【コロナ寄稿】今日も私はひたすら死亡者数グラフを見ている(ケゾえもん)

Sponsored Link

ケゾえもんイメージキャラクター

以下、ケゾえもん寄稿。

コロナの状況は仕事にもファイナンスにも、はたまたレジャーにも直結する心配事なので、今日も私はひたすら死亡者数グラフを見ている。

さて東京では新規感染者(実はただのPCR検査陽性者数)が100名を超える日が数日続いているのでとても心配されている。
ただし、さすがに政府も東京都も学んできたのでこれでただちになにかしようとは考えていないらしいのが救いだ。
東京都では東京アラートは廃止して、それどころか数値で(くだらないPCR検査陽性者数で)判断することはやめるらしい。正しい言い方は忘れたけれど、危ない、けっこう危ない、これは危ないみたいな噴飯な3基準にすると言い出して、それもやめて医療体制の充実度で都民が危険かどうか判断すると言い出したらしい。やれやれという感じだ。

ちょっと本日のPCR検査陽性者数グラフを見てみよう。
これ日本全国のやつだけれど当然、東京都のデーターも含んでいる。
その下にPCR検査数のグラフを合成してみた。

出典:東洋経済オンライン

6月17日ごろそれまでの3000件くらいから6000件にぎゅんと増えていることがわかる。夜の町関連でなにか兆候をつかんだので張り切ってやりだしたに違いない。
検査数増えればPCR検査陽性者数が増えるのは当たり前なのである。
しかも感染者がいそうなホストクラブなんかを狙って網羅的に検査したら当然増える。
だからこんなグラフは読解力がない人がみたら誤解するにきまっているから発表なんかするべきでないのだ。

こんどは世界の死者数グラフを見て欲しい。


米国で数日前ぐーんと2400名くらい死者が出たことになっていて、これどういうことだろうと思っていたら、これは突発的で(たぶん本当にその日に死んだのでなく統計データーの扱い都合でこうなったのではないか?)順調に死者数が下がってきているように見える。この調子なら8月に入れば1日の死者数が10名以下になることも夢ではない感じだ。すると9月に入って米国に旅行ができる様になるかもというのも夢ではないというお話だ。

それでちょっとだけ世界の新規感染者数のグラフを見てみよう。

米国に注目だ。おーおーもう急激に上がっているでないですか?しかも6月に入ってから急激にあがり始めている。
これはね、PCR検査数が6月に入って急激に多くなっただけだと思いますよ。だって死者数は順調に下がっているもの。
もし本当に6月に入って急激に感染者がグラフの傾向通りに増えたのだとしたらいくらなんでももう死者数グラフにそれが現れている筈。
だからこの例でもあきらか。新規感染者数なんて見ちゃいけないんですよ。
間違えるから。

2020年7月5日、ケゾえもん記

【ハイジの文学寄稿】心の闇やパニック発作を扱った北欧ミステリー作家、アルヴテーゲン前のページ

【コロナ寄稿】むやみに不安を煽り続けるワイドショーは第1期に学べよ(ケゾえもん)次のページ

関連記事

  1. コロナ

    【ケゾえもんコロナ寄稿+スウェーデン】自粛で奪われる飲食店の収入と若者の青春

    (2021/4/5加筆)ケゾえもん寄稿に、日本で自粛命令に立ち上がっ…

  2. コロナ

    【コロナ寄稿】コロナのワクチンは打ちたくない(ケゾえもん)

    ケゾえもん寄稿。ケゾえもんイメージキャラクター…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  2. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  3. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  4. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  5. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  6. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  7. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  8. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  9. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  10. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  1. 文化、音楽、本

    ムーミン
  2. コロナ

    コロナ閉鎖解除のタイミング:ニューヨークタイムズから小池百合子まで(マジメ度やや…
  3. ケゾえもん

    大相撲に興味なくても必見”溜席の妖精”:外国人も絶賛のス…
  4. スウェーデン、ストックホルム

    吉野彰氏がストックホルム日本人学校を訪問
  5. 人間ウォッチング

    流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえイラストのタトゥー(…
PAGE TOP