スウェーデン、ストックホルム

ブラッドムーン(皆既月食)と夏の終わり

Sponsored Link

Sponsored Link

天体ニュースは(も)チェックしていないので、ストックホルムでもオーロラが少し見えたという滅多にない話を後で知って、残念に思ったことが何度かあるが、昨夜(2017年8月8日)、夜空に現れた大きなオレンジ色の満月は、偶然、見ることができた。

いつものようにパソコンの前に座っていると、目の前にぽっかりと、見たことのない不思議な満月が現れた。同居人が、ブラッドムーン(Blood moon)だと言った時、すぐに皆既月食という言葉は思い出さず、「血の色をした月」という名にぴったりの、映画にでも出てきそうな、オドロオドロしい月だと思った。

上の写真はわたしが撮ったものではないが、写真通りのオレンジ色の満月だった。午後10時前なので、空はまだここまで真っ暗ではなかったが。

白夜の北欧では、夏に夜空や星を見ることがないので、月を見るだけでも夏の終わりを感じさせられる。

2日前の午後8時半、同じ場所に座っていて虹を見た時の空の明るさは、こうだった。

(2017年8月6日撮影)

スウェーデンでは、来週8月16日から新年度が始まる。

休暇に出かけていた人たちも、そろそろ戻ってきている時期で、夏の間は、静かだったストックホルムの街も活気を取り戻しつつある。

あの夏至祭ポールは、今ではこうなっている。

(2017年8月7日、Tullgarn Palaceで撮影)

Sponsored Link

関連記事

  1. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデンの1コマ漫画「金曜日の顔と水曜日の顔」

    ストックホルムのタブロイド誌Metroより。上、金曜日の顔、下…

  2. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデンのミッドサマーデイ(夏至祭)、白夜の国の極めて大事な祝日

    今年もスウェーデンにミッドサマー(夏至祭)がやってきた。早くも…

  3. スウェーデン、ストックホルム

    ノーベル賞晩餐会の予行演習みたいなエリクソン社の豪華パーティー

    (最終更新日:2019年12月10日)通信機器などを扱うスウェーデン…

  4. スウェーデン、ストックホルム

    2019年ノーベル晩餐会メニュー(写真と和訳つき)

    2019年12月10日、ノーベル賞授賞式後に吉野彰氏が和服姿の夫人と…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. 生活

    スウェーデンの1コマ漫画「ダイエット:ビフォアーとアフターの真実」
  2. 人間ウォッチング

    故郷のおさななじみ自慢:LINEでつながる40年近く前のあの日あの頃
  3. 文化、音楽、本

    ムーミンと作者トーベ・ヤンソン
  4. 生活

    知られざるブロガーとYoutuberの世界
  5. 人間ウォッチング

    型破りの新ビジネスリーダー、中田俊行氏
PAGE TOP