Elsa Beskow

エルサ・ベスコフ, 1874 – 1953(享年79歳)


1874ストックホルム生まれ。芸術学校を卒業して、母校の絵画教師となり、結婚後に絵本の挿絵画家になる。

家族と、一時、暮らしたスウェーデンBergslagenの森(スウェーデン中部、ヴェストマンランド)が、彼女のインスピレーションの源泉となりました。出典ウェブサイト(英語)

 

毒キノコ写真

エルザ・ベスコフといえば、このこびとたち。頭にかぶっているのは、イチゴの帽子・・・ではなく、写真右の毒キノコ。

 

A4サイズのポスター12枚セットを購入し、毎月、額に入れ替えてウチのリビングルームに飾っています。

エルザ・ベスコフの翻訳絵本の紹介は、Ayaさんのページへ

スウェーデンの画家前のページ

Carl Larsson次のページ

関連記事

  1. スウェーデン、ストックホルム

    ストックホルムの12月:2020コロナのノーベル週間終わる

    2020年コロナで授賞式が中止になったノーベル週間の光の祭典イベント…

  2. スウェーデン、ストックホルム

    ハンモックで昼寝の至福は腰に悪いか

    2020年6月24日、写真を追加して校正。あまり…

  3. ケゾえもん

    【宇宙の運命6】宇宙は常に変化している:アインシュタインをがっかりさせる発見(ケゾえもん)

    宇宙は変化しているということを発見してパールムッターは2011年ノー…

  4. スウェーデン、ストックホルム

    解雇や隔離、ワクチン拒否の高いツケ:欧州で高まる同調圧力

    ※2021年7月7日、追記。スウェーデンでも「ワクチン、もう…

  5. ケゾえもん

    【宇宙の運命5】アーサー・C. クラークが特許を取らなかったのは痛恨のミス(ケゾえもん)

    2020年9月18日付ケゾえもん寄稿、「宇宙の運命」シリーズの続き。…

follow us in feedly

最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  2. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  3. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  4. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  5. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  6. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  7. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  8. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  9. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  10. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  1. マスク

    ついに”マスク推奨”が始まったストックホルムのコロナレポ…
  2. 食、レストラン、カフェ

    ストックホルムで人気のラーメン屋、RAAMEN
  3. コロナ

    【コロナ寄稿】北海道の鈴木知事はもう少し我慢してほしかった(ケゾえもん)
  4. 文化、音楽、本

    Uptown Funk:Youtube再生回数24億回超のヒット曲
  5. ケゾえもん

    【宇宙の運命6】宇宙は常に変化している:アインシュタインをがっかりさせる発見(ケ…
PAGE TOP