スウェーデン、ストックホルム

ストックホルムで同性愛週間用に特別の信号機の図柄

Sponsored Link

Sponsored Link

2017年7月4日付けストックホルムの日刊紙StockholmDirektによると、7月31日から8月6日の同性愛週間及びその前後の数日間にわたり、ストックホルム市内の48箇所で、96個の歩行者用信号機に、特別仕様の図柄が採用される。

これにかかる経費は100,000クローナ(約130万円)で、ストックホルム市が財政を負担する。なお、類似の信号機の図柄は、昨年ロンドンで、2015年にはウィーンでも採用されている。

※写真と記事の内容の出典(スウェーデン語):2017年7月4日付けStockholmdirekt.se

※2017年8月5日プライド・パレード(Pride Parade)の詳細は、こちら(スウェーデン語)

Sponsored Link

関連記事

  1. ニュース、お知らせ

    Hilma av Klintの展示会

    PAINTING AND SPIRITUALITYHILMA AF …

  2. スウェーデン、ストックホルム

    気がつけば30年、日本人夫婦が外国で定年を迎えたとき

    外国に住んでいる日本人の事情はいろいろだが、子供のアイデンティ…

  3. ニュース、お知らせ

    もりたこどもクリニック(大阪)で求人募集中

    (2017.11.16更新)意外と申し込みが殺到しないと聞いた…

  4. スウェーデン、ストックホルム

    NHK「100歳から始まる人生」の103歳スウェーデン人ブロガー、105歳を迎える

    「こんな老人になりたい」シリーズ第1回目は、スウェーデンの最高齢ブロガ…

  5. スウェーデン、ストックホルム

    ブラッドムーン(皆既月食)と夏の終わり

    天体ニュースは(も)チェックしていないので、ストックホルムでも…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. 人間ウォッチング

    型破りの新ビジネスリーダー、中田俊行氏
  2. 文化、音楽、本

    Uptown Funk:Youtube再生回数24億回超のヒット曲
  3. 人間ウォッチング

    Kim Kyungsoo展
  4. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデン、「夏休み明け休み」が欲しい、ふざけちゃいるけどわかる気持ち
  5. こころ・心理学・ユング

    空想癖のある人たち:「高台家の人々」のヒロインと村田沙耶香
PAGE TOP