Uncategorized

Elsa Beskow

Sponsored Link

エルサ・ベスコフ, 1874 – 1953(享年79歳)


1874ストックホルム生まれ。芸術学校を卒業して、母校の絵画教師となり、結婚後に絵本の挿絵画家になる。

家族と、一時、暮らしたスウェーデンBergslagenの森(スウェーデン中部、ヴェストマンランド)が、彼女のインスピレーションの源泉となりました。出典ウェブサイト(英語)

 

毒キノコ写真

エルザ・ベスコフといえば、このこびとたち。頭にかぶっているのは、イチゴの帽子・・・ではなく、写真右の毒キノコ。

 

A4サイズのポスター12枚セットを購入し、毎月、額に入れ替えてウチのリビングルームに飾っています。

エルザ・ベスコフの翻訳絵本の紹介は、Ayaさんのページへ

スウェーデンの画家前のページ

Carl Larsson次のページ

関連記事

  1. Uncategorized

    ニルスのふしぎな旅

    ストックホルム、アーランダ空港の壁のニルスのオブジェスウェーデン…

  2. Uncategorized

    意味のある偶然の一致、シンクロニシティ

    大変多くの方に読んでいただいたこのページは、移動しました。お手数で…

  3. Uncategorized

    老いの参考にしたい詩(「ツナグ」より樹木希林の朗読音源つき)

    大変多くの方にアクセスしていただいたこのページは、移動しました。お…

  4. Uncategorized

    Hayのテーブル

    デンマークブランドHayのテーブルは、オフィス「こころの森」近くの、お…

  5. Uncategorized

    Josef Frankのテキスタイル

    スヴェンスク・テン(Svenskt Tenn)でおなじみのデザイナ…

  6. Uncategorized

    Stieg Larsson

    スティーグ・ラーソン,1954 - 2004(享年50歳)「ミレ…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  2. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  3. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  4. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  5. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  6. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  7. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  8. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  9. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  10. 「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウン…
  1. こころ・心理学・ユング

    生きづらい大人をつくる愛という名の過保護:ヘリコプターペアレントの弊害
  2. 人間ウォッチング

    NHK「100歳から始まる人生」の103歳スウェーデン人ブロガー、105歳を迎え…
  3. 生活

    知られざるブロガーとYoutuberの世界
  4. 生活

    墓じまい、父の終活
  5. こころ・心理学・ユング

    空想癖のある人たち:「高台家の人々」のヒロインと村田沙耶香
PAGE TOP