オーロラの街、スウェーデンのキルナ

(700文字)

スウェーデン最北端の都市、キルナ

アイスホテルで有名なキルナは南北に長いスウェーデンの最北端に位置し、8月の終わりから4月の始めまでオーロラが見える。とはいえ、当然ながらオーロラを目掛けて行っても見えるとは限らず、ホクオが行ったとき(2017年2月末)も見えなかった。

オーロラが見られる確率の高い時期は「9月中旬から10月中旬と3月中旬から4月上旬」とも言われるが、2023年3月中旬にキルナに行った知人は幸運に恵まれた。初めて見るオーロラは、光のカーテンと言われる通りに揺れて感動的だったそうだ。

Kiruna, Sweden 2023/3/15

キルナの公式サイト内に掲載されている動画。(4分30秒)

ストックホルムでもオーロラは見える

キルナはストックホルムから北に950キロの位置にあり、飛行機で片道1時間半、電車で15時間余りと簡単に行ける距離ではないのだが、ストックホルムでも稀ではあるがオーロラがちらっと見えることがある。ホクオはそれも見たことがなく、いつも後でそのニュースを聞いて見逃したことを悔しがっている。

これは2023年3月16日、数日前のSNSでホクオがよく行く田舎の街の住人が投稿したもの。ストックホルムよりさらに南にある村。

「一度は見てみたい!神秘のオーロラが鑑賞できる絶景スポット8選」(Tripα):キルナも紹介されている。

「オーロラはどうやってできるの?その仕組みを4コマでお伝えします☆」(宇宙兄弟オフィシャルブログ)

当ブログ内関連ページ

ノルウェーの北極圏で本当の白夜体験&研究レポート:白夜が2ヶ月も続くって知ってましたか?(2017/ 7/ 24)



【ケゾえもんオペラ寄稿】ワーグナーのオペラ「ニーベルングの指環」の魔剣ノートゥング前のページ

【ケゾえもんオペラ寄稿】ニュールンベルクのマイスタージンガーは、ワーグナーの遊び心が詰まったパラレルワールド次のページ

関連記事

  1. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデンの宮川絢子医師より日本の医療システムへの提言

    宮川絢子医師の、読んでためになる長編記事を抜粋して紹介する。(5,1…

  2. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデンの夏休み事情

    写真:ストックホルムの地下鉄今週になって、ストックホルムの街に、ど…

  3. スウェーデン、ストックホルム

    手ざわり抜群、スウェーデンBukowskiのぬいぐるみ

    「スイスで、プレゼント用のマスコットを買ったら、メードインスウェーデン…

最近の記事

人気記事

  1. 骨折したときは腕を吊らないでください(スウェーデン医療)
  2. 【ケゾえもんコロナ寄稿】2020-2023 コロナ専門家たち…
  3. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  4. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  5. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  6. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  7. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  8. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  9. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  10. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  1. コロナ

    【コロナ寄稿】日本が医療崩壊のわけがない(ケゾえもん)
  2. ケゾえもん

    【ケゾえもんオペラ寄稿】ワーグナーのオペラ「ニーベルングの指環」の魔剣ノートゥン…
  3. ケゾえもん

    【ケゾえもん健康寄稿】朝のなごみのザクロジュースをやめたワケ
  4. コロナ

    【コロナ寄稿】ハードSFの試み、予告編(ケゾえもん)
  5. コロナ

    【コロナ寄稿】ワクチン有効率について数式を使わずもう一度解説する(ケゾえもん)
PAGE TOP