ケゾえもん

【オーディオ寄稿】スピーカーは絶対ワンウェイがよい(ケゾえもん)

Sponsored Link

ケゾえもんイメージキャラクター

オーディオ談義に話を戻すけれど、やはり私が目指すのは原音であろう。
原音とはコンサートホールで聞こえる音という意味になるが、厳密な定義は難しいと思う。
だって前の記事で言ったように同じコンサートホールでも、席によって音が良かったり悪かったり。

すると「この私がコンサートホールの良い席で聞いていると自分で錯覚するような良い音」を目指そうというのが私のオーディオ道と言ってよいか。

しかし音の物理エネルギーってのはちっぱけなものである。
それをマイクロフォンでひろって、アンプで増幅して磁石と電磁石の組み合わせで紙を揺らして音を出すってのがオーディオのしてることで、これで原音なんて出るわけがない。

そこんとこ割り切りながらやらないと音量の大きさで迫力ばかり追求したり
同じことだが、でっかいスピーカーとか高出力のアンプをむやみに欲しがったりしてしまう。

私が求めるのは、超ナチュラルサウンドでこないだ説明したドンシャリとは正反対に位置するものだ。
と言ってもそれもけっこう感覚的なもので本当に説明するのは難しい。

一例をあげよう。私の目指すサウンドだとスピーカーは絶対ワンウェイになる。ワンウェイとは・・・・あっとここでスピーカーユニットとスピーカーエンクロージャーという言葉をおぼえて欲しい。

ユニットとはスピーカーについている丸い形の音の鳴る部品のことである。
一方エンクロージャーとはスピーカーの箱のことである。
一般にスピーカーというとスピーカーエンクロージャーにスピーカーユニットがついているもののことを言う。はい説明終わり。

従ってワンウェイとはエンクロージャーにユニットが1個だけついているものを言う。
一方、たとえば3ウェイとはエンクロージャーに3つユニットがついていて、ひとつが低音用、ひとつが中音用、そしてもうひとつが高音用とわかれていてワンウェイより周波数特性については有利である。
ではお金があれば3ウェイを買うべきであろうか?さにあらず、さにあらず。

私が大学を卒業して母校の助手になり初任給で買ったのが、ヤマハのNS-1000mという3ウェイのスピーカーである。すばらしい音がした。これは大事にして5年ほど前にたくさんのオーディオ機器を中古オーディオ屋に売った時まで私の手元にあった。

YAMAHA NS-1000m

すばらしいNS-1000mだったがやがて使わなくなってきた。
長岡鉄男設計のスワン(ワンウェイ)とかタンノイのスピーカー(デユアル・コンセントリックと言ってワンウェイの性質を有す)なんかが私のメインスピーカーになってしまったからだ。一時期はヘッドフォンで聴いていたし。

長岡鉄男設計のスワン

NS-1000mを中古オーディオ屋に売り飛ばす前に、一応私はその音を聞いてみた。
なるほど良い音だ。だけどワンウェイを長年聞いてきた私にははっきりわかる。やはり三つのユニットから音がばらばらに聞こえてくるのだ。
だってみっつユニットがあるんだもの、当たり前だ。

ここで覚えて欲しいこと。
ナチュラルサウンドをめざすなら、スピーカーはワンウェイにかぎる。

2020年8月11日、ケゾえもん記


ホクオ
前回の記事で、冒頭イメージ画像にダメ出しされたので、今回は、ケゾえもんのお眼鏡にかなうよう時間をかけて慎重に画像を選びました。

冒頭イメージ画像:「YAMAHA NS-1000M オーバーホール済 新品オックスブラッド塗装」税抜き495,000円で売り切れ御免の商品。(出典

ホクオ
まずい!内容を読み返してみたら、ヤマハの高級スピーカーはワンウェイじゃなかった。

夏休み全開のスウェーデン with コロナ:英国誌の記事「最後に笑うのはスウェーデンかもしれない」より前のページ

著作権侵害で訴えられたくない、趣味でちっぽけなブログをやっている善良な市民のみなさん、お互いに気をつけましょう。次のページ

関連記事

  1. コロナ

    半沢直樹とケゾえもんと上久保教授の新刊

    2020年9月29日、加筆更新、全2ページ4,200文字。日…

  2. コロナ

    【コロナ寄稿】ハードSFの試み、予告編(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクターケゾえもんがハードSFとい…

  3. 文化、音楽、本

    不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」

    イタリア映画「ニューシネマパラダイス」をまだ観ていない人は、「絶…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  2. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  3. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  4. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  5. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  6. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  7. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  8. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  9. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  10. 「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウン…
  1. 人間ウォッチング

    ダーリンはアフリカ人:赤い糸で結ばれていた運命の人
  2. 生活

    墓じまい、父の終活
  3. コロナ

    【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケゾえもん)
  4. こころ・心理学・ユング

    意味のある苦痛は味わうべきか、避けてもいいのか
  5. 文化、音楽、本

    不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
PAGE TOP