オクタヴィアン
「これが起きたこと。これがなされたこと。彼女に聞きたい、これでよかたのかと」
ゾフィー
「自分がどうなっているのかわからない。教会の中にいる様、とても神聖でとても不安で」

三者三様の気持ちを一度に表現できるのが音楽による三重唱の強みである。

私がこの録音なら鑑賞に耐えると思ったものは、現在調べた中でたったひとつ。管弦楽はウィーン・フィル。指揮者はエーリッヒ・クライバー。カルロス・クライバーの父である。

このユーチューブには演奏映像はない。その代わり三者三様の心象を描いた字幕が流れるので、これはとても良い。

(ケゾえもん)



※アイキャッチ画像の出典はこちら

【ケゾえもんオペラ寄稿】薔薇の騎士について語りたい その6前のページ

【ケゾえもんオペラ寄稿】薔薇の騎士について語りたい その8次のページ

関連記事

  1. コロナ

    【コロナ寄稿】責任逃れするつもりのコロナ専門委員会と生贄のヤギになりそうな岡田晴恵(ケゾえもん)

    ケゾえもん寄稿。東京アラートの発令基準の無意味さを懲りずに説く第1章…

  2. コロナ

    【コロナ寄稿】周りに流されない私も考えた末にワクチンを打つことにした(ケゾえもん)

    ケゾえもんから2週間以上前にいただいていた原稿です。夏休み中だったの…

  3. コロナ

    【コロナ寄稿】ワクチン打つ人も打たない人も知っておこう副作用(ケゾえもん)

    コロナワクチンを接種するつもりの人も接種しないつもりの人も、これがど…

  4. コロナ

    【コロナ寄稿】変異ウィルスは怖いぞキャンペーンが大げさすぎる理由(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクター「変異ウイルスが怖いのは数%」…

最近の記事

人気記事

  1. 骨折したときは腕を吊らないでください(スウェーデン医療)
  2. 【ケゾえもんコロナ寄稿】2020-2023 コロナ専門家たち…
  3. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  4. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  5. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  6. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  7. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  8. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  9. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  10. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  1. コロナ

    【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケゾえもん)
  2. コロナ

    脚本で振り返るコロナ騒動:ケゾえもんシネマ「Covid19」 第4話
  3. 文化、音楽、本

    Henning Mankell
  4. ケゾえもん

    【宇宙の運命4】アーサー・C. クラークのSF(ケゾえもん)
  5. コロナ

    【コロナ寄稿】聞いてあきれた5月29日記者会見:コロナ専門家委員会の隠蔽体質の証…
PAGE TOP